モビットの申込は収入証明書が必要!源泉徴収票や給与明細を準備!

カードローンの借入先といえば、銀行や信販会社、消費者金融などがありますが、借入先に迷っている人は少なくありません。手軽さや、スピード、柔軟性などを考えると、おすすめしたいのは消費者金融です。

消費者金融はなんだか怖いというイメージをお持ちの方も大手消費者金融の多くが銀行と提携したり、傘下に入るなど協力し合っているということを知れば安心してもらえると思います。銀行がバックにいるということは、信用できるということに他ならないからです。

今回ご紹介したいのは人気タレントなどを起用した広告が記憶に新しいモビットです。ノンバンクのカードローンとしては顧客満足度ナンバーワンと宣伝しているぐらいですから、充実したサービスを提供してくれることでしょう。

これからカードローンの利用を検討している人はぜひモビットをチェックしてみてください。借入先を決めたらまずは申込ですが、申込の流れや収入証明書をはじめとする必要書類などについて詳しくご説明しますので参考にしてください。

モビットのカードローンの特徴

三井住友銀行グループの株式会社であるモビットは、金利や限度額、サービスにおいても人気が高いカードローンです。

金利 限度額
3.0%~18.0% 800万円

モビットのカードローンの最大の特徴とは電話連絡なし、郵送物なしのWEB完結があることです。

WEB完結を利用すれば申込から借入まで全てWEB上で行うことができます。

お忙しい方、遠方にお住まいの方など、来店できないけどスピーディに借入したいという方にはとても便利です。

WEB完結なら申込から借入までWEBで完結!

まずはWEB完結申込の特徴を見てみましょう。

WEB完結は勤務先に電話連絡などは一切ありません。連絡は審査結果のメールのみとなります。

また郵送物もありません。入会申込書などの契約書類はメールで交付されますので、自宅に郵送物が届くことはありません。カードは発行されず、振込による融資となります。

借入もWEB上で振込キャッシングとなりますので、手続き後約3分で口座へお金が振り込まれます。

返済も口座振替ですので、返済日を忘れるということもありません。

WEB完結の利用条件

WEBですべてが完結できるのは大変便利ですが、WEB完結を利用するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証)または組合保険証を持っている

以上の2つの条件を満たすことができるようでしたら、次は提出書類の準備が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証、またはパスポートの写し)
  • 収入を証明できる書類(源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書直近2か月分など)
  • 勤務先を証明できる書類(健康保険証、給与明細書直近1か月分)

本人確認書、収入証明書、勤務先を証明できる書類を提出後、所定の審査が行われます。

カードローンを利用する上で最も気になるのが審査ですが、審査はどのような流れで行われるのでしょうか。

保険証に関する注意点

審査の話をする前に提出書類に関する注意点を挙げましょう。

残念ながら国民健康保険証は必要書類として提出することはできません。WEB完結はあくまでも会社勤めの方を対象としているので、社会保険証か組合保険証のみが有効となります。

国民保険証を利用しているのは会社に属さない自営業の方、個人事業主の方なので、会社員とは審査内容が異なるからです。また、自営業者が個人事業主は申込できないというわけではなく、基準を満たすことができれば借入は可能です。

ただし、自営業者、個人事業主の方はWEB完結申込ではなく、通常申込を利用することになります。

WEB完結の流れ!カード発行なしで待たずに借入!

モビットのWEB完結はどのような流れで申込から借入まで完了するのでしょうか。

①必要事項の入力:必要事項を入力すると簡易審査結果が表示されます。

②必要書類の提出:パソコンやスマホのスキャナやカメラ機能を使用して書類を提出します。

③審査結果の連絡:メールのURLから審査結果を確認することができます。

④入会手続き:審査結果確認後、ネットで入会手続きを行うことができます。

⑤利用開始:入会完了のメールが届いたら利用が可能になります。

必要書類を準備することができ、WEB完結申込を利用すればとても手軽にスピーディにモビットの申込は完了してしまいます。書類の準備がちょっと面倒かもしれませんが、その後は驚くほど簡単に申込手続きができてしまうんです。

収入証明書は基本的に必要と考えよう

ここで気になるのが、収入証明書は必ず必要なのかという点です。カードローンの多くは限度額が一定の金額以下の場合、本人確認書類のみで申込できるます。しかし、モビットの場合は明確にそのようなことは記載されていません。

モビットは基本的には収入証明書が必要と考えましょう。

WEB完結を利用する場合はもちろん通常申込の場合でも収入証明書を準備しておくのがいいでしょう。

ちなみに収入証明書というのは

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

などのことを指します。所得証明書は区役所などの窓口で、その他の書類は勤務先、またじゃご自身で用意することが可能です。

収入証明書取得は一見面倒のように思えますが、給与明細や確定申告書などは手元にありますので、そこまで手間がかかるわけではありません。

振込キャッシングまたは提携ATMでキャッシングが便利

モビットは申込も手軽でスピーディですが、借入も簡単に行うことができます。

急にお金が必要になったときもわずか3秒でできる振込キャッシングがおすすめです。

振込キャッシング

自分の口座に振り込んでほしいというときには振込キャッシングを利用しましょう。パソコンやスマホから簡単な手続きを行うだけで口座へ現金が振り込まれます。

振込手続きは会員専用サイト「Myモビ」または電話で行うことができます。(ただし、予め口座の登録が必要です。)

ちなみにこの会員専用サイト「Myモビ」では借入や返済のほか、利用状況紹介、登録内容変更、契約内容紹介、取引履歴紹介、電子領収書ダウンロード、返済シュミレーションなどのサービスを受けることもできます。

提携ATMでキャッシング

全国の提携ATMやコンビニATMを利用してキャッシングを行うことができます。営業時間や手数料は利用するATMによって異なります。

HPから提携ATMを検索することができますので、事前に確認することをおすすめします。

書類準備は実は手間がかからない!審査も借入もスピーディ!

モビットは原則収入証明書も必要だし、書類をそろえるのに手間がかかりそう、そう思ってはいませんか。確かに収入証明書不要というカードローンがあるのは事実です。

しかし、収入証明書を準備するのはそれほど面倒なことではありません。会社から発行されている給与明細が手元にあればそれでOKなのです。平日は仕事だから区役所には行けないし、、、という方も、勤務先で取得できる書類がほとんどです。

必要書類の種類が多いとどうしてもハードルが高く感じてしまいますが、よく確認するとそうでもないのです。モビットなら書類を準備して申込さえしてしまえば、WEB完結によって自宅にいながら融資を受けることができます。

電話連絡や郵送物がない分、とてもスピーディにインターネットで審査が完了してしまいます。WEB完結にはローンカードがありませんので、振込融資によるキャッシングまたは銀行のキャッシュカードで提携ATMから借入ができます。

消費者金融ならではのスピードと手軽さ、そして「myナビ」による会員専用サービスなど顧客満足度ナンバーワンを誇るだけの実力を持ったカードローンだと思います。ぜひ借入先候補としてご検討ください。