モビットで急いで借りたい!銀行振込までの時間は最短でどれくらい?

急に飲みに誘われた、忘れていた支払いがあった、でもお金に余裕が無い…。とにかく急いでお金が借りたい時は、誰にでもありますよね。だからといって友達や家族には言いづらい、そんな時に役立つのが、消費者金融などのサービスを利用することです。その中の一つであるモビットは、急ぎの融資にも対応できます。

とはいえ、借り入れまでの時間によっては、必要な時までにお金が用意できない可能性もありますよね。

そこでモビットを借り入れ先として選ぶ場合、初めての申し込みの際の銀行振込までの最短時間はどれくらいなのか、確認します。また、モビットを利用し始めてからはどれくらいの時間で借り入れができるのかも、合わせてご紹介します。

モビットでの初めての借り入れの場合審査結果が出るまで最短30分!

モビットでは、急いで融資を受けたい人向けに、できるだけ早く借り入れができる方法が用意されています。その方法を利用すれば、審査結果が出るまで最短で30分です。審査結果が出て会員登録を済ませると、その場で自分の持っている銀行口座に振込入金してもらえます。ただし、当日振込をしてもらうには条件などもあります。

そこで、モビットを始めて利用する人が急いでお金を借りたい場合の借り入れまでの流れや、当日中に銀行振込による融資を受けたい時の注意点などを、まとめてご紹介します。

審査結果連絡まで最短30分!急ぎ融資に対応できるのはこの方法

モビットで急いでお金を借りたい場合には、以下の方法で申し込みをしましょう。

1、ホームページを通してインターネット経由で申し込みをする。
2、フリーコール(受付時間:9時~21時)に電話をする。
3、審査結果の連絡が電話であるので、会員登録をその場でする。

申し込みには、パソコン・スマートフォン・携帯電話が利用できます。

申し込みフォームを送信しフリーコールへの電話が終了した時点から、審査結果の連絡までが最短であれば30分で終わります。この30分には申し込みフォームへの記入時間は入っていませんので、その点は注意しましょう。

また、審査結果連絡後に会員登録をする時間も必要ですので、実際に銀行振込が行われるのはその後ということになります。

つまり、モビットで最短で銀行振込が行われる時間は、フリーコールへの電話が済んだ時点から数えて、審査に必要な30分に会員登録に必要な時間を足したものということになります。

会員登録にある程度時間が必要ですし、どの人も同じ時間で会員登録ができるわけではありませんのでこの時間に関してははっきり言うことはできませんが、そこまで長い時間が必要なわけではありません。いずれにしても、最短であれば審査結果が30分で出ることは確かですので、少し余裕を持って申し込みたいところです。

ただし、あくまでこれは最短の時間となっていますので、審査状況や申し込みが込み合っている時などであれば、この通りに行かない可能性があることを知っておきましょう。

実際にモビットでも、初めての融資の場合最短であれば当日中の借り入れは可能ではありますが、審査状況によっては異なる場合があると明記しています。

当日振込に対応できるのは平日14時50分までに手続きした場合!

では、先ほどの方法で申し込めばいつでもその日のうちにお金が借りられるのかというと、そうではありません。なぜかというと、モビットは営業していても、振込先の金融機関の営業時間でなければお金を振り込むことができないからです。

そのため、当日振込に対応できるのは、14時50分までに振込手続きを完了させた場合のみです。

ここで注意が必要なのが、この時間までに振込手続きが完了していなければいけないということです。振込手続きを行うまでに、申込フォームに記入する時間と審査に必要な時間、それから会員登録に必要な時間があることを考えると、余裕を持って申し込まなければ当日中にお金を借りられない可能性があることがわかりますね。

急いでお金を借りたい人は、お金が足りないかもしれないと気づいた時点ですぐに手続きを開始することが大切です。

銀行振込が間に合わなければローン申込機を利用する方法も!

ここまでの内容から、銀行振り込みで融資を受けようと思ったら、平日の、しかも意外に早い時間までに振込手続きが行えるようにしなければいけないことがわかります。となると、この時間内に手続きを終わらせるのが難しいと思うこともありますよね。

そんな時に使えるのが、ローン申込機を利用してカードを受け取り、それを利用して借り入れをする方法です。

ローン申込機で申し込みをする場合は、まず画面上の案内に従って必要事項を入力します。すると、ローン申込機の画面上に簡易の審査結果が表示され、簡易審査に通っていればカードが発行されます。ただし、この時点ではまだカードは使えません。

それから本審査が行われ、審査結果の電話連絡をもらって内容を承認したらカードが利用できるようになります。この場合、申し込みを済ませて簡易の審査結果がローン申込機上に表示されてから、本審査の結果連絡があるまでが最短30分です。

また、インターネット経由や電話で申し込んでおいて、カードの受け取りのみをローン申込機と指定することもできます。ただし、審査内容によってはカードの受け取りが郵送のみになることもあります。

ローン申込機の営業時間は設置場所ごとに異なるので明記はできませんが、平日だけではなく土日・祝日も営業しているところが多いので、休日に急にお金が必要になった時でも対応してもらえます。

ローン申込機に関しては、モビットのホームページ上で場所や営業時間の検索ができますので、利用を検討されている方は事前に確認されることをお勧めします。

申し込みの際に必要な書類

モビットで申し込みをするには、以下の書類が必要です。これらが無いと申し込みができませんので、事前に用意しておきましょう。

  • 本人確認書類の写し(運転免許証、無い人は健康保険証かパスポート)
  • 収入証明書類の写し
  • 営業状況確認のお願い(個人事業主の場合)

営業状況確認のお願いは、ホームページ上でダウンロードすることが可能です。収入証明書類とは、以下のような書類を指します。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月分、賞与がある人は賞与明細書も合わせて)

契約後の借り入れは会員専用サービスから!最短3分で振込可能

では次に、すでにモビットでの契約が済んでいる人がお金を銀行振込によって借りたい場合、どれくらいの時間で振込融資をしてもらえるのか確認しましょう。

振込融資を受けたい場合は会員専用サービスMyモビから!

すでにモビットで契約をしている人が振込による融資を受けたい場合、会員専用サービスであるMyモビにログインして、振込キャッシングを選択しましょう。

この方法で手続きをすれば、最短であれば3分で自分が持っている銀行口座に振込をしてもらえます。ただし、この時間で融資が受けられるのは、平日9時から14時50分までに手続きを完了させた場合です。

平日の14時50分までの手続きであれば、原則として当日中に融資が受けられます。この時間を越えると、翌営業日の振込になります。ただし、状況によってはこの限りではないこともありますので、できる限り余裕を持って振込の依頼をしたいものです。

時間外ならカードでの借り入れが便利!

特に融資を急がない人の場合、振込の手続きをしておけば次の金融機関営業日には振込融資をしてもらえるので、問題はありません。ですが、急いでお金を借りたい人の場合は困りますよね。

すでにモビットで契約が済んでいる人が借り入れをする場合、カードが手元にある場合がほとんどかと思います。モビットカードを利用すれば、提携ATMで借り入れをすることも可能です。

提携先としては三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行を始め、地方銀行や信用金庫、コンビニなど様々なところがありますので、お近くで借り入れができる場所が無いということはほとんどないかと思います。

提携ATMの営業時間は提携先によって違いますが、遅くまで営業している提携先もありますので、カードを利用することができれば、振込融資を受ける時ほど時間を気にせずお金を借りることも可能です。

滞納しないために知っておきたい!口座振替の際の引き落とし時間は?

ここまで、お金を借りる際の時間について確認してきました。モビットを利用する上で時間といえば、もう一つ知っておくべきことがあります。それが、返済の際の引き落とし時間です。返済は、お金を借りるうえではとても大切なことです。

では、詳細を見ていきましょう。

借り入れができなくなる可能性も!返済はとても重要

なぜ返済について気にしなければいけないのかというと、モビットを始め様々なカードローン商品を利用した場合、返済がきちんとできていなければ次に借りたいと思った時に借り入れができなくなる可能性があるからです。

既に貸しているお金すら返してくれない人に新たにお金を貸しても、返してもらえるとは考えにくいですよね。そのため、返済が滞ると新たな融資が停止される可能性が高いと言えます。

実際にモビットでも、利用限度額が減ったり借り入れができなくなったりすることもがあります。だから、返済がきちんとできるかどうかを気にしなければいけないんですね。

そこで関係してくる時間というのが、返済方法に口座振替を利用している人の場合、いつまでに口座にお金を入れておけばいいのかということ、つまり引き落とし時間です。

では、引き落とし時間について確認しましょう。

これは意外!?返済の際の引き落とし時間は決まっていない!

意外に思われるかもしれませんが、実は口座振替を返済方法に選んだ場合、何時に引き落とされるかという引き落とし時間は決まっていません。

ということは、モビットで口座振替を返済方法に選ぶ場合、返済日の前日までに、いつ引き落とされてもいいように入金しておくことが大切だと言えるのです。

モビットでできる返済方法とメリット・デメリット

モビットでは、口座振替以外にも銀行振込または提携ATMを利用しての返済も可能です。そこで、それぞれの方法のメリットやデメリットを確認しましょう。

返済方法 メリット デメリット
口座振替 毎月自動で返済できるので忘れない 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座が無いと利用できない
銀行振込 現在利用している口座から振込もできる・銀行に行く必要があることも 手数料は自己負担
提携ATM 都合のいい場所で返済ができる 手数料の一部は自己負担・ATMに出向く必要がある

忘れなくて済むのは口座振替の方法ですが、指定の銀行に口座が無いと利用できない点に注意が必要です。

モビットでの借り入れ、銀行振込や口座振替時間を事前チェックしよう

以上のことから、モビットで借り入れをする場合の銀行振込までの最短の時間は、初めての契約かどうかで以下のように変わると言えます。

  • 初めて契約した場合…審査時間30分に会員登録に必要な時間を足した時間
  • 既に契約済みの場合…最短で3分

ただし、これは振込に利用できる金融機関が営業している平日の14時50分までに振込手続きを完了できた場合に限り、また審査状況や申し込み状況などの影響によってはこの限りではないということも知っておかなければいけません。

早めにお金が借りたい場合は、できる限り早めに申し込みや手続きを行った方がいいということですね。

また、時間を気にしなければいけないのは借り入れの時のみではなく、返済の時も同様です。口座振替を返済方法に選んだ場合の引き落とし時間は、決まっていません。そのため、いつ引き落とされてもいいように、前日までに返済額を入金しておくことが大切です。

借り入れも返済も余裕を持って行い、モビットをずっと上手に使い続けられるようにしたいものですね!