モビットで全額返済した数ヶ月後に借入できない時、再申し込み必要?

モビットで借りたお金を全額返済してから数ヶ月後、またお金が必要なことがあってもう一度お金を借りようとしたのに、なぜか借りられない…。これはかなり困りますよね。そんな時には、再申し込みが必要なのでしょうか?

実はモビットでは、利用者から退会の手続きをしておらず、またモビットから契約を打ち切られていない限り、契約は続いています。そのため、再申し込みをしても意味が無いと言えます。

借入ができなくなっているからには何らかの理由がありますので、それを知ることが大切です。理由によっては対処できる可能性もありますしね。

そこで、モビットで全額返済したのに借入できない理由として考えられることをまとめてご紹介します。

そもそも借りられなくなることが本当にある?モビットの規約を確認!

そもそも、本当にモビットではお金が借りられなくなることがあるの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、そのようなことが本当にあるのか、モビットの規約を確認してみましょう。

規約に利用限度額の減額や借入停止ができることが明記されている!

実は、モビットカードの会員規約には、以下のようなことがあった場合には、モビットが利用限度額を減額したり、借入を停止したりできることが明記されています。

  • モビットの規約に違反したときもしくは債務不履行があった場合
  • 貸金業法などの法令にもとづいて必要な場合
  • 取引状況に関する審査を行ってモビットが相当と判断した場合

つまり、ここで挙げたような何らかの理由があれば、新たな借り入れができなくなることも十分に考えられるわけですね。

そのため、借り入れができないからといって再申し込みをしたとしても、問題が解決できていない限り結局審査には通らないことになるのです。

だから、再申し込みをしても意味が無いと言えるんですね。

減額だけではなく、増額や借入停止の解除もできる!

モビットで利用限度額が減額されたり、新たな借入ができなくなったりすると言われると、不安になる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、モビットではその逆に利用限度額の増額や借入停止の解除もできることを合わせて案内しています。

要は、問題となっていることが解決されればいいわけですね。そうすれば、再び借入ができるようになる場合もあります。

では、先ほど挙げたような問題も含めて、どのようなことがあればモビットで全額返済しているのに数ヶ月後に借りようとした時に借りられないといったことが起こるのか、具体的に見ていきましょう。

債務不履行は借入停止の大きな原因!完済前の返済状況は?

モビットの会員規約で利用限度額の減額や借入停止の理由として挙げられている債務不履行とは、簡単に言えば、正当な理由なく決められた時期までに借りたお金の返済ができなかったことを言います。

では、債務不履行が理由の借入停止について確認しましょう。

全額返済前の返済状況は?

モビットでの借入を全額返済した、という事実だけを見れば問題はないように思えるのですが、考慮に入れなければいけないのが、全額返済をした時にどのような返し方をしていたかということです。

例えば、返すのは返し終わったけれど、複数回に渡って滞納した、連絡も入れずに返済ができなかったことがあったなど、返し方に問題があった場合、会員規約に書かれている債務不履行に当たります。

ここでは全額返済したのに数ヶ月後にモビットで借入ができない場合を考えているので、延滞についてお話していますが、返済上の問題には延滞も含めて以下のようなものがあります。

  • 延滞した
  • 債務整理を行った
  • 自己破産した

これらのようなことがあった場合も、当然ながらモビットからの信用を失ってしまいます。

返済上の問題があった場合は信用の回復が大変です

全額返済したのに数ヶ月後に借入ができない原因が延滞など返済上の問題である場合、モビットからの信用を回復するのはかなり難しいと言わざるを得ません。

また、モビットで返済上の問題を起こしている場合、それはモビットのみの問題ではなく、他のカードローンを契約する時にまで影響します。

カードローンを利用している際に延滞したという情報は、様々な業者間で共有されます。そのため、その情報が削除されるまでの期間(長くて延滞解消から5年間)はどの業者を当たっても借入は難しいと考えましょう。ちなみに、これが自己破産ともなると、もっと借入ができない期間が長くなります。

さらに、モビットで返済上の問題を起こした場合、モビットにはその事実が残り続けると思った方がよいでしょう。

そのため、完済前に延滞した事実がある場合、残念ですがモビットで新たな融資が受けられる可能性は低いと言えます。

モビットは総量規制の影響を受ける!新たに借入先を増やしていない?

では次に、貸金業法などの法令にもとづいて必要な場合とはどのような時なのかを確認したいと思います。

モビットは消費者金融であり、分類上は貸金業者です。そのため、貸金業法という法律にもとづいて営業しているのですが、貸金業法にある総量規制という決まりが新たな借入ができるかどうかに影響している場合があるのです。

総量規制とは?

総量規制とは、借入をしたい人の年収の3分の1を超えて融資をすることはできないという内容の決まりです。つまり、モビットを始めとする貸金業者は、新たな貸付をすると利用者の借入総額が年収の3分の1を超えてしまう場合、法令違反になるのでお金を貸せないということです。

借入総額ということは、モビット1社からの借入のみではなく、他の貸金業者からの借入金額も合計するということです。

そのため、例えば前回モビットから借入をした後に別のカードローンを契約した、他のカードローンの利用限度額を増額したなどの理由で、年収の3分の1近くまですでにお金を借りているもしくは借りられる状況にある場合、モビットは法令を守るためにそれ以上のお金を貸すことができないんですね。

総量規制の影響でモビットから新たな融資を受けることができなくなっている場合で、どうしてもモビットからの借り入れをしたい場合は、法令違反にならないように他のカードローンの利用限度額を減額したり、他のカードローンを解約したりするしかないということですね。

とはいえ、現段階で他のカードローンは利用できて、モビットからは新たな借入ができないとなると、他のカードローンを優先させた方が安心な場合もあります。そう考えると、逆にモビットの退会を検討する方法も考慮した方がいいと言えますね。

収入が減った場合も要注意!

総量規制の影響は、他のカードーンを契約した場合以外にも考えられます。それが、転職や勤務時間の変更、退職などの理由で、収入が減ったりなくなったりしている場合です。

以前の収入を元に利用限度額を設定した場合は問題なく利用できていたとしても、状況が変わったことによって以前と同じようには利用できなくなる可能性も考えられます。

それなら、変更を知らせなければいいのではないかと思うかもしれませんが、そうなると嘘をついてお金を借りていることになり、それがモビットに知られたらモビットの契約を打ち切られても文句は言えません。

カードローンはその人の信用を元にお金を貸すシステムなので、信用できない人にはお金を貸せないということなのです。

借入件数が増えた場合も要注意!

総量規制にすぐ影響はしなくても、モビット以外のカードローンを契約した場合、その事実だけが原因でモビットから新たな借入ができなくなることが考えられます。

すでにモビットを契約しているのに、さらに別のカードローンを契約するとなると、その人は今後も様々な所から借り入れをした結果、返済ができない状況に陥ることも考えられます。

そのため、総量規制に影響するほど借入総額が増えなくても、カードローンの利用の仕方に不安があるという点で、モビットでの新たな融資が受けられなくなる可能性もあるということです。

できれば借入は1か所からに絞って!

カードローンを複数契約していると、どうしてもすぐにお金を借りてしまう人だと思われ、借入にはとても不利になります。

モビットでは、利用状況によっては増額の相談に応じてもらえることもありますので、あちこちから借入をすることを考えるよりはモビット1か所に絞って借り入れをする方がいいと言えます。

モビット以外にカードローンを契約してしまったと言われる人の場合、そちらから借入ができているのならそちらをメインに利用するか、思い切ってそちらを解約するかしかないということですね。

会員規約で言う取引状況に関する審査には他社借入も関係する!

モビットで利用限度額が減額されたり借入停止の措置が取られたりする理由の3つ目に、取引状況に関する審査を行ってモビットが相当と判断した時という項目もありますが、これには他社での返済状況ももちろん関わっています。

カードローンを利用する場合は、どの業者からの借入であってもきちんと管理をしなければいけないということです。

意外な理由で借入不可になることも!情報変更の届け出はできている?

ここまでで確認した内容は、言われてみればなるほど、と思われる内容だと思います。ですが、さらに意外な理由で新たな借入ができなくなっていることも考えられます。それが、申し込みの時に記入したのと、情報が変わっているのに変更の届け出をしていない場合です。

では、どのようなことが考えられるのか、見ていきましょう。

連絡が取れないとかなり信用が低くなります

モビットで初めて審査を受ける時もそうなのですが、連絡がきちんと取れる連絡先が無いと審査には通らないと言われるほど、連絡がつくかどうかは重要視されます。なぜなら、返済上の問題が起きた時などに、連絡できる手段が必要だからです。

例えば引越しをした、プロバイダーを変更した影響で電話番号が変わったなど、モビットで契約をした時と連絡先が変わっていることはありますよね。そんな時にはきちんと届け出をしておかなければ、何らかの事情で連絡があった時に出ることができず、信用が低くなってしまいます。

結婚などによる名字や家族構成の変更にも注意!

連絡先と合わせて、そもそも本人情報自体が変わることもあります。それが、結婚などによる名字や家族構成などの変更です。そのような場合にも届け出が必要ですので、忘れないようにしましょう。

中には法令に関わる情報も!

先ほど確認したように、モビットでの借入は総量規制の影響を受けます。そのため、勤務先に関する情報もとても大切です。

以下に挙げる例のように、仕事に関する情報が変わった場合も、必ず届け出ましょう。

  • 転職した
  • 退職した
  • 失業した

特に収入が無くなった場合、モビットは総量規制の影響によってそれ以降お金を貸すことができません。それを届け出ないまま融資を受けていると、モビットとしては法令違反になることもありますので、大問題です。

何らかの変更があったら必ずモビットに届け出よう

カードローンは信用を元にお金を借りる形態のサービスですので、どのような形であっても信用を失ってしまうと借入ができなくなる可能性があるということですね。

登録内容の変更の届け出を意図的にしなかったのではなく、うっかり忘れて、ということも多いかと思いますが、結果として信用を失ってしまうことには変わりありません。

そのため、モビットを始めカードローンを利用している人は、何らかの変更があったら必ず届け出ることを忘れないようにしたいものです。

利用条件に合わなくなったら新たな借入は不可!年齢の上限をチェック

最後に、残念ですがどうしようもない問題があります。

それが、モビットが定める利用条件のうち、年齢の条件に合わなくなることです。

モビットでは融資が受けられるのは69歳まで!

モビットでは、カードローン商品を利用できる人の年齢を、20歳以上69歳以下と定めています。つまり、この年齢の範囲に入っていない人は、モビットを利用することができなくなるということです。

返済は年齢に関係なく完済するまで続けなければいけませんが、新たな借入は満70歳に達するとできなくなります。そのため、全額返済した後、数ヵ月後に借入をしようと考えた時点で満70歳を超えていると、融資が受けられなくなっているわけですね。

これに関しては年齢を変えることはできませんので、残念ですがどうすることもできないということになります。

モビットで全額返済の数ヵ月後に借入不可なら再申し込みより原因究明

以上のことから、モビットで全額返済したにもかかわらず、数ヵ月後に借入しようと思ったらできなかった時には、そうなる何らかの理由があると言えます。そのため、再申し込みをするのではなく、何が原因で借入ができなくなっているのかをまず究明すべきです。

理由によっては改善が難しい場合も残念ながらありますが、例えば滞納しない、情報の変更はすぐにするなど、日頃利用している時に気をつけなければいけないことがあることを知っておくだけでも、融資が受けられないという状況に陥る可能性を減らすことができます。

また、借入先をモビット1件に絞るだけで、融資不能にならなくて済むこともあります。

いずれにしても、借入ができなくなっている原因を見つけ、可能なら対策をすることが大切だということですね。