電話審査でばれない!?モビットは会社に対しても電話連絡を行うの?

モビットは、会社に電話をかけずに本人確認を行ってくれるので、電話審査でばれないまま、カードローン契約を組むことができます。

最近では、このようなサービスでモビットは高い評価を得ているのですが、具体的な審査内容を知らないという人もいます。

なので、今回はモビットの審査手順、本人確認の具体的な内容を案内させていただきますので、審査の詳細が気になるという方は、良ければ記事を参考にして利用の検討を進めてください。

会社に電話しない!?そのような審査方法でも審査は終えられる?

モビットは、会社に電話する形で審査を進めるということがありません。

つまり、在籍確認と言われている審査手順ではなく、電話連絡という審査手順で審査が進んでいくのです。電話連絡は、電話連絡先に対して電話がかかってくるだけなので、会社に対しては電話がかかってきません。

つまり、モビットは電話審査でばれないという利点が存在するのです。

また、電話連絡のみだと以下の理由でローン申し込みがバレにくくなります。

  • 電話連絡の時間が短くなる
  • 電話がかかってきても問題のない状況を作れる

電話連絡の時間が短くなるというのは、会社に対してではなく、個人に対して電話がかかってくるので、簡単な連絡で電話連絡を終えられるからです。

会社に対して電話がかかってきた場合、申込者が出られなかった場合は、電話を取り次ぐ人物がいるため、その分だけ余計な手間がかかってしまいますし、その際にローン申し込みがバレてしまうこともあります。

さらに、モビットの電話連絡であれば、登録を行った電話連絡先に対して電話がかかってきます。そのため、電話連絡先を携帯電話にしておくだけで、いつ電話があったとしても自然な形で電話に出ることができます。

在籍確認との違いは?モビットでは対応可能な電話連絡の内容

在籍確認、モビットで対応している電話連絡の違いですが、電話連絡であれば、スムーズに連絡を終えられる・・・、というところに大きな違いがあります。

というのも、在籍確認には以下のような連絡が含まれるからです。

  • 在籍確認を行ったことに対する説明
  • 在籍確認を行っている者の素性を明かす

「在籍確認を取りたいので、会社に対して連絡を行いました」という連絡は減っていますが、それでも、どのような要件で電話を入れたのかは説明しないといけません。

その際に、「○○さん(申込者)はおられますか?」と、今まで電話をかけてくることがなかった相手から電話がかかってくるため、会社のほうもどのような要件で電話をかけたのか・・・が、気にかかってしまいます。

つまり、スムーズに電話に出れたとしても、在籍確認の場合は、在籍確認後に色々と電話の内容を聞かれることがあるのです。

次に、銀行に対してカードローン審査の申し込みを行っていると、銀行員であることを明かして、在籍確認の連絡を入れてくることがあります。

つまり、カードローン審査の申し込みを銀行に対して行った・・・、ということが完全にバレてしまうのです。銀行の場合は、男性スタッフ、女性スタッフのどちらかが連絡を入れるという内容になっているだけで、連絡内容を細かく決めることはできません。

なので、モビットの電話連絡のように電話をかける相手、電話の内容を先に相談しておく・・・ということが難しいため、今では、モビットを通じてカードローン審査を受けている人が増えているのです。

電話審査でばれない!申込者にとってどんなメリットがある?

モビットであれば、電話審査でばれないというメリットがあります。

ですが、電話審査でばれないというメリットには、バレない以外のメリットがあるという捉え方も存在するのです。具体的には、以下のようなメリットを受けることも可能という、捉え方が存在します。
  • 安心して申し込める
  • 女性でも申し込みやすい

電話審査でばれない場合、安心して申し込めるというメリットがあります。というのも、他の業者では在籍確認を行っているため、カードローンの申し込みがバレてしまいやすいからです。

精神的にリラックスした状態で申し込めるのも、モビットならではのメリットでしょう。

それと、モビットの電話連絡による審査は、電話のみで審査を終えられる仕組みになっています。契約後のカードについても、郵送という形で送られてくるので、最後までカードローンの申し込みを知られることなく済みます。

そのため、女性のように完全に知られることもなく、利用できるローンを探している人にとっては、使い勝手の良い商品として高い評価を得ているのです。

カードローン審査に長い時間がかかる、もしくは厳しい審査が目立つということも少ないので、男女ともに利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

なぜバレずに済む?モビットが対応しているその他のサービス

電話審査でばれないモビットのカードローンですが、他にもバレないで済むような配慮、サービスが存在します。

モビットは、アカウント発行、業者名が見えづらい郵便物の発送も行っています。

アカウント発行とは

インターネット上で使えるID、PASSのことをアカウントと言います。

モビットは、カードローン契約後にアカウント発行を行っているので、インターネット上で個人の借り入れ状況をまとめてチェックできます。そのため、他の人にアカウント情報を見られてしまうということもありません。

このような徹底管理を行っているので、カードローンの利用を知られなることなく安全に利用できるのです。

郵便物についても、契約者が希望しない限りは業者の営業目的のメール、郵便物は送られてきません。そのため、郵便物を開封されてしまい、カードローンの利用状況を知られてしまう・・・、という問題も起きづらいのです。

郵便物自体も、業者名が隠れるような形で作成されているため、業者名を見られてしまうリスクが小さいです。そのため、カードローンを利用していると疑われるケースも少なく済みます。

モビットは他より審査が甘い?電話連絡は審査が甘いという意味?

モビットでもそうですが、今の金融機関は過去に比べて厳しい審査を行っています。

しかし、インターネット上には甘い審査が多いという情報も存在するので、そのような情報を見つけた際に困惑してしまう人もいます。

ですが、現在ではカードローン審査においても、以下のような対応が必要となっているので、カードローン審査が甘い業者はほとんど存在しません。

  • 個人信用情報機関を通じて信用情報の確認を行う
  • 総量規制を前提とした審査を行う
個人信用情報機関とは

国内ではCIC、JICCといった有名な個人信用情報機関が存在します。

金融商品を販売している金融機関は、個人信用情報機関に加盟しているため、個人信用情報機関が管理している信用情報を照会できます。そのため、過去に比べて曖昧なカードローン審査を行う業者が減ってきました。

総量規制とは

総量規制は、ノンバンク系(消費者金融)に対して適用となる規制のことです。

そのため、ノンバンク系では総量規制が適用となり、年収の3分の1以上の借り入れが規制されています。銀行系は総量規制対象外となっているため、年収の3分の1以上でも借り入れを行うことができます。

過去であれば、大きな融資をノンバンク系でも行うことができました。しかし、そのような借り入れが可能であったため、返済不履行が目立ち、最終的に債務整理を行ってしまう人が多かったのです。

今では、そのような相手に融資を行わない金融機関が多いので、モビットも含めて、カードローン審査が甘いという業者の数は少ないことを理解しておきましょう。

ブラックも審査可能?ブラックは金融機関を利用できないって本当?

審査が甘い業者が減っているという案内をしましたが、ブラックに関しての案内を行っていなかったので、ブラックについても案内させていただきます。

ブラックとは、金融機関の利用で金融事故を起こしている人物のことです。

金融事故とは

返済の遅延が長く解決しない、もしくは返済を放棄するなどの行為で、金融機関に迷惑をかけた場合は金融事故という扱いになります。

金融事故を起こしてしまうと、ブラックリストというものに登録されてしまい、さらに個人信用情報機関にも、ブラックリストの情報が登録される仕組みになっています。

つまり、ブラックは個人信用情報機関に加盟している銀行、消費者金融のほうで、その情報をすべて把握しているということです。そのため、ブラックでも審査に通るカードローンは存在しないと思ったほうが良いでしょう。

時折、「ブラックでも審査に通った」という話をインターネット上で見かけることがあります。ですが、こちらは過去にブラックでも審査に通ったという情報か、もしくはブラックだと思い込んでいる人が審査に通った・・・という情報です。

ブラックになってしまうと、カードローン審査そのものを業者が行いませんので、そもそも審査を受けられるはずがないのです。

モビットのような優良な業者では、このような相手を選別してから、はじめてカードローン審査を進める形になっています。なので、審査が甘いと思われている業者であれば、カードローン審査を受けられるというものでもありません。

また、ブラックに関する情報は一定の期間を経ると、情報が消される(解除される)仕組みになっています。具体的な期間については以下を参考にしてください。

  • 返済の遅延:1年以内
  • 債務整理:1年~5年以内
  • 多重債務:1年~5年以内
  • 自己破産:1年~10年以内

ブラックに関する情報が解除された後は、「過去に迷惑をかけた業者以外」であれば、カードローン審査を行ってもらえます。

ただし、ブラックであった事実は反映されるので、大きな融資を受けられるケースはほとんど無いでしょう。

ローン申込機で申し込み!ローン申込機にはメリットが存在する?

モビットの電話審査であれば、会社に電話することもなくカードローン審査を進めることができます。

ですが、カードローンそのものに迷っている人は、ローン申込機でカードローン審査の相談を受けたほうが良いかも知れません。

ローン申込機とは

スタッフと連絡を行いながらローン申し込みを行える機械を、ローン申込機と言います。

ローン申込機は無人となっていますが、ローン申込機と電話でつながっているスタッフと会話ができるため、一人でローン申し込みを進める必要がありません。

以下のような悩みを抱えている際も、モビットのローン申込機を利用したほうが良いです。

  • できるだけ早く融資を受けたい
  • カードローンの詳細情報を知りたい

補足となりますが、ローン申込機を利用した場合も電話審査で審査が進んでいきます。最初に、ローン申込機に対して必要な情報の入力を行い、後はスタッフの誘導に従ってローン審査を進めていきましょう。

ローン申込機はカード発行の機能も備えているので、カード発行をすぐに行い、その後に融資を受けるという対応も可能です。

他にも、カードローンに関する詳細情報を教えてもらえるようになっているので、モビットのカードローンについて詳しくない・・・という場合は、ローン申込機が設置されている店舗を利用し、スタッフと相談を行いながら申し込みを進めたほうが賢明です。

通常よりも早い審査!審査項目に問題がない人ほど審査が早くなる

モビットでも、審査項目に問題がない人は審査がすぐに終了します。

審査項目というのは、以下のような審査上で評価される項目のことです。

下の表には、審査項目の詳細も掲載されているので、審査項目が気になるという方は、良ければ下の表を参考にして、カードローン審査に詳しくなってください。

年齢 ・若い人(20代、30代)は評価される
・高齢者(60代以上)は評価されづらい
年収 ・200万円以上で評価される
・100万円以内では評価されづらい
職業 ・公務員、大手企業勤めで評価される
・パート、アルバイトは評価されづらい
勤続年数 ・1年以上で評価される
・1年以内では評価されづらい
居住形態 ・持家、借家で評価される
・賃貸では評価されづらい
連絡手段 ・固定電話、携帯電話で評価される
・連絡手段無しでは評価されづらい

補足となりますが、複数の業者に対して審査を申し込んでいると、その分だけカードローン審査は遅くなってしまいます。

このような情報も、今では多くの金融機関で共有している情報となっているので、1社ずつカードローン審査の申し込みを行うようにしましょう。

また、複数の業者に対して申し込みを行っていると、申し込みが多い影響でローン申し込みがバレやすくなってしまいます。

これでは本末転倒なので、まずはモビットのように信用できる業者で申し込みを行い、しっかりとカードローン審査の結果(通知)を受けてから、次の業者に対して申し込みを行ったほうが良いです。