モビットの利息はいくら?実際の金利の利率を使って計算してみよう!

カードローンを申し込むときに利息を気にして金利の利率で選ぶ人がいますが、実は利息と金利の関係をよく知らない人もいて、どうも利息と金利を混同している場合もあるため、よくこのあたりを整理しておく必要が有ります。

利息と金利の関係を理解したところでモビットの金利は高いのか低いのかを知るため、他の銀行や大手消費者金融のカードローンと比較して利息はどのようになるのかを確かめてみることにしましょう。

利息は確かに金利が割高になれば高くなっていきますが、ローンの利用方法次第で、この利息を少なくすることも可能になるため、利用方法を工夫することが有利な利用を行うためには必要になります。

ローンを有利にするに利用する方法!利息と金利の利率の関係を知る

ローンを有利に利用するには利息を少なくする必要が有ります。利息は金利の利率によって決まると考えている人が多いと思いますが、実際には利率だけで決まるものではありません。借入期間も重要な要素になります。

カードローンの利用限度額と金利は審査によって決められますが、審査で確認されるのが信用というもので、信用の評価次第で適用される金利の利率は変わってくることになり、信用が高いほど有利な設定になります。

設定された金利は、そう簡単には変更されませんが、利用限度額の増額とともに見直され有利な利率に変更されます。ただしこの利用限度額の増額のためには再度審査を受けなおし、信用を再評価してもらう必要が有ります。

利息は金利の利率だけでは決まらない

利息を考える時、利息と金利を混同している人をときどき見かけます。また金利の利率が高いと、単純に利息も高いと考えている人も多いはずです。たしかに利率は利息に影響しますが、利息というものはそれだけでは決まらないのです。

利息の計算方法は次の数式によります。

利息 = 元本(借りた元々のお金)
    ×金利(通常年利で表した利率)
    ×借入期間(年利に合わせて年換算した借入期間)

この式を見れば分かる通り、利息は金利だけでは決まりません。元本の金額にも影響されますし、金利と同じように借入期間も大きく影響することになる訳です。

したがって、金利の利率が高い場合でも借入期間が短ければ、利息は大きくなりませんし、逆に金利の利率が低い場合でも借入期間が長ければ利息は大きくなってしまう訳で、要するに借り方次第ということができます。

利息を減らす借り方
利息を減らすためには金利が変えられないと仮定すると、元本か借入期間で調整することが必要です。

まず借り方ですが、月に5万円借りるとして、最初に5万円借りてちびりちびりと利用して行けば借入れ回数は1回になりますが、5万円をずっと借りていることになります。

これに対して1万円ずつ5回に分けて必要になった時に借入する場合を考えてみましょう。こうするとずっと5万円借りているよりも、それぞれ借入期間が変わり、借入期間を短縮することができます。

ただしこれには借入のためにATMの利用手数料がかからないという前提でなければお得な利用にはなりません。

また月々の返済の他に随時返済できる返済方法が用意されているカードローンであれば、それを利用してお金ができた時に返済してしまえばそれだけ借入期間を短縮できることになります。

利用限度額と金利は審査によって決定される

では自分がカードローンを使う際に適用になる利用限度額と金利はどのように決定されるのでしょうか。

カードローンを申込むとまず審査が行われますが、審査では貸すか貸さないかだけではなく貸す場合にはこの2つも決められます。

そしてこの2つはカードローンの場合実は連動していて、利用限度額が高額になれば金利は小さくなり、利用限度額が少額になれば金利は大きくなります。そしてこの2つを決めるのが審査で評価される信用と言うものです。

要するに信用が高い人には高額の利用限度額で小さな金利で貸しますし、信用が低くなるにしたがって、利用限度額は少額になっていき金利は高くなって行く訳です。

そしてこの信用と言うのは金融機関と利用者のお付き合いの深さによって決まり、長期にわたって適正な利用をしてくれる利用者ほど大きな信用と評価されることになります。

では申込時のことを考えてみましょう。まだ金融機関と申込者の間にはお付き合いはありません。このため、カードローンの申込時と言うのは、ほとんどの人の信用評価は低く利用限度額は少額で金利は高く設定されます。

金利の見直しは利用限度額増額の時に一緒に行われる

ただし、カードローンでは利用限度額は見直してもらうことができます。通常利用限度額の増額と言っていますが、信用に沿って利用限度額を見直し、この時に適用される金利の利率も見直しになります。

この利用限度額の増額には申し込みが必要で、この申込みを行えば、最初の申込時と同じ審査が行われて、お付き合いが進んでいれば信用評価が上がっており、それに見合う利用限度額と金利が適用されます。

しかし注意が必要な点も有ります。お付き合いの結果、信用評価が上がっていればよいですが、下がっていれば、それによって利用限度額が見直されますから、増額してもらうつもりが減額になり、金利は高くなる可能性が有ります。

モビットの金利は高いのか低いのか?他の業者と比較してみる

ではモビットの金利と言うのは一般的に見て高いのでしょうか低いのでしょうか。モビットは消費者金融ですから銀行よりもリスクの高い利用者にも融資することになります。一般にリスクが高ければ高いほど金利は高くなります。

このため金利を比較した場合、よりリスクの低い利用者にしか融資しない銀行のほうが低い設定になり、モビットは他の大手消費者金融などとほぼ同程度の金利設定になっていると考えることができます。

ただし現在では法定上の上限金利が低く抑えられていることも有って、利率は高いとは言っても実際の利息は銀行と比較してもそれほど大きな違いが出るようなことは有りません。借り方次第と言っても良いでしょう。

モビットは消費者金融で銀行よりもリスクの高い利用者が多い

モビットは歴史的には新しいので、新興の大手消費者金融ということができます。金融機関と言えば銀行が頭に浮かびますが、現在ではモビットのような大手消費者金融も重要な位置を占めるようになっています。

これはカードローンのように少額のお金を簡単に借入れできる仕掛けが必要とされているということです。通常は銀行の利用を考えますが、人にはそれぞれ返済能力や信用面の違いが有り、銀行では審査通過が難しい人も多いのです。

そういう人の受け皿になっているのが消費者金融と言う存在です。そういった位置付けの消費者金融ですから、申込んでくる人の信用は銀行よりも低い傾向が有り、要するに融資するにはリスクが高くなるわけです。

銀行よりも割高の金利で大手消費者金融と同程度

一般的に言えば信用の評価によって融資する場合に適用される金利が決まり、リスクが高くなればなるほど金利も高くなっていきます。カードローンの金利に大きな幅があるのは申込者の信用に合わせることができるようにするためです。

各金融機関のカードローンの金利設定は次のようになっています。

カードローン 金利
モビット 3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクィック 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
これを見れば分かると思いますが、銀行よりもリスクの高い申込者がくるであろうモビットの場合には銀行より最高金利が4.0%程度高い設定になっています。また他の消費者金融とは同じような位置付けのためほぼ同じ程度になっています。
消費者金融の金利
消費者金融は大手消費者金融の他に街中には更に小規模な街金と呼ばれる中小の消費者金融が有ります。これ等の中小の消費者金融は大手消費者金融の審査にも通らないようなさらにリスクの高い人が利用する場合が多くなります。

このためこれらの中小消費者金融の金利はさらに高くなり20%程度になっている場合も珍しくはありません。この20%と言う金利は現在貸金業が付けられる上限金利で、法的にこれ以上の金利は付けられません。

ところが利用者の中にはさらにリスクの高い人がいて、これらの中小の消費者金融でも借り入れできない場合も少なくありません。そこでそういう人を狙っているのが闇金です。

この闇金は法令を無視してさらに高い金利を付けている場合が有り、取り立ても過酷なものが有るため、どういった状況になったとしても、絶対に利用してはいけない業者です。

実際に利息の計算をしてみよう

では実際にモビットと銀行の間で利息にどの程度の開きが有るのか計算してみましょう。

条件は10万円を1か月それぞれ最高金利で借りた場合とします。

  • モビットの場合
利息 = 10万円 × 18.0% × 30/365 ≒ 1479
  • 三菱東京UFJ銀行 バンクィックの場合
利息 = 10万円 × 14.6% × 30/365 = 1200

つまり1月後の利息の差は279円ということになります。カードローンはローンとしては非常に小口で、かつ現在では消費者金融もそれほど大きな金利が付けられませんから、この程度ではそれほど大きな差にはなりません。

もちろん何か月も繰返し利用すればちりも積もれば山となるで、差は大きくなっていきますが、要するに使い方次第ということです。

割高の金利でも利息は借り方次第!利息を抑えるコツとは

そこで多少高い金利でも利息を減らす借り方について考えてみましょう。まず利息は借入期間によって変わって来ますから、借入期間を短くすれば効果的に利息を減らすことができ、金利が高くても利息の違いはごく小さくなります。

そこで借入れを一気に大きな金額ではなく、必要な時点で少額づつ借入れするようにすれば借入期間は多少でも短縮することができるようになります。つまり借り方を工夫して借入期間を短くするわけです。

もう一つは月々の返済の他に用意されているモビットで言えば追加返済と言う返済方法を利用して、余分なお金ができた時には追加で返済してしまえば、やはり借入期間を短縮することが可能です。

短期の利用ならば利息はそう変わらない

先ほど計算したように銀行とモビットの間の金利差は4%程度ありますが、一カ月月程度の短期の借入であれば利息にそれほど大きな差はできないということが分りました。

またもう一つ言えることは元本の金額が大きくなければ金利差が大きかったとしても、やはり利息の差はそれほど大きくはならないということです。

つまりモビットを借りる人は銀行よりも金利が高いから高額の利息を支払わなければならないと悲観する必要は無いのです。

借入額を絞って短期の利用を心がければ、それほど利息負担は変わらないような利用も可能ということです。

借入れ上の工夫で借入期間を短縮する

そこで必要になってくるのが借入れ上の工夫です。

例えば多めに借りておりて少しづつ利用していくのと、必要になった時に少しづつ借入していくのとを比較すれば後者の方が借入期間が短くなる部分が出て有利です。

また必要な金額を正確に計算することも重要です。だいたいこの程度のお金が必要だから、余裕も見て少し足して多めに借りておこうと考えるのは多くの人の共通した利用方法ですが、それでは不必要な借り入れ分が出る可能性が有ります。

そこで借り入れを考える場合には、できるだけ精密な見積もりを行うことで、借入額を増やさないことが大切です。あやふやな部分は多めに見積もるのではなく、正確に見積もれるまで待つことも必要なのです。

追加返済を利用して借入期間を短縮する

多くのカードローンには返済方法として月々返済して行くモビットで言えば約定返済と、もう一ついつでも返済できる随時返済とかモビットで言えば追加返済という2つの方法が用意されているのが普通です。

通常追加返済を使うような事はあまり考えませんが、実はこれを使うことによっても利息を減らすことができます。

例えば賞与などが入り、他の月とは違いさらに大きなお金が用意できる場合にはこの追加返済を利用して支払えるだけ返済してしまいましょう。そうするとその分の元本が減りますから、以後の利息はその減った元本で計算されます。

そうすると元本自体が減るわけですから、以後の返済分では利息が減り、元本が効率よく返済できるようになって返済期間が短縮され、利息を大きく減らせる可能性が有ります。

このように借入方法や返済方法を工夫することによって、金利が高めであっても支払うことになる利息を減らし、銀行並みの有利な返済にすることができる可能性も有るのです。

随時返済を利用する場合の注意
随時返済は便利な機能ですが、カードローンによって仕様が違うため注意が必要です。この随時返済には次のような種類が有ります。

  • 随時幾らでも返済することができる
  • 一括して返済できる

つまり前者であれば余裕な資金を有効に使って、残額に満たなくても返済することができますが、後者の場合には、残額以上の余裕資金が必要になるということです。

カードローンでは前者の様な仕様のほうが多いのですが、もしこういった随時返済も考えて返済を行いたいという考えを持っているのであれば、この点についてよく確認してカードローンを選ぶ必要が有ります。

借りてから実は一括返済しか対応していなかったとしたら、なかなか利用しにくいので、その分利息の節約ができず、損失に繋がってしまうことになるかもしれません。

ローンの有利さは利息で判断してはいけない!他にもかかる費用が有る

ここまで利息によりローンの有利不利を考えてきましたが、実際には利息の他にもローンに伴って元本の返済以外に掛ってくる費用と言うものが存在していて、有利な利用を行うのであればそれらも考えておく必要が有ります。

まず考えられるのはATMの利用手数料です。モビットは自前のATMを持っていませんから、提携ATMばかりということになります。グループ企業である三井住友銀行は掛りませんが、その他の提携先のATMの利用には要注意です。

また返済を忘れてしまうと、遅延損害金が請求されますから、返済についても十分注意しておかなければなりません。口座引落しだから大丈夫と思っても、残高不足ということも有るので、気を抜くことはできません。

ローンの有利さは元本の返済以外に幾らかかるかで判断すべき

利息によってローンの有利な利用を考えて話を進めてきたわけですが、実はこれだけでは片手落ちです。純粋にローンだけを考えた場合、利息の高低が有利さに繋がりますが、実際の利用場面では、利息以外にもお金を払っているものが有るのです。

これには次のようなものが考えられます。

  • ATMの利用手数料
  • 返済の方法によっては振込手数料
  • 返済が遅れた場合の遅延損害金

返済方法については手数料がかからないものを選ぶとして、他の2つについては以後に説明します。

このように利息以外にもローンを利用していると掛ってくる費用というものが有るわけです。

そこでローンの有利不利を考える場合には、こういった元本の返済以外にどのようなお金がどのくらいかかるのかで考えるべきでしょう。

金利の利率ばかりを気にして、カードローンを選んだのに、ATMを使う時にいつも利用手数料を引かれていたのでは、何のために利率を気にしているのか良く分らなくなってしまいます。

ATMの利用手数料は馬鹿にできない

まずATMの利用手数料を考えてみることにしましょう。モビットの場合店舗も無ければ自前のATMも有りません。このためATMから融資を引き出す場合には必ず提携金融機関のATMを利用する必要が有ります。

提携先の金融機関は次のようなところが有ります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • E-net
  • ローソン

この他ネット銀行を始め各地の地方銀行や一部の大手消費者金融が含まれています。

このように提携先が非常に多いため、国内ならどこに行っても利用が可能で大変便利そうに見えるのですが、実は手数料無料で利用できるATMは三井住友銀行のATMだけなのです。

その他の金融機関のATMを利用した場合、108円あるいは216円の利用手数料を引かれてしまうことになります。そこでこれを利息と比較してみましょう。

利用者によって一回の借入額は違いますが、とりあえずここでは3万円借りたとしましょう。金利は18.0%で30日間借りたとすると、次の様に利息が計算できます。

利息 = 3万円 × 18% × 30/365 ≒ 444円

これを借りるのにATMを利用して216円の利用手数料を引かれたとします。この場合元本の返済以外に660円が必要ということになるわけです。これを金利に換算してみましょう。

金利 = 660 / 3万円 / 30×365 ≒ 27%

つまり金利18%で借りているにもかかわらず実質的には金利27%の利息を払っているということになります。このようにATMの利用手数料は無視して良いほど低額ではないのです。

返済を忘れると余分にお金がかかる

さらにお金がかかってしまうのが返済忘れです。もし返済日に返済しなかったり引落しができなければ、モビットの場合年率にして20.0%の賠償額が請求されることになります。つまり利息の金利よりも高いのです。

しかしこれはしっかり返済していれば掛るお金ではありません。そこで返済日を忘れない様にすることが重要になります。

中には銀行引き落としにしてあるから返済を忘れるというような事は無いとたかをくくっている人を見掛けますが、この場合にも残高不足と言うのはよくあることです。

ですから、返済を始めたら月々返済日を忘れず、入金するかあるいは引落し口座の残高を確認することを忘れない様にしなければなりません。

このためには毎月思い出すような仕掛けを作っておくか、給料日に入金してしまうというように習慣化することが必要でしょう。

返済方式にも注意
返済方式と言うのは例えばよく聞くのがリボルビング払いというもので、月々の返済が元金の返済分と利息を合わせて一定額になるという返済方法です。

このリボルビング払いは月々元本を返済して行きますから、元本が減っていくにしたがって利息分が減り、元本返済分が増えていくことになります。

ところが、もし非常に大きな借り入れをしてしまうと月々の利息が増えて、元本返済分が小さくなってしまい、いくら返済しても元本がなかなか減らず、いつまでも利息ばかりを返済するというようなことが有ります。

つまりリボルビング払いには、利息が増えてしまうという問題が有るのです。このように返済方式にはそれぞれ利点と欠点が有るためカードローンを選ぶ場合には、この返済方式についても調べておく必要が有ります。

ここでモビットの利息について纏めておきます。

  • ローンを有利に利用するため利息と金利の利率の関係を理解する
  • モビットの金利は銀行よりも高めの設定になっている
  • 割高の金利でも利用方法次第で利息を抑えることができる
  • ローンを有利に利用する場合は利息以外に掛る費用にも注意が必要

ローンを有利に利用するには、まずもって借入金額を少なくすることが重要です。無駄な借り入れをしないように借入額をよく吟味するようにして下さい。