貸金業法の改正後モビットの審査が厳しいといわれるのは何故?

株式会社モビットは三井住友銀行グループとして、安心できるカードローンとして顧客満足度上位を誇ります。そんなモビットの審査はどのように行われるのでしょうか。また審査は厳しいのかどうかも気になります。

カードローンの審査に関してはどのカードローンももちろん甘い審査はありえません。モビットも同様ですが、審査をクリアする為のポイントはいくつかあります。また貸金業法の改正後、消費者金融は大きく変貌をとげました。

モビットも例外ではありません。そういったことも含めて、こちらではモビットの審査について詳しく記載しています。モビットでより迅速に借入するにはどうすれば良いのかについてもお話ししていますよ。

モビットのカードローンは貸金業法改正後ここが変った!

モビットのカードローン審査は厳しいのかどうかをお話しする前に、消費者金融の現状について触れてみたいと思います。これはモビットだけでなく、多くの消費者金融にあてはまることと思って下さい。

消費者金融など貸金業者は貸金業法という法律のもとに営業をおこなっています。その貸金業法が改正され、消費者金融の経営は改正前とは大きく変わったのです。

利息制限法改正と総量規制施行

貸金業法の改正で変わった事柄はいろいろとありますが、特に大きな変化に利息制限法の改正と総量規制の施行があります。それぞれどのように変わっていったのかを詳しくみていきましょう。

利息制限法改正前はほとんどの消費者金融、信販会社などのキャッシングでの上限利息は刑事罰となる出資法の上限利息、29.2%で設定されていました。本来は利息制限法の上限利息とすべきところですが、出資法の上限利息に設定されていたのですね。

それが利息制限法の改正によって、出資法の上限利息も利息制限法の上限利息も同じ18%(10万円未満は20%)に統一されたのです。すべての貸金業者の設定上限利息は当然利息制限法の上限利息に変更されたのです。実質上の金利引下げとなったわけです。

総量規制施行による貸付額、顧客数の減少

金利の引下げのみでなく、年収の3分の1以上の貸付を規制する総量規制の施行は消費者金融には大きな痛手でした。今まで年収に関係なく限度額を設定していたのですから、年収の3分の1以内の貸付額に制限され、顧客の大幅な減少という結果につながってしまったのです。

顧客の数や貸付額が減少した上に実質上の金利引下げとなった消費者金融は、それまでのように多少リスクをかかえてでも大勢の顧客を受け入れる訳にはいかなくなったのですね。

このように貸金業法の改正は消費者金融に大きな影響を与え、消費者金融のありかたも大きく変化していったのです。

モビットは顧客の品質に拘る

貸金業法の改正により、モビットなど大手消費者金融はどのような点で経営の立て直しをはかったのでしょうか。変化したところを確認してみましょう。

  • リスクをかかえることのない顧客の獲得を目指す
  • 大手銀行との提携によりイメージアップをはかる
  • より安心できるクリーンな貸付を心掛ける

多少のリスクをかかえてでも顧客を増やしていた、ひと頃の消費者金融とは違い、リスク分を利息で補うことの出来なくなった消費者金融は、顧客の品質にこだわるようになったのです。

そして大手銀行との提携によって、イメージを一新しより安心できる貸付やサービスで、優良顧客の獲得を目指しています。

この変化が、審査の厳しさにつながっているのです。しっかりと返済能力の有無を見極め、他社のキャッシング枠の合計が年収の3分の1以内かなど、それまでのうやむやになりがちだった情報を確認する事は、結果的には審査をより厳しいものにしているといえるのではないでしょうか。

三井住友銀行グループモビットの目指すもの

モビットは三井住友銀行グループとして、より安心して借入できる消費者金融を目指しています。その為には銀行のカードローンのように低金利でも充分に利益の出せる、優良顧客を獲得する必要があるのです。優良顧客とはどのような顧客のことをいうのでしょうか。

  • 他社での借入がない
  • 安定収入があり属性信用情報共に問題がない
  • 計画的に借入してくれる

優良顧客とは他社での借入が無い、むやみに借入するのではなく、しっかりと計画的に借入返済をおこなってくれる、属性も信用情報も問題のない顧客をいいます。

そういった顧客を獲得する為に、以前と比べるとどうしても審査が厳しいのではないかと思われがちなのでしょう。以前は審査に通ったのに、他社での借入枠の合計が年収の3分の1を超えている場合などは当然審査には通らないのですから、そう思う人も当然出てくるわけです。

だからといって、審査を恐れる必要はありませんよ。日頃から信用実績を積む努力をしていれば大丈夫です。次の項目で審査に受かる為のポイントについてお話ししていきましょう。

ここがポイント!モビットの審査をクリアする為に

モビットの審査が厳しいといわれる理由についてお話ししてきました。モビットだけでなく消費者金融はほとんど同じような状況だと考えて間違いないでしょう。特にモビットのように大手銀行グループとなった消費者金融は尚更ですよね。

それではモビットの審査を無理なくクリアする為に、どのような点に留意していけばよいのかいくつかのポイントを挙げてみましょう。

  • 信用実績を積む努力をする
  • 過去に金融事故履歴が無いか確認する
  • 他社のキャッシング枠を確認する
  • 三井住友銀行をメインバンクとする
  • 同時に複数社への申込みをしない

信用実績は日頃の公共料金やクレジットカードの支払、携帯電話の利用代金などの支払期日を守ることで積み上げることが可能です。遅延延滞があるとまず審査には通りません。また少しくらい良いか、などというルーズな気持ちがあってはいけません。

過去に金融事故の履歴が無いこと、金融事故とは自己破産や任意整理、長期延滞などですが、最低でも5年はその履歴が残ります。うっかり長期延滞があったことを忘れてしまい、審査に通らなかったなどということのないようにして下さい。心配な場合は信用情報の開示請求をする事も可能です。

総量規制の為、他社のキャッシング枠も確認する必要があります。クレジットカードのキャッシング枠も対象となりますよ。合計のキャッシング枠が年収の3分の1以上あったのではモビットでの借入は不可能となります。気を付けましょう。

メインバンクを三井住友銀行にすればウェブ完結可能

モビットは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がある場合、ウェブ完結での申込が可能です。メインバンクを三井住友銀行にして日頃から信頼関係を築いていれば、カードローンの審査にもプラスの情報となる可能性もありますよ。

万全を期してモビットのカードローンに申込みながら、心配だからあと何社か申し込んでおこうなどと考えてはいけませんよ。多重申込みは審査には大きく不利になるのです。申込の履歴は6ヵ月間消えません。

より迅速にモビットで借入れする為の5つのポイント

迅速な審査で定評のあるモビットです。申込をスムーズに行えば、即日融資ももちろん可能です。より迅速にモビットで借入れする為にはどのようなことが必要なのでしょうか。押さえておきたいポイントは5つです。

  • 申込条件を確認する
  • 申告内容に間違不備のないようにする
  • 指定銀行の口座を開設しておく
  • 必要書類をあらかじめ揃えておく
  • 曜日時間帯を確認して申し込む

モビットの申込み条件は20歳以上69歳以下の安定した収入のある人です。いくら高収入があっても19歳や70歳では申し込めません。アルバイトやパート、派遣社員も申込めますが、収入が安定していない場合は申込不可です。最初の段階で条件に合うことを確認して下さい。

せっかく時間内に申込んでも、申告内容に不備や間違いがあったのでは、迅速な融資は望めません。間違いのないように記入して下さい。嘘の申告をしたと取られる場合もあるので注意が必要です。

モビットの場合、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があれば、ウェブ完結での申込ができます。ウェブ完結ならカード発行もなく手続き後すぐに利用開始できるので、口座を作っておく事をお奨めします。

本人確認書類と収入証明書を用意しておこう

本人確認書類は運転免許証がベストですが、無ければ健康保険証やパスポートでも大丈夫です。収入証明書は源泉徴収票、直近2ヵ月の給与明細などの用意が必要です。

準備を整えたら、出来れば平日の午前中、無理なら午後二時までに申込みましょう。審査は最短30分です。審査を無事にクリアする為のポイントも押さえて申込めば、審査を恐れる必要はありませんよ。