モビットならパート・アルバイトも申し込み可!ポイントは安定収入!

お金を借りたいと思った時、最も心配なのが審査に通るかどうかではないでしょうか。特に、パートやアルバイトといった勤務形態で働いている人の場合、どうしても正社員と比較すると給料が低めになりがちなので、余計に心配になるかもしれません。

ですが、モビットでの借り入れをお考えの場合、パートやアルバイトの人でも申し込みは可能なんですよ!とはいえ、申し込んだ人全員が審査に通るというわけでもありません。ポイントとなるのは、安定収入を定期的に得ているかどうかです。

またそれ以外にも注意すべき点がありますので、モビットで借り入れをお考えのあなたに向けてパートやアルバイトの人が申し込む際の注意点をまとめてご紹介します!

パート・アルバイトもOK!?モビットの申し込み条件をチェック!

三井住友銀行グループの株式会社モビットは、有名な大手の消費者金融なので、CMなどで名前を聞いたことがあると言われる方も多いことでしょう。

そのため、モビットでお金を借りたいと考える方もいらっしゃることと思いますが、そんな時に気になるのが、どんな人ならモビットでお金を借りられるのかということですよね。

そこで、まずはモビットに申し込むことができるのはどのような人か、申し込み条件をチェックしてみましょう。

モビットの申し込み条件

モビットでは、申し込みできる人の条件として以下の内容を挙げています。

  • 20歳以上69歳以下の人
  • 安定した収入が定期的にある人
  • モビットの基準を満たしている人

この内容と合わせて、パート・アルバイト・派遣社員・自営業の人も利用可能ということを明記しています。

つまり、モビットではここに挙げられている条件を満たしていれば、パートやアルバイトの人でも申し込みが可能だということがわかります。

具体的ではない条件があることに注意!

モビットの申し込み条件を見てみると、年齢の条件ははっきりしていてわかりやすいですよね。そのため疑問に思うことはありませんが、その他の2つに関しては、ちょっと曖昧に思える部分があるかもしれません。

実際のところ、パートやアルバイト、派遣社員、自営業でもモビットに申し込めるとなっていても、審査に通るかどうかはまた別問題ということもあります。

では、どのような人ならモビットを利用しやすいと言えるのか、申し込み条件についてもう少し深く探ってみましょう。

パート・アルバイトが申し込めない場合とは?安定収入について考える

まずは、安定した収入を定期的に得ていることという申し込み条件について考えてみましょう。ポイントとなるのは、安定した収入という部分と、定期的にという部分です。

では、詳しく見ていきたいと思います。

給料が高いか低いかは審査の可否には影響しない!

パートやアルバイトという勤務形態で働いている人だと、年収が少ないから審査に通りにくいのではないか、と心配されがちです。

ですが、モビットでお金を借りる場合、審査を元に返済できると思われる金額までしかお金を貸さない仕組みがありますので、給料が高いか低いかは審査の可否には影響しません。ただし、借り入れができる金額には当然関係してきます。

モビットのような貸金業者に分類される業者を利用する場合、法律によって最大でも年収の3分の1までしかお金を借りることができないと定められています。これは、貸金業法という法律の中の、総量規制という決まりを元にしたものです。

そのため、年収によって借りられる金額には差が出てくるのですが、年収が低いことが原因で審査に通らないと言うことは考えにくいわけです。

とはいえ、年収が低い人がとても返済できないと思われるような金額の借り入れを希望した場合、返済管理能力が疑問視されて審査に通りにくくなることは考えられますので、年収が低いことが気になる人は、年収の3分の1という数字を超えることが無いよう、本当に必要な金額だけを希望することをお勧めします。

期間限定のパートやアルバイトは不可!

カードローンの場合、借りたお金を一括で返済するのではなく、毎月決められた金額を何か月にもわたって返済して行く形を取るのが一般的です。また、カードローンは利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れが可能な融資形態なので、追加で借り入れをすればその分返済期間も長くなります。

ということは、収入が安定せず、ある月は余裕があるけれど別の月は余裕がないとなると、返済ができる月とできない月が出てくることが考えられるため、モビットでは同じような収入を続けて得ていることが重視されます。

モビットの借り入れ条件として、安定した収入があることのみではなく、定期的に収入を得ていることが求められるのはそのためなんですね。となると、期間限定のパートやアルバイトをしている人の場合、この条件には当てはまらないことになります。

同じパートやアルバイトという勤務形態であっても、ある期間だけパートをしているというような場合や、短期のアルバイトを繰り返しているような場合、仕事をしていない時期には収入が得られていないので、安定した収入を継続して得ているとは言えないんですね。つまり、そういう人は申し込みができないことになるわけです。

パートやアルバイトを始めてすぐの人は要注意!

これは正社員でも同じことが言えるのですが、同じ職場に長く勤めていればいるほど、辞めにくいだろうと判断されて有利になります。逆に、その職場で働き始めたばかりの頃だと、まだそこで続けて働けるかどうかがよくわからないと判断されることになります。

そのため、モビットに申し込むには、少なくとも仕事を始めて半年は経っている方が安心だと考えられています。できれば1年が経過していれば、勤務年数が問題となって審査に落ちる可能性は低くなります。

とくにパートやアルバイトという勤務形態は、ただでさえ不安定だと思われがちです。そのため、仕事を始めてすぐにモビットに申し込んでも、通らない可能性が高いことは知っておきましょう。

他社借り入れがあれば不利?モビットの審査に悪影響な内容まとめ

では次に、モビットの基準を満たすということについて見ていきましょう。

これは、言い換えればモビットにきちんと返済をする人だ、つまり返済能力があると認めてもらえることだとも考えることができます。

もちろん、これにも様々な要素があることが考えられますが、中でもわかりやすい注意点がいくつかありますので、詳しく確認したいと思います。

モビットで申し込む前に既に他社借り入れがある

まずは、モビットに申し込む時点で既に他社借り入れがある場合です。

モビットに申し込む前にお金を借りた事がある人の場合、以下のような借り方をしているとモビットでの審査にとても不利になります。

  • 借り入れ総額が高い
  • 借り入れ先が複数ある
  • 返済がきちんとできていない

パートやアルバイトの人の場合は特に、もともとも年収が少なくなりがちです。モビットで借り入れができるのはどんなに高くても年収の3分の1までなので、すでに借り入れがあり、しかもその総額が年収に対して高い割合を占めていると、法律の関係もあってそれ以上借りられない可能性が高いと言えます。

それから、借り入れ先が既に複数ある場合、これからもあちこちでお金を借りるのではないかと予想されます。借り入れ先が増えれば増えるほど返済の管理も難しくなりますし、また借金の額が上がっていくことは誰が考えてもわかりますよね。そのため、借り入れ先が既に複数ある場合も、とても不利です。

最後に、これまでに借り入れがあり、その返済がきちんとできていない場合、これまでの借り入れすらきちんと管理できないのにこれから先新たに融資をし、借金が増えた状態で返済の管理ができるようになるとは考えにくいものです。そのため、返済ができていないという事実があれば、まず審査には通らないと考えましょう。

以上のように、モビット以外ですでに借り入れをしているパートやアルバイトの人の場合、モビットで新たに借り入れをするのはかなり難しいと言えるでしょう。

電話連絡がつかない場合

モビットにとって、申し込みをしたのが本当に本人であるのか、また申し込みの際に記載されている勤務先が虚偽ではないかということは、とても大切なことになります。もし本人でないのなら違う人にお金を貸すことになりますし、また記入された勤務先が虚偽であれば、収入に関する情報全てが信用できないことになるからです。

そのため、基本的には本人確認や勤め先確認のために、審査の際にモビットからの電話連絡があります。その際に電話が繋がらないと、申込内容に間違いがあるかどうかがチェックできません。そこで、電話連絡がつかない場合は、審査に通らない可能性がとても高くなります。

例えば職場の特性上電話連絡がつきにくく心配といわれる方の場合、モビットではWEB完結という申し込み方法を選ぶことも可能です。

これは、以下の条件を満たしている人に限り使える方法なのですが、この方法で申し込みができれば、電話連絡や郵送物が無いうえに、借り入れまですべてWEB上で手続きできるのでとても便利です。

  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかに申し込み者名義の普通預金口座を持っていること
  • 社会保険証・組合保険証のどちらかを持っていること

持っている健康保険証の種類によってはこの申し込み方法が使えないことがあるので、パート・アルバイトの人の場合、健康保険証の種類には特に注意が必要です。

また、この方法ならあまり詳しくチェックされずに利用ができるというわけでもなく、以下で挙げた書類の写しを提出することも求められます。

  • 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票・確定申告書・給与明細書直近2か月分など)
  • 勤め先が確認できる書類(健康保険証・給与明細書)

ここで言う健康保険証は、WEB完結を利用できる条件として挙げられている社会保険証もしくは組合保険証です。このように、電話連絡が無いとしても、きちんと本人確認や勤め先の確認をしているということですね。

パートやアルバイトの人の場合、給与明細書をもらっていないと言われる人も中にはいらっしゃいますよね。そのような場合は源泉徴収票も使えます。

とはいえ、パートやアルバイトの人は勤め先が確認できる書類の提出が難しいかもしれません。それは、ご本人が健康保険に加入している場合はよくても、配偶者が加入していることも考えられるからです。

そのため、パート・アルバイトの人という前提で考えるなら、WEB完結を利用できる条件を満たすことが難しいことも予想されますが、利用できる人ももちろんいらっしゃるので、ご紹介しました。

この方法を利用したいとお考えの方は、条件をきちんとチェックしておきましょう。

モビットでは安定収入があればパート・アルバイトも申し込みできます

以上のことから、モビットでは安定収入を継続しているという前提のもと、パートやアルバイトの人でも申し込みが可能だと言えます。

ただし、申し込みをすれば安心かというとそうではなく、審査に通ることが必要です。その際に影響を与えるのが、返済をきちんとできるかということと、すでにお金を借り過ぎていないかということです。

パートやアルバイトだとどうしても年収が低くなりがちですので、本当に必要な金額だけを借り入れすることに気をつけたいものですね。また、すでに借り入れがある人の場合は、まずはそちらの返済を優先させた方が安心だと言えます。

返済ができない状況を作らないように、上手な借り入れをしたいものですね!