最終貸付残高とは?モビットの利用明細や過払い金について知りたい

キャッシングやカードローンを利用すると利用明細が発行されて、利息であったり借入残高であったり取引状況を確認することができます。モビットの利用明細には最終貸付残高といったような項目もあります。最終貸付残高とは、一見どんな明細なのかわかりづらいですがどんな項目なのでしょうか。

またキャッシングやカードローンには過払い金といった言葉がありますが、これも利用明細に項目があるのでしょうか。モビットの利用明細や少数の人が思った疑問について紹介していきたいと思います。

モビットは利用明細が発行されない!?取引や履歴情報はWEB上で確認

キャッシングやカードローンでは融資や返済といった取引が行われたときに明細書の交付が義務付けられています。モビットでも例にもれず取引をしたら自宅または勤務先に明細書が交付されてしまいます。必ず発行されるので、利用明細が発行されないということはありません。

利用明細が発行されて自宅または勤務先に交付されるとなると、心配なのは家族や会社の人に借金がばれてしまうのではないのかという点です。この手のことを実際に心配している人も多く、インターネットでも質問されていることも見かけます。

モビットでは利用明細の交付で家族や会社の人にばれてしまうのを嫌う人のため、明細書をWEB上で見られるようになっています。

これを利用することで自宅または勤務先に利用明細を見られる心配も減るため家族や会社の人に借金がばれることが少ないです。ただ、万が一モビットのサイトにアクセスしているのがばれてしまい、借金がばれるということもゼロではないので、過信し過ぎに注意しましょう。

パソコンをはじめスマートフォンのアプリやモバイルからも明細書をダウンロードすることができるので、利用明細の確認もしやすくなっています。

返済が遅れてしまうと利用明細が自宅に送られることに

注意点としては、借金の返済が長期間に渡って行われないと自宅に書類が郵送で送られてくることです。

自宅に郵送されるので、家族にも借金のことがばれてしまうので、書類が送られてこないよう返済はキチンと行う必要があります。モビットも例外ではないので、WEBで利用明細が見られるからといって返済を軽んじてはいけません。

キャッシングやカードローンを利用している人は、返済が遅れてしまっている人または返済をしていない人も多くいます。借金をするなら返済のこともよく考え、家族とよく相談してからお金の融資をすることをオススメします。

明細書と一緒に領収書の交付にも注意!

モビットだけではありませんが、明細書の他に領収書が発行されます。銀行振込や口座引落、提携コンビニで返済した場合に領収書が発行されることになっています。この書類が見つかると家族に借金がばれてしまうので注意が必要です。

領収書の送付は停止することができるので、家族にばれるのを防ぐなら送付を停止されておきましょう。領収書の送付の停止する申し付けができるので、領収書が不要なら申請しておきましょう。

また、この領収書もWEB上での確認が可能になっています。利用明細と一緒に確認することができるので、必要ならパゾコンで確認するとよいでしょう。

最終貸付残高とはなに?モビットの利用明細でわかること

キャッシングやカードローンによって変わると思いますが、モビットの利用明細の場合はこんな項目があります。

  • 取引日
  • 取引金額
  • 元金充当額
  • 利息充当額
  • 取引後残高
  • 最終貸付日
  • 最終貸付残高

明細書1つだけでもこれだけの情報がわかり、明細書を見るだけでお金の融資を行ったのか分かってしまいます。家族にばれたくないという人は明細書を見られないように注意しないといけません。明細書の項目の中にはこれがどんな項目なのかわからない人も少なからずいます。

例えば「最終貸付残高」とはどういう項目かというと、これは最後に取引した段階での借金の総額になります。

現在の借金の残高がわかるので融資を受ければ増えるし、返済すれば減ります。利息充当額というのはそのまんま利息で、返済額のうちいくらが利息なのかわかります。元金充当額というのは返済額から利息を引いた金額で、この元金充当額が実質の借金返済にあたります。

WEB上でダウンロードされる明細書にも同等の情報を確認することができます。家族にばれたくないとか、利用明細書の処分が面倒といったような人はWEBでの利用明細を確認するとよいでしょう。

WEBで利用明細を確認するなら「Myモビ」に登録しよう

WEB上で利用明細を確認するにはMyモビの利用登録する必要があります。

モビット会員だけでは利用することはできないので、必ずこちらのMyモビにも登録してください。特にお金が掛かるというものではないので、モビット会員の人なら登録することが可能です。Myモビは利用明細の確認以外にも様々なことができます。

  • 振込
  • 利用状況
  • 登録内容変更
  • カード紛失の連絡
  • 書類提出
  • 相談
  • ATM・ローン申込機検索
  • Myモビメッセージ

このよう利用状況を始め登録情報やカードをなくしてしまった時にも利用することができます。プライバシーにも気を使っているので安心して利用することが可能です。

パソコンだけではなくスマートフォンアプリやモバイルからでももちろん利用することができます。便利になっているので、Myモビを利用する、利用しないに関わらずいざという時のために登録だけでもしておくとよいでしょう。

融資関連の相談もしてくれるので、初めて融資をする人は相談してよく返済計画を考えて置くと、返済が遅れてしまう心配も減ります。

モビットで過払い金の請求はほぼ不可能!そもそも過払い金とは?

最近、過払い金という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

過払い金というのは、払い過ぎた利息のことで申請すれば取り戻すことができます。

カードローンの金利は利息制限法で金利の割合の上限が決められていて、この上限以上の金利になっている場合に過払いは発生します。

融資額 金利
10万以下 20%
10万から100万以下 18%
100万以上 15%

金利の割合の上限はこのようになっていて、現在のキャッシングやカードローンは基本的に上記のような金利とあります。誤差はありますが、17.8%といったように上限を超えることはありません。

例えば過去に融資額が10万以下だったのに、金利は29%だったといった場合は過払い金が発生しています。モビットでは利息が違法な数値に設定された過去がなく、違法な利息を取られている可能性はかなり少ないです。

つまり過去、現在モビットで借入をしている人は、過払い金が発生していることはほぼないということになります。

知っておきたい過払い金の計算方法!

実際に過払い金がどのように発生するのか、どれくらい発生するのか計算してみたいと思います。現在だと利息や返済方式によっても変わってくるので、参考程度にお考え下さい。

今回の場合は借入額が10万円で毎月2万円ずつ30日後に返済ということにしておきます。このとき返済額は毎月2万円固定で利息が含まれているとします。つまり、2万円-利息が借金の返済に充てられることになると考えます。金利は18%ということにします。

借入額 返済額 利息 残高
100000円 20000円 1479円 81479円
81479円 20000円 1205円 62684円
62684円 20000円 927円 43661円
43661円 20000円 645円 24306円
24306円 20000円 359円 4665円
4665円 4665円 69円 0円

このように計算され、最終的に支払った利息は4684円ということになります。利息は18%で計算しているのでこれは違法ではありません。次に上記の条件で29%として計算してみます。

借入額 返済額 利息 残高
100000円 20000円 2383円 82383円
82383円 20000円 1963円 64346円
64346円 20000円 1533円 45879円
45879円 20000円 1093円 26972円
26972円 20000円 642円 17614円
17614円 17614円 181円 10円

利息が29%の場合だと合計で7795円の利息がとられていることとなります。18%の利息の時と29%の利息の時利息の誤差を確認してみると7795-4684で3111円になりこの3111円が過払い状態ということになります。

今回は借入額も返済回数も少なかったと思いますが、借入額や返済回数が増えればもっと過払い金の額が莫大になっていることも考えられます。過去に違法な金利設定のキャッシングやカードローンを利用していた経験がある人は過払い金が発生している可能性が高いので、ご自分でも一度計算してみましょう。

発生しているようならすべて自分で手続きするのは大変になるので弁護士に相談して、過払い金の請求を行いましょう。

過払い金は時効になっていることも!取り返せないこともある

過払い金は取り返せないこともあり、時効になってしまうと取り戻すことができません。

時効になる期間は最後に取引を行ってから10年以内となっていて、10年を過ぎてしまうと取り戻せません。時効にならないうちに過払い金があるのか自分で確認しておく必要があります。10年を過ぎると過払い金はほぼ戻ってくることはないので、過去に借金がある人は利息がどれくらいであったかよく確認しておきましょう。

過払い金のことで相談する時は弁護士にも注意する必要があります。弁護士の中には悪徳なものもおりさらにある被害を受けることも考えられます。

例えば過払い金の金額を偽ったり、その誤差をそのまま弁護士の人に持っていかれたり、このような悪徳業者も中にはいます。弁護士選びにも注意しましょう。

過払い金請求の取引記録や引き直し計算書といった書類を用意してくれない弁護士は悪徳である可能性が高いです。

モビット以外なら発生している可能性はある

モビットでの過払いはほぼあり得ませんが、他の消費者金融で融資をしたことがある人の中には過払い金が発生していることもあります。

また、複数のキャッシングやカードローンを利用していたという人は、その中の一つで過払い金が発生しているということもあります。過去に借金があるという人は、もう一度よく過払い金が発生していないのか確認しておきましょう。

モビットのような過払い金が発生することがほぼないキャッシングでも、何かの手違いで過払い金が発生しているということもゼロではありません。まずは過去の借金の取引状況をよく確認してみましょう。

モビットを利用する前や利用時、審査途中の細かい疑問を解決!

モビット利用前にちょっとした気になる疑問がある人もいるでしょう。例えば書類を提出しなかった場合はどうなるのかとか、書類はどうやって提出するのかなどあげればきりがありません。

モビットの場合だけではありませんが、キャッシングやカードローンを利用本人確認書類は必ず提出しなくてはいけません。提出しないと融資を受けることはできませんので注意しましょう。

また収入証明書の提出を求められた場合も同様で、収入証明書の提出が行われないと融資を受けられません。また、実際にキャッシングやカードローンの利用中に収入証明の提出を求められ、それを行わない場合は借入ができなくなることもあります。

つまりモビットなどキャッシングやカードローンを利用する場合、必ず書類の提出を行わなければいけません。

他社のローン審査に落ちた場合ではモビットで通ることも!

キャッシングやカードローンではよくある話ですが、1社目に申し込みをしたけど審査に落ちてしまった、その後に2社目に申し込みしたら審査に通ったといったことはよくあります。モビット以外のところで審査に落ちてしまったけど、モビットでは審査に通るといったことも普通にあります。

審査は必ず通るという訳ではありませんので、第一候補だけではなく第二候補、第三候補も探しておくと審査に落ちた時に困りません。複数のキャッシングやカードローンに申し込みをしても特に問題はないので、落ちた場合は他社に申し込みしてみてもよいでしょう。

ただ申し込みのし過ぎは逆に悪影響になります。2社または3社までにしておきましょう。また、審査に落ちるということは申し込み者に問題あるということも考えられます。

審査結果の詳細は申し込み者には伝えられませんが、最近はインターネットで調べるとどんな理由で審査に落ちるのかだいたいの理由が掛かれていますので、確認しておきましょう。

モビットで返済期限切れの借金がある!これを一括返済した場合

例えば過去にモビットで融資を受けていたという人の中には、返済をしていなくて返済期限が過ぎてしまった借金を持っているという人も少なからずいます。その人が年月を経て借金を一括返済した場合新たに借入することができるのかということです。

この場合は新たに借入することはほぼ不可能といってよいでしょう。最も悪いとブラックリストとして記録されているということも考えられます。後日一括返済したとしても、新たに借入することはできないので、キャッシングやカードローンを利用する場合は新たに申し込みを行う必要があります。

3か月以上の返済遅延や返済未納があるとブラックリストに記録されている可能性が非常に高いです。ブラックリストに記録されている場合、モビット以外でも借入が不可能となることもあります。

借入ができるようになるのは、一括返済をしてから5年以上の期間をあけないと新たに借入することができないし、申し込みをしても審査に落ちる可能性が高いです。返済は今後の融資にかかわってきますので、必ず返済計画を立てて返済遅延がないように気を付けましょう。

モビットは消費者金融!総量規制で借入額には制限が

モビットは消費者金融なのかといった疑問も見かけることがありますが、モビットは消費者金融となります。総量規制の対象になるので融資は年収によって左右されます。

総量規制の対象になる消費者金融では融資を受けられるのは年収の3分の1までと制限されてしまいます。例えば年収が450万円の人は最高で150万円までの融資ができるということになります。

高額の融資を受ける場合には、その金額が自分の年収の3分の1を上回っていないのかよく確認しておく必要があります。

モビットのWEB完結は国保だとNG!

モビットのWEB完結申込は電話なし、郵送なしで融資が行えるという申し込み方法の1つなります。書類の提出もインターネットからできるので、非常に便利な申し込み方法といってよいでしょう。即日の融資にも対応しているので、すぐにでも融資したいと困った人にも向いています。

このWEB完結申込ですが、保険証を提出する必要があるのですが、国保は認められていません。保険証が国保という人はWEB完結申込ができない可能性が高いので、通常申し込みを行うようにしましょう。

  • インターネット
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機

WEB完結以外では上記の方法で申込することができるので、国保の方はWEB完結ではない方法でお申し込みしてください。

モビットでの借金が原因で会社をクビに!?

モビットで借金するにあたり心配なのがやはり、借金をしたせいで会社をクビになるのではないのか、という疑問点です。

勤務先や仕事については特に問題はなく、借金があるからといってクビになるということはありません。他にも借金があると就職活動に影響を与えるのかとか勤務先に影響を与えるのといった疑問がある人も少なからずいます。

こちらも特に問題はなく、借金があるからといって就職活動で不利になるといったことはありません。

就職活動中の学生の方だと気にしている人も多いようですが、特に問題ないので申し込みを検討してみるとよいでしょう。

ただ、注意点としては信用情報を扱う勤務先や就職先だと影響を与えることもあります。信用情報を扱うお仕事をしているまたは、これからしようと考えている人は注意が必要となります。

モビットはWEBでだけで完結!疑問を解決してから利用しよう

モビットのようなキャッシングやカードローンの初めて申し込みを行う人は不安がある人も多いでしょう。詐欺ではないのかとか返済は大丈夫なのだろうだとか、その他疑問があってなかなか申し込みをする勇気がないという人もいるはずです。

モビットのような大手の消費者金融では詐欺などに合う心配もなく、融資に関する相談も受け付けてくれています。インターネットにも情報が豊富にありますので、探せば疑問を解決できる可能性が高いです。

各キャッシング業者ではそれぞれ融資関連の相談も受け付けているので不安があるならば相談することも可能です。疑問を解決でき相談して返済計画を十分に考えることができたのであれば申し込みをしてみましょう。

モビットで融資を受けるのであれば返済には十分気を付けて、期日までに返済ができない、なんてことがないようにしましょう。消費者金融の融資で返済ができなくなってしまい、債務整理する人も少なくないので返済には気を付けて利用するようにしましょう。

インターネットだけで利用することができるので利便性はとても高いです。あまり慣れすぎはよくありませんが、非常に融資もしやすいのでいざという時のためにモビットの利用を検討してみてはどうでしょうか。