緊急に借りたい!モビットなら土日や年末年始に即利用できるの?

お金が必要になる時はいつも突然なもの。カードローンは、そんな日々のピンチを救ってくれる便利なものですね。でも、もし、緊急に借りたい時が土日や年末年始だったら・・・?

いくら緊急に対応してくれるカードローンであっても、土日や祝日では難しいのではないでしょうか。

人気の、モビットでは、土日や年末年始でも即日融資を対応しているのか、ここでまとめてチェックしましょう。急いでお金が必要なあなたは必見です!

モビットで即日融資してもらうにはどうしたらいいの?

モビットを始めとする大手消費者金融会社では、即日融資できることで人気です。銀行も即日融資できるところは多くありますが、地方銀行などはできないところもあります。

一方、大手消費者金融会社は、どの会社も競って、審査や融資を大変スピーディーに行うことができます。

モビットは最速どのくらいで融資してもらえるのか

モビットでは、「10秒簡易審査」が有名です。たったの10秒で、仮審査の結果が画面に表示されるというのですから、超・スピーディーですよね。インターネットで申し込むとこのようにスピーディーな簡易審査が受けられます。

しかし、あくまで簡易審査であって、10秒で借りられるというわけではありません。

簡易審査の後、どのくらいでお金を借りることができるのでしょうか。

簡易審査や本審査、契約をすべて含めると、最速で申し込みした当日中にお金を借りることができるようです。ただし、曜日や時間帯によっては難しいこともあります。では、土日はどうなのか?については後で解説しますね。

最も素早く借りるための申し込み方法

モビットに申し込みするための方法はいくつかあります。

  • パソコン
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機
どれも便利ではありますが、最も早く借りるのにオススメなのは、「WEB完結申込」です。カードローンといえば、カード一枚さえあれば便利に借りられるという特徴がありますが、モビットのWEB完結では、カードなしで借りることができるのです。

WEB完結の申し込みの流れは以下です。

  • インターネットの画面上でフォームに入力
  • 審査結果が来る
  • ネット画面で入会手続き
  • 振込で融資

電話連絡や郵送がないので、最も素早く借りられるのですね。ただし、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方のみの申し込み方法なので注意しましょう。

融資してもらうための準備は?

契約の段階になって焦らないように、モビットで借りるための準備をきっちりしておきたいものですね。どんな準備が必要なのでしょうか。

準備しておくべき書類は以下です。

  • 運転免許証の写し
  • (免許がない場合)健康保険証の写し
  • (免許がない場合)パスポートの写し
  • 収入を証明できる書類

「身分証明書」と「収入証明書」の2種類があれば安心です。収入証明書は、源泉徴収票や確定申告書の写しなどがあります。直近の2ヵ月分を用意しましょう。

また、電話連絡に備えて、携帯電話にすぐに出られるようにしておくことも、即日融資のためには重要です。さらに、当日中に融資を狙うなら、できるかぎり午前中に申し込むと安心です。

土日や祝日にはモビットで申し込みや融資はしてもらえるのか

モビットでの即日融資の方法はわかっていただけたと思います。それでは、土日や祝日にはどこまでサービスが受けられるのかをチェックしましょう。

審査は土日祝日でも受けられる?

初めて申し込みする日が土日・祝日だった場合でも、審査は受けられます。

モビットを始めとした大手消費者金融会社では、土日や祝日は関係なく審査を受け付けています。

ただ、後で解説しますが、年末年始は特別です。

また、申し込む時間帯には要注意です。申込自体は24時間インターネットでできますが、審査をスムーズに受けるとなれば、申し込むのには日中がオススメです。

以下に、モビットの営業時間をまとめました。

営業時間 受付方法 受付していない時間
24時間 インターネット全般 毎月最終月曜2:00~5:00
24時間 電話・自動音声案内 毎週月曜0:00~7:00
9時~21時 電話・オペレーター対応
設置場所によって異なる ローン申込機

この中で、初めて申し込みできるのは、インターネットとオペレーターによる電話、また、ローン申込機です。

振込による融資は土日祝日は不可能

無事に審査に通っても、土日祝日に即日で融資が受けられるとは限りません。それは、振込による借り入れは、土日祝日ではできないからです。金融機関が営業していないからです。

モビットには、WEB完結という魅力的な即日融資の方法があることを先ほど解説しました。これを申し込む場合、銀行振込での融資になりますから、土日祝日は借りられません。

ですので、土日祝日に現金を手に入れたい場合は、WEB完結ではなく通常の申込を選ぶ必要があります。

土日に融資を受けるにはローン契約機をセレクト

モビットで借りるためには色々な方法がありますが、土日や祝日に融資を受けるには、ローン契約機での借り入れを選択しましょう。

手順は以下です。

インターネットで申し込み→審査に通る→ローン契約機でカード受取→ATMでキャッシング

街中にいくつかあるローン契約機を利用すれば、カードを郵送してもらう手間が省けます。カード郵送の時間がカットできるため、最速で融資を受けることができるのです。

ただ、ローン契約機は24時間営業ではありません。たとえば、東京都中野駅前のモビットローン契約機の、土日祝日の営業時間は8:00~21:00です。営業時間に注意しましょう。

モビットの年末年始の営業時間のまとめ。即日融資は可能なの?

土日祝日でも、即日融資が可能なのはとても安心ですよね。しかし、年末年始ともなると、また少し営業時間が異なります。モビットの年末年始の営業時間をまとめました。

年末年始のモビット営業時間

2017年の情報です。

モビットが特別営業なのは1月1日と2日だけです。12月31日は通常営業で、1月3日以降は通常営業です。

安心なことに、1月1日も、インターネットでの申し込みは受け付けています。ただ、2:00~7:00まではお休みなので注意しましょう。それにしても、元日からカードローンの申し込みだけでも済ましておけるのは本当に安心ですよね。

大みそか 元日 2日 3日
インターネット申込 24時間営業 2:00~7:00休業 24時間営業 24時間営業
電話申込 通常営業 休業 通常営業 通常営業
ローン申込機 通常営業 休業 通常営業 通常営業

以上は、2016年~2017年の年末年始の情報ですが、毎年営業時間が微妙に変わります。モビットの公式サイトにて確認することをオススメします。

年末年始に即日融資を受ける!元日以外なら可能かも

モビットでは、例年、元日以外は審査対応をしているということがわかりました。しかし、審査に通るだけでは融資は受けられません。

お金を手にするためには、銀行振り込みか、ATMで出金する必要がありますよね。ですので、即日融資できるかどうかは、年末年始の各銀行の営業時間に準じます。

2016年~2017年の情報によると、モビットの提携ATMは、元日は休業、2日は7:00からです。

その他の日は通常営業です。ただ、ATMの場所によって時間は異なるようです。あなたのお近くのATMを検索しておきましょう。

土日や年末年始こそカードローンは強い味方になる!利用のポイント

土日や年末年始こそ、お金が必要になるものです。そんな時、貯金を下ろすよりもカードローンで借りた方がお得になるという場合もあるのです。カードローンを強い味方にしませんか。

土日祝日のATM手数料は高い!

あなたも経験がありませんか?お財布にお金がない!銀行やコンビニのATMでお金を下ろさなければならないけれど、今日は休日・・・。手数料をしぶしぶ払う。ああ、このお金で肉まん買えたのに・・・。

土日祝日の、大手銀行の引き出し手数料をまとめてみました。

銀行名 時間帯 手数料 補足
三菱東京UFJ銀行 8:45~21:00以外 108円 8:45~21:00は0円
三井住友銀行 終日 108円 コンビニでは終日216円
りそな銀行 終日 108円
みずほ銀行 8:00~22:00/0:00~8:00 108円/216円 22:00~0:00は休業

みずほ銀行は、祝日や振り替え休日の場合は少しだけ時間が異なりますので注意してください。また、各銀行において、ポイント制などのサービスにより手数料が無料になる場合もあります。

手数料無料のカードローンでお得!

以上のような手数料がかかってしまうので、緊急にお金が必要な休日や年末年始では、お金がもったいないと感じますよね。しかし、カードローンを利用すれば、手数料無料でお金を借りられる会社もあるのです。

たとえば、三井住友銀行カードローンで借り入れをすれば、同じ三井住友銀行のATMを利用しても、手数料0円でお金を手にすることができます。

ただし、もちろん、金利はかかってしまいます。

しかし、土日にお金を借りて、月曜に返済したとすると、金利はとても少なくて済むのです。

14パーセントの年率で、1万円を2日間借りたとします。その金利は、約8円です。10円もかからずにお金を借りることができるのですね。これを、引き出しの手数料108円と比べると、差は歴然です。

注意!モビットは手数料が無料ではない

モビットには、専用のATMがありません。お金をATMで借りる時には、提携ATMを利用します。ですので、残念ながら借りる手数料は無料ではありません。

モビットのATM利用手数料は以下です。

金額 手数料
借入 1万円まで 108円
借入 1万円から 216円
返済 1万円まで 108円
返済 1万円から 216円

借入でも返済でも、銀行のATMと同じように手数料がかかるのですね。消費者金融会社だと、このようにATM利用手数料がかかる場合が多いです。

ただ、モビットは、インターネットによる振込での融資は無料です。安心ですね。

ATM利用手数料が無料になるカードローンは、銀行が多いです。数多くあるカードローンを選ぶのはなかなか大変ですが、手数料にこだわりながら選ぶのもよいでしょう。