モビットとプロミスの魅力を徹底検証!“特徴狙った利用法”がお勧め

モビットとプロミスは大手消費者金融を代表する、ともに知名度の高い人気会社と言ってよいでしょう。

どちらにも甲乙つけがたい魅力やメリットがあります。

そこで今回のレビューでは、モビットとプロミスの魅力やメリット、特徴を徹底的に比較検証して明らかにします。

そして、両者の魅力などをよく理解した上で、どちらのカードローンの魅力等が自分の利用目的に合致しているかを考えて利用するのが賢い利用方法になります。

“基本スペック”だとモビットに軍配上がる!?

カードローンを利用してキャッシングしようと考えた時、「どの消費者金融カードローンがいいのか?」と実際に選ぶのに悩んでしまう人ってとても多いと思います。

そんな時に「プロミスがいいのか?」「モビットがいいのか?」と、プロミスかモビットかで悩んでしまう方って多いのではないでしょうか?

そんな方にひとつアドバイスすれば、「どちらのカードローンを選んでも失敗しないし、どちらのカードローンもお勧めになります!」と言うことです。

そこでまずはプロミスとモビットの“基本的な融資スペック”の比較検証から感じ取れるメリットや魅力を掘り下げます。

“申込み易さ”ではほぼ互角勝負!?

カードローンを選んで利用する際に、まず「このカードローンっていいかも!?」と感じるのは、“申し込みのし易さ”を感じ取れた時となるのではないでしょうか。

申し込みのし易さについては、インターネットを利用してパソコンやスマホから24時間365日いつでも申し込みしたい時にすぐに申し込める「ネット申込」に対応しているかどうかが大きく影響すると考えられます。

そして、プロミスもモビットもともに「ネット申込」に対応可となっています。

その意味ではプロミスもモビットも申し込みのし易さでは互角と言ってよいでしょう。

以下にプロミスとモビットの申し込みに関する詳細を表にまとめておきます。

消費者金融 申込方法 申込での必要書類
モビット ネット・自動契約機・電話・郵送
(※ 店頭申込は不可)
・運転免許証
・パスポート
・収入証明書
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) ネット・自動契約機・電話・郵送・店頭・三井住友銀行ローン契約機 ・運転免許証
・パスポート
(※ 運転免許証が無い場合は健康保険証あるはパスポートで可)
・収入証明書
(※ 借入総額によって源泉徴収票等の提出あり。個人事業主の場合は「確定申告の写し」が必要)
・外国籍の場合は「在留カード」あるいは「特別永住者証明書」(さらに法令で有効となる期間内は「外国人登録証明書」も可)を提出

申し込み方法については、モビットでは店頭での申し込みがNGとなります。が、プロミスでは店頭申込はOKです。

加えて、プロミスの場合は、自社の無人契約機に加えて「三井住友銀行ローン契約機」での申し込みも可能となります。

以上のことから、トータルな申し込み方法の広さに関しては、「プロミスの方が有利」と感じます。

他方、申し込みに必要な提出書類については、モビットの方が簡単で面倒が少ないと思われます。

なぜなら、提出書類の住所と現住所とが異なる場合でも、現住所を証明できる書類の追加提出が無いからです。

ただし、「なにかのかたちで審査の段階で現住所の確認は必ずされる」と考えてください。

“金利重視”で選ぶならモビットがいい!?

「どのカードローンがいいのか?」とカードローンを選ぶ時に、普遍的な判断材料になると言ってよいのが“金利水準”ではないでしょうか?

なぜなら、どのような種類や形態のカードローンであっても、金利が高いと返済負担が重くなり、金利が低くなればなるほど返済負担が軽くなって、借りた後の返済負担が軽くなるカードローンの方が人気が高く有利になることに疑いはないからです。

まずはモビットとプロミス、他の消費者金融カードローンや銀行カードローンの金利と見比べてみましょう。

カードローン 金利
モビット 年3.0~18.0%
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 年4.5~17.8%
アイフル 年4.5~18.0%
アコム 年3.0~18.0%
新生銀行カードローン レイク 年4.5~18.0%
三菱東京UFJ銀行『バンクイック』 年1.8~14.6%
三井住友銀行 年4.0~14.5%
みずほ銀行 ・年3.5~14.0%(コンフォートプラン)
・年3.0~7.0%(エグゼクティブプラン)

モビットもプロミスも、消費者金融カードローンの中では“低金利”と言ってよいでしょう。

他方で、銀行のカードローン金利と比較してしまうと、やはり“金利が高め”との印象は否めません。

そして、モビットで低金利メリットが感じ取れるのは年3.0%の最低金利となります。

年3.0%の最低金利は、銀行の最低金利と比べてもそん色ない低さと言ってよいでしょう。

そして、最低金利メリットで選ぶならモビットの方が有利です。

が、実際に最低金利が適用されるのは、モビットの最大融資額となる800万円に近い融資枠となった場合となるので、正直に言えば“実用性の低い金利”と言えます。

他方で、最高金利は初めてモビットやプロミスを利用する方に一律に適用される「実質金利」と考えてよいのです。

そのことから“実質的な金利メリットを考慮して選ぶ”なら、最低金利よりも最高金利の低さに注目するようにしてください。

そうなるとプロミスの方が0.2%金利が低くなるのでモビットよりも金利メリットがあると言ってよいと思います。

“大型融資が魅力”と感じ取れるモビット!

カードローンを選ぶ際には、「できるだけ融資限度額が大きいところがいい!」といった方も少なくないでしょう。

ゆくゆくはカードローンでかなりまとまったお金の借り入れを考えている人なら、融資限度額の大きさは利用条件として無視できない点となるでしょう。

まずはプロミスとモビットの融資限度額と他カードローンの融資限度額とをまとめておきます。

カードローン 融資限度額
モビット 800万円
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 500万円
アイフル 500万円
アコム 800万円
新生銀行カードローン レイク 500万円
三菱東京UFJ銀行『バンクイック』 500万円
三井住友銀行 800万円
みずほ銀行 1000万円

モビットの最大融資限度額の800万円は、他の消費者金融カードローンとの比較で“大型”といってよく、銀行カードローンの最大融資額と比較しても引けを取るものではありません。

それゆえ、大型の融資限度額が魅力的と感じる利用者であれば、モビットのカードローンがよいでしょう。

一方、プロミスの最大融資額については500万円となっていますが、消費者金融カードローンではアベレージ的な限度額と考えてよいので決して低いものではありません。

また、銀行カードローンとの比較でも三菱東京UFJ銀行『バンクイック』は最大500万円となっているので、「プロミスの最大融資限度額は低め」との印象はないと思います。

そして、最大融資限度額に関しては、あくまでも名目上の極度額となるので、プロミスやモビットを利用するすべての方がこの最大限度額まで融資を受けられることを必ずしも確約するものではありません。

その観点から言えば、「プロミスがいいのか?モビットがいいのか?」との選択では、最大限度額の差異はそれほど重視する必要が無いとも言ってよいのです。

が、「カードローンはとにかく最大融資限度額の大きさが魅力だ!」と考えている人なら、あえて限度額の低いプロミスよりも最大限度額が大きくなるモビットの方が安心感が高くなるのではないでしょうか。

“特徴対決!”では互いに魅力・メリット拮抗!

カードローンの基本スペックでの比較検証では、やはり互いに甲乙つけがたい魅力やメリットがあり、競り合う状態になっていると感じられます。

そのことから、プロミスか?モビットか?について基本スペックの比較で選ぶなら、やっぱり利用者各自が自分にとってより魅力やメリットが大きい!と感じ取れるカードローンを選ぶのがよいでしょう。

「プロミスよりもモビットの方がよい!」「モビットよりプロミスの方が勝っている!」とは自動的に決め付けることはできません。

さて、ここではプロミスとモビットの各々の“特徴”に注目するかたちで比較検証をさらに深めます。

モビット【WEB完結申込】の利便性はピカイチ!

カードローンを実際に利用する際には、「家族や会社の同僚にカードローン利用がばれないだろうか?」や「自宅や職場にかかってくる在籍確認の電話連絡がどうしても気になって仕方ない…」といった悩みや心配事が生じてしまう人も少なくないと思います。

そのような悩みや不安が起きてしまうと、どうしてもカードローンの利便性の印象からは「なんか利用しにくいかも?」と感じてしまう可能性があります。

また、家族や他の人にカードローンでキャッシングしてる事実がばれてしまう可能性もあるので、「この点はどうしても安全性を担保したい!」といった人は多いと思われます。

そのような観点から、プロミスかモビットかの選択を考えると、モビットの【WEB完結申込】はすごく利便性の高さを感じ取れるカードローンになると言って間違いありません。

なぜなら、モビット【WEB完結申込】では最初から“電話連絡無し&郵送物一切無し”となるからです。

モビット【WEB完結申込】の特徴をまとめてみます。

  • 電話連絡ナシ
  • 郵送物一切ナシ
  • カードレスキャッシング
  • ネットキャッシング対応可で即日融資にも対応可

自宅や職場に「電話連絡ナシ」となることで、「もし家族や他の同僚が電話に応対してばれてしまうのではないか?」といった悩みや心配事はなくなります。

また、実際に本人確認の電話連絡によるカードローン利用がばれてしまう可能性は一切排除できます。

さらに言えば、電話連絡に対応するために職場でいろいろと根回しなければならないような人にとってはとても利便性の高いカードローンと感じ取れるでしょう。

そして、「郵送物一切ナシ」も家族にばれる可能性を排除してくれます。

プロミスやモビットから届く郵送物については、送り主だけなら別会社名で送られてくるのでばれません。

ちなみに、モビットは『ACサービスセンター』、プロミスは『パルセンター』との別会社名で郵送します。

それゆえ、封を開けて中身をみられない限り、カードローン利用がばれることはないと思います。

が、“郵送物が届く”こと自体がカードローンがばれてしまう可能性を示唆するので、郵送物が一切ないモビット【WEB完結申込】はすごく利便性の高いカードローンと言ってよいでしょう。

一方、プロミスのカードローンでは、最初から「電話連絡無し&郵送物一切無し」となる条件のカードローンはありません。

が、在籍確認での電話連絡に関しては、特別に要望がある場合には申込完了後すぐにプロミス担当者に相談すればよいように対応してくれる可能性はあります。

また、郵送物については、利用後の手続きとして「Web明細サービス」や無人契約機で契約をしてローンカードを発行してもらうなどすれば自宅に届く郵送物は無くすことは可能です。

業界最速の即日融資ならプロミス【瞬フリ】で決まり!

「どのカードローンがいいのか?」を選択する上で、「少しでも早く即日に融資を受けられるのがいい!」とがトップ条件となる方は多いと思います。

また、今日ではカードローンでの即日融資は既定路線と言っても過言ではなく、即日融資に対応できないカードローンは徐々に淘汰されていく過程にあると言ってもよいのです。

さらに言えば、即日融資位は当然の事として、「申し込みから審査を経て実際に融資を受けられるまでのスピード、時間的な早さが即日融資に求められている」とも感じられるのです。

その観点から言えば、プロミスの【瞬フリ】の即日融資の早さに勝るカードローンは皆無と言って間違いありません。

≪黄色≫だってプロミス【瞬フリ】なら、24時間ネット申し込みが可能で、最短10秒で振込キャッシングが完了するからです。≪黄色≫

審査完了からたった10秒で指定先の銀行口座に即お金を振り込んでくれる超スピードサービスは、プロミス【瞬フリ】以外にありません。

それゆえ、1分1秒でも早く即日にお金を借りたいのならモビットよりもプロミス【瞬フリ】が圧倒的にお勧めとなります。

そして、プロミス【瞬フリ】の利用についても面倒や手間がなく、【瞬フリ】の利用自体も簡単ですぐに利用できる魅力があります。

以下にプロミス【瞬フリ】の手続きでの流れを解説します。

『瞬フリ』利用の流れ 対応手続き
①:プロミス公式HPで『会員サービス』に入る 「カード番号」と「カード暗証番号」を間違えずに入力する
②:振込先となる口座情報を入力する 金融機関の名称、支店名と口座番号等を正確に入力する
③:『瞬フリ』を選んでクリック 「会員サービス」メニューの中の『瞬フリ』選ぶ。(※『WEB契約』選ぶと最短10秒振込不可となるので注意)
④:借入希望額を入力する 利用限度額内の金額にする
(※ 利用可能額超えると不可)
⑤:振込が完了する 最短10秒で振込OK
ただし、プロミス【瞬フリ】による24時間365日いつでも最短10秒の瞬間振込をエンジョイするためには利用可となる銀行口座が限定されます。

それは三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかの銀行口座のみとなります。

それ以外の三菱東京UFJ銀行と楽天銀行も【瞬フリ】対応可の銀行口座となり、最短10秒の超スピード振込も可能となります。

ただし、「月~金の9:00~14:50までに受付完了となった場合のみ」との条件となります。

それ以外の曜日・時間帯での受付完了については最短10秒の瞬フリはできません。

モビットが“電話連絡なし&郵送物一切なし”となる利便性の高さが魅力的な特徴とすれば、プロミスの場合は“最短10秒の瞬間ネットキャッシング!”の超スピード即日融資が魅力的な特徴になると言ってよいでしょう。

互いにまったく異なる特徴となるので、単純な比較でどちらが勝っているとは断言できません。

そのことから各々の特徴での比較検証においても、実際にカードローンを利用される各人がどちらの特徴が自分にとってより魅力的となるのか、あるいは必要な条件となるのかによって適時選んで利用するのが正しくて賢いモビットとプロミスの利用術になると言ってよいと思います。

“無利息サービス”や“返済メリット”での比較だとどうなる?

上記で触れた特徴は、プロミスとモビットでの秀でた特徴、特色と感じ取れることで取り上げました。

さらに、ここでもプロミス、モビット各々の特徴や、単にお金を借りるだけの比較検証に留まらず、お金を借りた後の“返済”の利用し易さといった観点にも比較視座を入れてさらに考察を掘り下げてみます。

「無利息サービス」ではプロミスに軍配あがる!

「消費者金融カードローンと銀行カードローンのどちらを選ぶのか?」では、“金利の低さ”が決め手となって銀行カードローンを選ぶ人が多い事実は否めないでしょう。

が、金利面に加えて、もうひとつの選択基準として、「無利息サービスが利用できるかどうか?」といった点も消費者金融か銀行かの選択において重要なキーポイントになります。

なぜなら、無利息で金利ゼロで融資を受けられるなら、低金利だろうが高金利だろうが関係なく、大きな金利メリットがゲットできるからです。

そして、消費者金融カードローンには無利息サービスを提供しているところが多く、銀行カードローンについては新生銀行カードローン レイク以外には1つもないと言ってよいのです。

プロミスでは、初回利用者に限り、かつEメールアドレス登録とWeb明細サービス利用を条件に、「30日間無利息」が利用できます。

プロミス無利息サービスは、“初回出金の翌日から30日間金利ゼロ”となるので、30日以内に完済すれば返済は元金のみとなってすごくお得です。

モビットには無利息サービスがありません。

それゆえ、無利息サービスが利用できる魅力やメリットではプロミスの圧勝です。

しかし、無利息サービスがないモビットでは、限度額が800万円とプロミスよりも大型融資が可能となっており、金利についても最低金利が年3.0%とプロミスの年4.5%を下回る低金利となっています。

そして、誰にも内緒で借りたい人には強い味方となる【WEB完結申込】がモビットにはあります。

“返済しやすいメリット”だとモビットって不利か!?

最後に、融資を受けたあとの“返済のし易さ”との観点から比較検証してメリットの有無を探ってみたいと思います。

まずはプロミスとモビットの返済方法をまとめておきます。

カードローン 口座引落対応の金融機関
(手数料無料)
利用可なATM返済
(手数料あり)
モビット ・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-net
・@BANK
・イオン銀行
(※ 三井住友銀行ATMは手数料無料)
プロミス ・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・セブン銀行
・ローソンATM
・E-net
(※ プロミス自社ATMと三井住友銀行ATMは手数料無料)

返済のし易さでは、まず手数料負担のない『口座引落』での返済がお勧めになると思います。

その場合、モビットだと手数料無料で口座引落の返済に対応できるのは三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のみとなります。

一方、プロミスの場合は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に加えて他3行の合計5銀行の銀行口座が手数料無料となるので、プロミスの方が口座引落の返済では利便性が高くなります。

ATM返済に関しては、モビットもプロミスも、手数料負担では1万円以下で108円、1万円超で216円がかかります。

しかし、返済で利用可となる提携先ATM数については、モビットの方が多く、提携先の銀行とコンビニATMは13万台(2016年10月現在)と、たくさんあるのでATM返済に不便はないと思われます。

が、ひとつ難点を言えば、モビットには自社ATMがないことであり、プロミスでは自社ATMと三井住友銀行の2つでは手数料無料でATM返済ができます。

モビットは三井住友銀行ATMのみ手数料無料で返済可となります。

モビットもプロミスもメリット大きく利用者におススメ!

プロミスか?モビットか?…どちらがいいのか?については、どちらを選んでも正解であり、各々のメリットや魅力はエンジョイできると言ってよいでしょう。

そして、各々のカードローンの魅力やメリットをどれだけエンジョイできるかは、利用者各人の利用目的や借入ニーズによって大きく左右されると考えてください。

たとえば、「1分1秒でも早く融資を受けたい!」のがメリットならば、プロミスの【瞬フリ】はメリット大のカードローンとなります。

また、「絶対に内緒でお金を借りたい!」人なら、最初から“電話連絡なし&郵送物一切なし”でOKのモビット【WEB完結申込】が魅力的なカードローンとなるでしょう。

それゆえ、基本的にどちらのカードローンもメリット大で、どちらもお勧めです。

その上で、自分の借入ニーズとしっかり照し合せて“ベストな一枚!”を選ぶのがモビットとプロミスの正しい利用方法と言ってよいと思います。