モビットの電話連絡は一般的な派遣社員の在籍確認と違う?特徴を紹介

カードローンを契約する時には在籍確認がある、これはお金を借りたいと思ったことがある方なら、一度は耳にしたことがある話ではないでしょうか。

実際のところ、勤務状況を確認せずにお金を貸すことは業者としてもできないので、本当に仕事をしているのか、申込書に書いた会社に勤めているのかを、電話をかけてチェックする在籍確認はとても大切なことなのです。これは、派遣社員という働き方の人が申し込んだ場合も同じです。

では、モビットの場合はどうなのかというと、電話連絡があることは確かなのですが、実は一般的な在籍確認と違う部分もあるんですよ。

そこで、モビットの電話連絡の特徴を詳しくご紹介します!

一般的な在籍確認はこうやって行われる!流れを確認しよう

それでは、一般的に行われている在籍確認とはどのようなものなのか、流れを確認していきましょう。

在籍確認は審査の際に行われる!

カードローンを利用しようと思ったら、まずは申し込みをすることから始めますよね。その際に、申込書や申し込みフォームに記載されている項目に従って、必要事項を記入します。その際に聞かれることとしては、以下のようなものがあります。

  • 氏名や年齢、性別など申し込み者本人に関する情報
  • メールアドレスや自宅の電話番号、携帯電話番号など連絡先
  • 自宅住所や持ち家かアパートかといった居住形態などの自宅に関する情報
  • 勤務先名称や住所、連絡先などの勤め先に関する情報
  • すでに借り入れがあるかどうか、ある場合は件数や金額などの他社借入情報

こうして見てみると、かなり細かい内容まで聞かれることがわかりますね。ですが、これらはすべてカードローンの発行元にとっては大切な情報で、誰に対して貸付をするのかを明らかにしたり、その人が返済できる状況にあるのかを確認したりなどの判断材料としますので、間違えないようにきちんと記入する必要があります。

カードローンの発行元は、記入された情報を元に審査を行います。そして、貸したお金を返してくれるだろうと判断した場合に、審査に通すという流れになります。

中でも、本当に申し込んできたのが本人かどうか、他人の名前を偽っていないかということは慎重にチェックしなければいけません。そのため、審査の際には、申込内容を確認するための電話連絡が自宅や携帯電話にあります。

それと合わせて、返済をするには収入がなければいけません。審査は、申し込みの際に書かれた情報を元に行われているわけですから、もし記入されている勤務先に関しての内容が虚偽だったとしたら、審査をした意味がなくなってしまいますよね。

そのため、申込者が本当に記入した勤務先で働いているのか、記入されている勤務先は架空のものではないかといったことを確認するために、審査の際には在籍確認も行われるのです。

在籍確認の方法

それでは在籍確認はどのように行われているのかというと、申し込みの際に記入した職場の連絡先に、電話をかける方法が取られています。

実際に電話をすれば、嘘かどうかはすぐわかりますよね。そのため、確実にそこで働いていることが確認できる方法として電話が利用されています。

そう言われると、勤務先にカードローンの利用が知られてしまうのではないかと不安に思われるかもしれませんね。

ですが、カードローンの発行元はプライバシーに配慮してくれますので、特に消費者金融などの明らかにお金を借りるとわかるような業者の場合は、連絡を担当する担当者の個人名で連絡をしてくれます。

銀行のカードローンの場合、銀行はお金を貸す以外にも様々な業務を行っている関係上、不自然に思われることがあまりないので銀行名を名乗ることが多いようです。

申し込み者本人が電話に出ることができればそれで在籍確認は終わりですし、また本人がいなくても会議中や外回りに出ているなどの返答が得られれば、その会社で働いていると確認が取れたことになるため、それで在籍確認は終了です。

在籍確認が取れないと審査に通らないことも!

職場に電話がかかって来た時に自分が出られればいいですし、また働いている人がその会社にいることがわかるような返答をしてくれればいいのですが、近年では個人情報に配慮して社員の情報は言わないという会社もあります。

また、職場の特性上、外部から電話がかかってくることがほとんどない場合もありますよね。そんな時には、電話がかかってくることが不自然で、心配だと思われる方もいらっしゃることでしょう。

そんな時には、クレジットカードの審査があるという言い方で電話がかかってくることを周りの人に知らせておけば、スムーズに対応してもらえることもあります。

とはいえ、何らかの事情で在籍確認が取れないこともあります。その場合は、残念ですが審査に通らないことも十分に考えられます。

派遣社員特有の事情!電話はどこにかかって来る?

派遣社員の働き方は特殊で、派遣元の会社から派遣されて派遣先の会社で働くという形態になります。では、派遣社員の場合はどこに在籍確認の電話がかかって来るのかというと、派遣元の会社になります。

とはいえ、カードローンの発行元は、申込者が記入した勤務先しか知ることができません。ということは、申し込みの段階で勤務先を記入する場合、派遣社員の人は派遣元の会社を記入しなければいけないということですね。そこに派遣先を記入すると、派遣先に連絡が行ってしまいます。

そもそも、遣社員は派遣元の会社と雇用契約を結び、さらに派遣元の会社から給料をもらっています。そのため、雇用契約を結んでいる会社である、派遣元を記入しなければいけないのです。

実際の申し込みフォームを見てみても、雇用形態が派遣社員の場合は派遣元の会社を記入するようにと案内があるカードローン業者もあります。

ちなみに、モビットで申し込みを考えている場合は、詳細の案内はありません。

派遣社員だからこそ困ること!実は在籍確認が取りにくい

派遣社員の場合、派遣元を記入すると言いましたが、そうなると在籍確認の電話は当然派遣元に行きます。そこで、申込者がいるかどうかを確認する電話をしたとしたら、派遣元の会社としてはその会社の社員について考え、登録されている人とは思わないのが普通です。

また、カードローンの発行元が「派遣社員として登録している○○さんはいらっしゃいますか?」などと電話をすると、個人情報なので教えられないと言われる可能性が高いのです。

このような事情で、派遣社員は在籍確認が取りにくいという問題があります。とはいえ、カードローンの発行元も派遣社員が置かれている立場はわかっていますので、中には相談に乗ってくれるところもあります。つまり、諦めずに問い合わせをすることが必要なんですね。

その点、モビットでは問い合わせなどの面倒な事を省略できる可能性がある点で特徴的です。それについては、後ほど詳しく確認したいと思います。

モビットの電話連絡も基本的には一般の在籍確認と同じ!

それでは、一般的な在籍確認の流れをチェックしましたので、次にモビットで借入を考えた場合について見ていきましょう。

モビットでも電話連絡がある!

モビットを利用する場合も、通常は一般的な在籍確認と同じように電話連絡があります。審査の流れの説明の中でも、確認を目的としてモビットのオペレーター名で電話による連絡をすることが案内されています。

通常の申し込みをすれば、モビットでもやはり電話連絡は避けられないということですね。

モビットの場合電話連絡なしで借りられる方法があることが特徴です

ここで、通常の申し込みをすればと前置きをしたことでお気づきの方も多いかと思いますが、モビットの場合、電話連絡なしでも申し込みができる方法が用意されている点で特徴的です。

この方法はとても便利なのですが、条件がいくつかあるため、派遣社員の人が利用する場合は注意が必要です。

そこで、モビットでできる電話連絡なしで申し込める方法について、詳しく確認していきましょう。

電話連絡を避けるならWEB完結申込!ただし条件のチェックは必須です

モビットで借り入れをする場合、WEB完結申込という方法を利用すれば、電話連絡なしでお金を借りることができます。ですが、この方法を利用するには条件があります。

特に派遣社員の人にとっては、気をつけて確認しておかなければいけない条件があるため、この方法が利用できるかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

では、見ていきましょう。

WEB完結申込を利用するための2つの条件

WEB完結申込を利用するためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に申込者名義の普通預金口座を持っておりその口座を借入や返済に利用できる
  • 健康保険証のうち社会保険証か組合保険証を持っている

このうち、銀行の口座に関しては、勤務形態が派遣社員だから満たすのが難しい条件というわけではありません。正社員でもこれらの口座を持っていない人は利用できませんので、立場としては同じですね。

どちらの銀行も来店せずに口座を開設できる方法がありますから、口座をまだ持っていないという人でも口座を開設するのは難しくありません。そのため、口座を持っていない人でも口座を開設すればこの方法が利用できる可能性があります。

次に健康保険証に関する条件ですが、こちらは派遣社員の方が注意すべき条件となっています。

なぜかというと、中には社会保険証や組合保険証ではなく、国民健康保険証を持っている派遣社員の方もいらっしゃる事もあるからです。

もちろん、社会保険証を持っている派遣社員の方も多いと思いますが、雇用期間が2か月を超えない場合は社会保険に加入できないなどの条件がありますので、全ての派遣社員が社会保険証を持っているわけではないことになります。そのため、この条件は特に注意が必要だと言えるのです。

電話連絡はしなくてもきちんと勤務先などの確認はしています

では、モビットでWEB完結の方法で申し込みをすると本人確認や勤務先の確認はしていないのかというと、そうではありません。この方法で申し込む際には、合わせて以下の書類の写しを提出することが求められます。

  • 本人確認をするための書類
  • 収入を証明するための書類
  • 勤め先を確認するための書類

本人確認をするための書類として使えるのは、運転免許証またはパスポートです。

収入を証明するための書類としては、以下のものが使えます。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 直近2か月分の給与明細書(賞与がある場合は賞与明細書も)

勤め先を確認するための書類としては、健康保険証(社会保険証または組合保険証)と直近1か月の給与明細書が必要です。

これらの書類をチェックすることで、本人確認や職場への電話連絡に代えているわけですね。

審査状況によっては電話連絡があることも!

WEB完結申込をすれば、通常は電話連絡があることはありません。ですが、審査の時に確認が必要だとモビットが判断した場合には、電話連絡があることもあります。

そのため、この方法を使えば絶対に電話連絡がないということではないということも知った上で利用しましょう。

モビットは電話連絡なしで借入できる方法も!派遣社員は保険証に注意

以上のように、モビットでは派遣社員もそうでない人も通常であれば審査の際に電話連絡があります。ですが、WEB完結で申し込みができる条件を満たしている人であれば、モビットが必要と認めた時を除き電話連絡なしで借入できる方法もあります。

その際に派遣社員であることが原因で気をつけなければいけないのは、健康保険証の種類です。

社会保険証化組合保険証を持っていることがWEB完結申込を利用する条件ですので、その点は事前にチェックして申し込み方法を選びましょう!