どうしよう!モビットカードを紛失したらするべきことはコレ!

お財布を紛失すると、焦りますよね。中に入っていたお金も心配ですが、中にカードを一緒に入れていた場合が、本当に困ります。免許証や、保険証、銀行カード、クレジットカードなど貴重品が一瞬ですべて無くなるのですから、慌てるのも無理ありません。しかし、そんな時こそ冷静にカード使用停止の手続きをするのが大切です。

悪用される前に、少しでも早く手続きをしましょう。証明書やカードによって手続きは異なりますが、ローンカードなどは手続きの流れは似ています。ここでは、多くの人が利用している、三井住友銀行グループのモビットカードの紛失手続きを中心にお話ししていきたいと思います。

優先順位は?モビットカードの紛失手続きが1番目!

お財布を落としてしまったら、まずやるべきことは、中に入っていたものの確認と、各種カードの紛失届けの手続きです。

例えば財布の中に免許証、保険証、モビットカードが入っていた場合、一番目に手続きするべきは、モビットカードの紛失連絡です。

モビットカードを利用する場合、パスワードが必要ですから、すぐに悪用されるわけが無いと考える人も多いと思います。確かに、パスワードが判らなければ利用できませんから、モビットカード単体で紛失した場合ならば、もしかすると被害に合わずに済む事もあるでしょう。

しかし、財布ごと紛失した場合は、一緒に入っていた免許証や保険証など他のカードから推測されてパスワードが判別されることがあります。免許証や保険証も大切ですが、すぐに悪用されやすいのはモビットカードですから、まずはモビットカードの紛失手続きを1番に行いましょう。

モビットカードのパスワードは誰にも教えない!知られない!

本当に当たり前の事ですが、モビットカードのパスワードは、自分だけが知っている番号にしましょう。どの様なカードでも、「パスワードは他人に教えないでください!」と強く警告されています。

クレジットカードなどは、悪用された場合に保全措置(悪用された分の支払い免除等)などが有りますが、パスワードが生年月日、電話番号など推測されやすいものを登録しておいて悪用された場合の免除などは無く、カードの持ち主が責任を負うことになります。

ちなみに、モビットの会員規約には、「カードの紛失、盗難、暗証番号の漏洩その他の事由により、第三者にカードを不正使用された場合、お客様は一切の責任を負います。」となっており、いかなる理由であっても、責任を負うことになりますから、パスワードの管理は慎重に、間違ってもお財布にパスワードのメモなど入れておく事の無いようにしましょう。

モビットカードを紛失した場合、早急にココに連絡する!

モビットカードを紛失したら、すぐにモビットコールセンターに電話します。フリーダイヤルなので、手元に携帯などが無くても、公衆電話からでもかけられます。ただし対応時間は、9時から21時までなので、それ以降の場合は、パソコンやスマホから会員専用サービスサイト「Myモビ」で、連絡しましょう。

「Myモビ」なら、利用状況も確認できるので、不正使用されていないかも確認する事ができます。

電話で連絡する際は、特に必要なものは有りません。本人確認のため、名前、生年月日、住所、登録している電話番号を聞かれます。

本人確認で本人と判断されれば、即時でモビットカードの利用停止をしてもらえます。これで、不正使用はされることはありませんので、落ち着いてその後の手続きに着手しましょう。

併せて覚えておきたい、運転免許証、保険証の手続き!

モビットカードの紛失手続きが完了したら、その他に紛失した運転免許証や、保険証のカードの手続きを行います。免許証、保険証は、最寄りの交番で「遺失届」を提出することができます。交番ではどこの辺りで無くしたなど細かく聞かれますので、分かる限り答えます。

警察に遺失届を出した後は、ただひたすら発見されることを待つことになります。しかし、見つかるまでの間、「車の運転も、病院に行く事もできない」と言うことはありません。

実は、警察に遺失届を出さなくても再交付の手続きはできます。運転免許証は自分の住んでいる都道府県にある運転免許センターにて免許証の再交付手続きをします。健康保険証は、国民健康保険ならば、本人の居住する市町村役場で、サラリーマンの人なら属する健康保険組合に申し出ることで再発行の手続きができます。

再発行手続きをするに当たって、遺失届を提出することは義務になっていませんが、悪用されると事件に巻き込まれる可能性もありますから、遺失届の提出はしておくべきですね。

紛失したら見つかるまでモビットカードは使えないのか?

紛失連絡すると、利用停止の状態になり、見つかるまで利用できないことになります。しかし、それでは不便ですので、大抵の人が紛失連絡と同時に再発行の手続きをする人が多いようです。

再発行の手続きをすれば、新しいカードが手元に届いた日から利用が可能になります。

再発行時には、再度身分証明書の提出を求められることもありますので、問い合わせ窓口の指示に従って手続きしましょう。

再発行依頼直後に、紛失したカードが見つかっても、そのカードはもう利用できませんので、カードを切って廃棄しましょう。

モビットカードを絶対に無さない!「WEB完結」ならカード無し!

どんなに気を付けていても、絶対にカードを無くさないという保障はありません。それでも絶対に失敗したくない人は、「WEB完結」を利用するのがベストだと思います。

「WEB完結」は、申込みから借入までをすべて、パソコンやスマホで手続き完了する仕組みです。忙しい人や、手続きに出歩きたくない人には、ぴったりの利用方法です。

WEB完結の申込みができる条件はコチラ!

  • 三井住友、三菱東京UFJ銀行のいずれかに普通預金口座がある人
  • 全国健康保険協会、又は組合健康保険証を持っている人

モビットは三井住友銀行グループなので、三井住友銀行の口座を既に持っている人や、業務提携先の三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人は、申込みから利用までの時間が、大幅に短縮されるので、おすすめの利用方法だと思います。カードは発行されませんので、紛失する恐れは全くありません。

「Myモビ」を利用すればモビットカード紛失の対応もスピーディー

先にも触れましたが、会員専用サイト「Myモビ」を利用することで、紛失の手続きをスムーズに行うことができます。即時にカード利用の停止ができるので、電話連絡よりも手続きが早いといえます。パソコン、スマートフォンを持っている人は、会員専用サイト「Myモビ」に登録しておくのをおススメします。

「Myモビ」を利用すればこんなに便利!

「Myモビ」に登録しておけば、振込融資が受けられるので、カードを持たないでキャッシングを利用できます。振込融資とは、あらかじめ登録しておいた自分の銀行口座に借りたい金額を送金してもらう仕組みです。これを利用すれば、モビットカードを持ち歩かなくても、キャッシングを利用することができるのです。

モビットカードの利用方法は、一度にまとめて借りてその後はしばらく利用しない人や、常にモビットカードを携帯して利用したい人など様々です。できるかぎり紛失しない為には、持ち歩きを控えることも検討することも必要かもしれません。その代わりとして、「Myモビ」を活用すれば、カード紛失の危機を回避することができます。

まさかの紛失に備えて、カードは分散させておくことが大切

モビットカードを紛失した場合の手続きについてお話してきましたが、意外と手続きは簡単だと感じられたと思います。電話一本で、すぐに利用を停止できますから、慌てず手続きをしましょう。

カードを直接使わないで利用できる会員サイト「Myモビ」や、申込みから借入まで全てをパソコン、スマホで完結してしまう「WEB完結」などを利用すれば、カードを紛失する可能性はグッと低くなりますので、上手く活用すると良いでしょう。

とは言え、カードも捨てがたいものです。その場で思い立った時に、すぐにキャッシングできるのはカード最大の強みと言えます。カードを全て排除した生活というのは、到底無理な話ですから、持ち方を考えるのが良い案だと思います。

財布に、運転免許証、保険証、モビットカード、クレジットカードとすべてを入れておくのは非常に危険です。一つの入れ物に沢山のカードを入れるのではなく、他のカードケースに分けて入れたり、クレジットカードなどであれば、複数枚を持ち歩かないなどの対処をとってリスク分散することが、紛失による不正利用防止に役立つと思います。