モビットの審査に落ちた!そんな時もヤミ金だけは利用しない方が良い

カードローン審査を受けた場合、カードローン審査に通らないこともあります。

これは、モビットで審査を受けた場合も同じなのですが、だからと言ってヤミ金を利用してしまわないように注意しましょう。

最近では、カードローンの未経験者を狙って、ヤミ金が勧誘を行っていることもありますので、そのことも理解してカードローンを利用したほうが良いです。

どんな違いがある?モビットとヤミ金の違いを徹底比較

モビットというと、カードローンといった金融商品を販売している業者です。

そのため、今では多くの人がモビットを利用しています。モビットはカードローンの販売実績が多いだけでなく、審査も丁寧なので安心して審査を受けられるという魅力があるのです。

ですが、カードローン審査を受けた人の中には、モビットのカードローン審査で落ちた後に、ヤミ金の審査を受けてしまう人もおられるそうです。

ヤミ金は、カードローン審査で中々通らない人を狙っていることもあるので、このような場合は心を落ち着かせて、モビットのような信用できる業者で再審査を検討したほうが賢明です。

また、モビットとヤミ金の特徴については、以下を参考にしていただけると、違いも含めて良く理解できます。

モビット ヤミ金
・審査が早い
・金利が安い
・丁寧な審査を心がけている
・審査が早い
・金利が違法金利
・まともな審査を行っていない

ヤミ金は違法金利で融資を行っているので、少しでも多くの人にお金を貸付したいと考えています。なので、カードローン審査で通らない人を狙っているのです。

モビットは審査が甘い?審査が甘いと思われている理由は?

モビットは、カードローン審査が甘いと思われていることもあります。

ですが、モビットは一般的な金融機関と同じ審査を行っているので、審査が甘いというのは根拠の無い情報です。

なぜ、このような審査が甘いという情報が存在するのか?というと、それは、以下のような理由で情報が消去されずに、今でも残っているからです。

  • サイトの管理人が情報を更新していない
  • 意図的に審査が甘いという情報を残している

○○という業者はカードローン審査が甘い・・・という情報は、サイトなどで見かけることが多いです。しかし、サイトの管理人が定期的にサイトの更新を行っていないケースもあり、正しい情報に上書きされていないことが多いのです。

それだけでなく、意図的に審査が甘いという情報を残しているケースも存在します。このケースでは、審査が甘いという情報と併せて、他の業者の宣伝を行っていることが多いです。

このような情報の中には、モビットのような健全な業者の宣伝だけでなく、ヤミ金の情報が混じってくることもあるので、聞いたことのない業者のリンクはクリックしないほうが良いでしょう。

ヤミ金の危険性!利用してしまうと大きな損害を招く

ヤミ金の危険性についてですが、利用してしまうと返済できない、完済できないというトラブルに見舞われます。

ヤミ金そのものは、健全な営業を行っていると案内しています。ですが、契約してしまうと違法金利でお金を借りる結果になり、返済を急いだとしても全額の返済にはかなりの時間を要します。

ヤミ金の金利ですが、以下のような通常では見かけることのない金利が適用となります。

  • 金利設定が100%以上
  • トイチ:10日で1割の利息が発生
  • トサン:10日で3割の利息が発生

金利設定は、今では金利そのものが改正されているので、20%以内で設定するという法律が存在します。

つまり、20%以上の金利で金融商品を販売している時点で、その業者を利用しないほうが良いのです。

モビットのような健全な営業を行っている業者では、18.0%以内の金利設定が目立つ状況となっています。なので、ヤミ金を利用したとしても得をする・・・ということはないでしょう。

ヤミ金の見抜き方!ヤミ金だけの特徴を知っておこう

ヤミ金には見抜き方も存在しますので、わかりやすく1つずつ案内させていただきます。

ヤミ金でもそうですが、金融業はお金を貸し付けないと利益をあげることができません。

そのため、ヤミ金も以下のような手口で契約者を増やす努力しています。

  • 会社名が存在する
  • 実績が存在するように捏造(ねつぞう)する
  • 大きな融資に対応しているという嘘をつく

会社名が存在するというのは、例えば「○○ファイナンス」というものが該当します。今では、銀行、消費者金融のどちらも○○ファイナンスを使っていません。

そのため、知名度の低い一部の業者しか○○ファイナンスを使用していないのです。ヤミ金に多い会社名なので注意してください。

次に、実績が存在するというのも嘘です。良く以下のような実績を捏造しているのですが、実際は、まったく実績が存在しない状態で運営を続けていることが多いです。

  • 10年以上の実績あり
  • 昔から女性にも大人気

ヤミ金は知名度そのものが低いので、実際に実績があったかどうかは、会社名でインターネット検索を行ってみるとわかります。まったく評価されていない会社であったり、被害者が存在する会社である・・・という情報のほうが多く見つかります。

大きな融資を行っているというのも嘘です。そのため、実際にカードローン審査に申し込んでみると、「500万円以上もOK」と言っておきながら、実際は50万円、100万円のカードローン審査に切り替えられることが多いです。

ヤミ金は、モビットと違いカードローンの相談にも乗ってくれません。そのため、相談を行った際には融資の話ばかりとなりますので、そのような業者は基本的にはまともな営業を行っていない・・・、と判断したほうが安全でしょう。

モビットのメリット!モビットはカードローン審査が早い

モビットのメリットですが、カードローン審査が早いというメリットがあります。

カードローン審査についてですが、以下のような審査スピード、サービスであれば早いと思って問題ありません。

  • 審査が60分以内で完了する
  • WEB審査に対応している
WEB審査とは

WEBのみでカードローン審査を終えられるサービスを、WEB審査と言います。

今では、銀行、消費者金融のどちらでも対応しているサービスのため、多くの人が利用しているサービスでもあります。

ただし、モビットでも申込者によっては審査時間が長くなることもあります。すでに借り過ぎている、カードローンの申込件数が多い・・・という人では、モビットであってもスムーズに審査を終えるのは難しいでしょう。

モビットの審査基準!パートでも申し込めるカードローン

モビットのメリットその2ですが、審査基準が柔軟になっているところも、モビットのメリットかと存じます。

審査基準を確認すると、安定継続した収入を得ている人であれば、審査の申し込みが可能となっています。

安定継続した収入とは以下のような収入のことです。

  • 毎月の収入が定まっている
  • 毎月の収入が不安定ではない
  • 臨時収入が含まれていない

また、モビットは細かいカードローン審査を行ってくれるため、パートであっても審査に通ることがあります。

パートの場合、10万円以下の細かい借り入れを希望することが多いのですが、モビットでは快くそのような審査も行ってくれます。このような一面があるので、多くの業者と比較しても優良な業者である・・・と評価されているのです。

審査に落ちるケース!どんな人がカードローン審査で落ちるのか

将来的にヤミ金を利用してしまわないためにも、カードローン審査で落ちないためのコツを知っておいたほうが良いです。

そのコツですが、カードローン審査で落ちやすい人の特徴を知っておくことです。

具体的には、以下のような特徴を持っている人物ほど、カードローン審査では落ちやすいとされています。

  • 総量規制を理解していない
  • 借入件数が多い
総量規制とは

借り過ぎを抑制するために誕生した規制に、総量規制という融資に関する規制が存在します。

そのため、今では年収の3分の1以上の融資を受けられず、銀行系であれば、総量規制が適用されない総量規制対象外というルールも存在しているのです。

なので、自分の収入に見合った借金額、借金件数を意識しないとカードローン審査に落ちやすくなってしまいます。

借入件数についてですが、こちらは3件以内であれば問題ありません。例えば、自動車ローン1件、カードローン1件・・・という状況であれば、新規のカードローン契約を組むことも可能なのです。

審査の前に要チェック!チェックしているだけで審査の評価が変わる?

カードローン審査に通るためには、審査の前に要チェックすることも大事です。

なにを要チェックするのかというと、それは現在までの借り入れを要チェックします。

具体的には、以下のような借り入れになっていないかチェックしましょう。

  • 短期間で借り過ぎていないか?
  • 大きな融資ばかりを希望していないか?

短期間で借り過ぎている状況では、融資する側もリスクを感じ取ってしまい、さらに融資を行うか悩むようになります。なので、返済が厳しい・・・と感じている場合は、完済できそうなローンから完済していきましょう。

しっかりと完済されていると、返済をしっかりと行ってくれる人物である・・・と評価されますし、新規のカードローン審査でも素早く審査結果が出ます。

さらに、借入希望額は50万円以内で設定しましょう。借入希望額が大きい場合は審査に時間がかかるだけでなく、審査に落ちやすくなってしまいます。

また、50万円の融資で契約された場合も、借入期間が長い場合は、業者のほうで追加の融資を行ってくれることがあります。このようなことも期待して、最初から大きな融資を希望するケースを減らし、安全で堅実なローンライフを送るようにしてください。