大学生でも借りられると聞くが19歳の学生の場合モビットは大丈夫?

お金を借りる話で、大学生でもアルバイトなどで収入があればOKという話をよく聞きます。確かに学生だろうがお金が必要な機会は多く、消費者金融から借りたいと考える人や借りる人はいるでしょう。

とはいえ、学生の年齢にも幅があります。(年齢を重ねてから人生のやり直しとして学生になる場合は別にして)順調に行けば、確かに大学生と言ってもなったばかりならば18歳で、実際に1年生では10代のままです。

その大学生で19歳の場合、未成年としてまだ規制されていることは多くありますが、消費者金融でお金を借りることに関してはどうなのでしょうか。特に人気のあるモビットではどうなのか、見てみたいと思います。

学生でも収入があれば借り入れられるとよく聞くがそれは本当か?

学費の支払い、アパートの引っ越し、コンパや友人同士での旅行など、学生だろうが一時まとまったお金が必要な時はあります。しかし、親に頼ってばかりはいられないし、そもそも頼れない人だっています。

そんな時に役に立つカードローンは、消費者金融や銀行などが取り扱っています。ただ、どこの消費者金融でも銀行でもカードローンの申し込みでは、基本的に安定した収入が申し込みの条件になっています。

学生の場合、本来の業務は勉強であり、労働ではありません。働くと言ってもアルバイト程度のことしかできないですし、収入もそれに見合った額しかもらうことはできません。

では、アルバイト程度の収入しかない学生はカードローンに申し込みをすることはできないのでしょうか。

学生でも働いて安定した収入があればカードローンに申し込める!

消費者金融をはじめ、カードローンを扱っている金融機関の申し込み情報を見ると、条件として年齢と安定した収入があることが必要となっています。

親切なところは、アルバイトやパートも申し込みできる旨や銀行の場合は専業主婦でも申し込みできるように記載されていたりします。(消費者金融は融資額の上限が収入と関係していることが法律で決まっているため、収入のない専業主婦は申し込みできません。)

貸し付けする側の消費者金融や銀行として一番重要なのは、返済できるかどうかです。返済してもらえなければ、利益がなくなり会社は倒産してしまいます。

学生の本業は勉強ではあるのですが、生活や学費などの為にアルバイトを頑張ってこなしている人がいるのも確かです。

アルバイトとはいえ継続していれば、安定した収入と認められるのは先にも触れた通りです。ですので、審査の可否は兎も角、学生でもカードローンに申し込みすることは可能です。

未成年が借りられないのには理由がある!20歳からの理由とは

ただし、未成年の場合は話が変わってきます。

というのは、多くの消費者金融(銀行もですが)は、カードローンの申込条件として20歳からという年齢条件を設定しているところがほとんどだからです。(全部と言っていいかもしれません。)

その理由は、カードローンとは少し違うところにあるのですが、法律の、そもそも未成年の保護を目的とした部分が大きく関わっています。

民法第4条では、20歳でもって成年としています。そして民法第5条では、未成年が法律行為を行うにはその人の法定代理人の同意を得なければいけないとなっています。保護者がこれに当たります。そして、これに反した場合は、取り消すことができるとなっています。

これはカードローンに限ったことではなく、あらゆる契約の話で言えることなのですが、カードローンで言えば、要は未成年が親に内緒でカードローンを契約した場合、その事実がわかったらその契約自体が無効となってしまうのです。

無効ということは、貸した金融機関は貸したことをナシにされてしまい、損をすることになります。

20歳を超えれば成年とみなされ、このようなトラブルは発生しません。

ちなみに法律的には未成年でも結婚ができ、その場合は、成年と見なされ契約を結ぶことが可能になってきます。とはいえ、カードローンの商品として20歳以上となっていれば、やはり申し込みはできません。

未成年者が勝手に契約し、後で無効になることを防ぐためにも、カードローンの契約が20歳以上となっている所がほとんどです。ただし、中には20歳にならずに借り入れできる教育融資を目的とした専門の学生ローンもあります。

モビットの条件は20歳から!19歳ではお金は借りられない

モビットは、融資限度額が800万円と高額設定されており、また金利も3.00~18.00%と幅は広く、高額融資になれば低い金利となっていきます。

申し込みも郵送や電話はあるものの、WEB完結の方法があるようにインターネットがその中心となっていて、手軽さを感じる人は多いと思われます。

そんなモビットですが、学生は申し込みができるのでしょうか。商品概要の貸し付けできる人の条件を見てみます。

  • 年齢が20歳以上~69歳以下
  • 安定した収入のある人

大きく言えば、この二つが条件になります。細かい内容がわからないことは電話で問い合わせした方がいいかもしれませんが、条件説明の補足として、アルバイトや派遣社員、パート、自営業の方も、申し込みが可能であることも明記されています。

また、当社基準を満たすという点も補足されており、公表はされていないのですが、モビット内で決められただろう判断基準による審査によって結果が大きく変わってくることがわかります。

最終的には、審査の内容によるのですが、あくまで条件的な部分で言えば、年齢と安定した収入があるかどうかということになります。(「安定した」と判断される収入額や状況はモビット独自の判断になります。)

ここから見るに、モビットの場合も他の消費者金融と同じく、未成年では借りられないことがわかります。

これは数字ではっきりと区切られているので仕方ないかもしれません。

なお、安定した収入については、アルバイト何ヶ月分以上とはっきりと期間が明記されているわけではないですし、きっと聞いても教えてもらえないのでなんともいえません。

一般的には、半年や1年という目安の数字が言われているのですが、これもあくまで一般的な目安ですので、よほどバイトを始めたばかりでなければ、申し込みをした方がはやいかもしれません。

WEB完結の条件では健康保険証がいる!学生は一般申し込みから

20歳以上という申込条件があるものの、まだ学生ということもあり、親の反対を受ける人が多いのは想像できます。また、家庭の状況的に親に言えないという人もいるでしょう。

そもそもカードローンの申し込みに関しては、学生や社会人に関係なく「家族や回りに知られたくない。」と言う人が大半です。

そんな時、よく話題に上るのがモビットのWEB完結申し込みです。これは、全ての手続きがネットやアプリを使ったものなので回りにばれにくい申込方法になります。

しかし、WEB完結の方法では、これもまた独自の条件があります。

  • 三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行にて本人名義の普通預金口座を持っている
  • 社会保険証を持っている(全国健康保険協会(協会けんぽ)発行の保険証、または組合保険証)

この2つの条件が必須となっています。

ここで少し問題があります。口座は作ればいい話なので、さほど問題にはならないでしょう。どちらも大手都市銀行なので、よほど過疎が進んでいるなどの地域でなければ銀行がないということもないはずです。

問題は保険証の件です。保険証に関しては、学生の場合、そのほとんどが親の扶養になっていて親の勤めている会社が発行している保険証を使っているのがほとんどです。しかし、そのことを知らない人もいるでしょう。

そもそも、病気やケガをした場合、病院にかかる時に提出するのが保険証です。保険証を見せると病院でかかった費用の一部を会社(正確に言えば健康保険組合、協会けんぽなど)や国などが負担するため、病院代が安くなるのです。

社会保険証とは
一言で言えば、主に会社勤めの方が持っている保険証になります。全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行しているものと、各企業の健康保険組合や共済組合(こちらは公務員対象)が発行している組合保険証のことをまとめた言い方になります。
国民健康保険証とは
自営業などが対象になります。市町村が運営しています。

※社会保険そのものは、広い意味で言えば年金や介護保険も含んだ内容になりますが、ここでは健康保険に関してのみの説明とします。

自分の保険証がどこにあたるのかわからない時は、現物を見た方が早いかもしれません。

しかし、それ以前に学生の場合、WEB完結での申し込みはできません。

というのは、先に条件で記載された保険証に関しては家族名義の保険証ではだめだからです。

自分が会社勤めをして自分名義の保険証を持っていないと、WEB完結の申し込みができません。アルバイトでは、保険証が勤め先から発行されることはまずありません。

ですので、学生の場合は、WEB完結以外の方法で申し込みしましょう。方法としてはいくつかあります。

申込方法

  • パソコン
  • 携帯
  • スマートフォン
  • 電話
  • 郵送
  • ローン申込機

ただ、これらの方法の場合、入会申込書類が郵送で届くことになります。ローン契約機でも(カードはその場で発行されますが)入会申込書類は郵送になります。

そうなると家族や回りにバレないか心配になるかもしれません。しかし郵便物は、「MCセンター」名で届くので、消費者金融とはわかりません。勝手に人の郵便物を開ける家族がいると問題かもしれませんが、そうでなければ基本的にバレないように配慮してくれます。

未成年ならば身内からや学生ローンを利用する方法がある

まだ20歳に満たない未成年の場合、では、お金が必要でもどうすることもできないのでしょうか。全く方法がないわけではありません。

  • 親などの身内から借りる
  • 10代でも対応してくれる学生ローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシングを使う

主にこれらの方法があります。また、お金を借りるのは大抵の場合、家族に内緒の場合が多いので難しいですが、親の同意を得て申し込むという方法もなくはないです。(年齢条件をクリヤしなければいけないという問題もありますが。)が、この方法を取る方は、ほとんどいないでしょう。

親の同意を得るぐらいならば、親から借りた方が利息がつかないだろうからそちらの方が負担なくやっていけるというものです。

しかし、やはり親には知られたくないという方もいるでしょう。

学生を専門に扱っているローン会社には、10代でも借りられる所はあります。

ただし業者によっては学費用としてならば借りられるなどの条件がある所もあるので、借り入れ条件を含めてきちんと確認しましょう。

他にはクレジットのキャッシング機能を使うと言う方法もあります。クレジットカードの場合、18歳から作れるカードがいくつかあります。クレジットカードはその融資枠の中にキャッシング枠が付いている場合があります。これを利用するのです。

とはいえ、やはりカードローンが20歳以上という所が大半と同様、キャッシング機能をつけないクレジットカードの方が断然多く、もしキャッシング機能をつけてもらえたとしても、5万から多くて10万円までが大半です。どこもまったく対応してくれないとは限らないのですが、結局、かなり望み薄ではあります。

消費者金融だろうが銀行だろうが大人になってから借りるのが一般的

銀行もですが、消費者金融では、借り入れが可能となるのは、学生だろうとどんな職業だろうと返済をきちんとしてくれるという人になります。そこの判断が難しいということもあり、審査があるのです。当たり前ですが、返済をきちんとできないような人は、お金は借りられません。

そういう意味では、人生経験がまだまだ少ない未成年はなかなか信用を得ることが難し年代であることは間違いないです。だからこそ、別の民法という法律で守られていると言うのもあります。

確かにどうしても必要な時はあるかもしれません。しかし、お金を得る基本は、まずは働くこと。高校を卒業してすぐに就職すれば、未成年でも働くことになります。もちろん学生でもアルバイトを頑張って働けますし、働くと言うことがどういうことかもわかるという点はあります。

しかし、やはりお金に関する責任は大きなものであることには間違いありません。できればアルバイトで働いてお金を貯める経験をきっちりと積んで、20歳を超えてからカードローンを利用するようにしたいものです。