モビットの審査時間は早い?遅い?10秒簡易審査のこと教えます!

三井住友銀行グループの株式会社モビットの審査時間はどれくらいかかるの?急な出費のためにカードローンを申込む場合、審査時間と即日融資可能かどうかが気になるところです。モビットの場合10秒簡易審査をうたっています。

もちろんこれは事前仮審査による結果であり、実際の審査の可否を決定するものではありませんが、事前に借入が可能かどうかの目安になり便利ですね。こちらではモビットの審査時間や融資までの流れなど詳しくお話ししています。

モビットでの借入を検討しているのなら、ぜひ最後まで読んで下さい。そして即日融資を受ける為の参考にして下さいね。

モビットの10秒簡易審査で確認されること

急な出費が重なり、どうしても至急お金が必要になった。そんな時即日融資可能なカードローンに申し込みたいと考えます。口コミ情報などでモビットなら早く借入が出来そう?本当の所はどうなのでしょうか。

まずモビットの特長についてお話ししていきましょう。モビットは大手消費者金融ですが、三井住友銀行グループとして、消費者金融、銀行の良い面をお互いに伝授しあっているのです。迅速な審査もモビットの特長のひとつで、そのノウハウを銀行に伝えているといって良いでしょう。

それではその他にモビットにはどのような特長があるのか挙げてみましょう。

  • 審査最短30分(10秒簡易審査あり)
  • 申込時間にもよるが即日融資可能
  • 限度額800万円まで
  • ウェブ完結なら手続きはネットのみ

モビットの大きな特長は審査時間の短さにあります。

申込の曜日や時間帯にもよりますが最短30分という審査時間、事前審査の10秒簡易審査で結果表示されるなど、迅速な審査に定評があります。

この迅速さにより、即日の融資が可能となるのですね。

ただ10秒簡易審査というのはあくまでも事前に行う簡単な審査になります。10秒簡易審査で借入OKとなっても実際の審査により否決される事はあると思っていてください。あくまでも目安として考えて下さいね。

消費者金融での限度額は総量規制の施行によりあまり高額にはならないのですが、モビットは消費者金融でありながら800万円という限度額を用意しています。これも大きな特長の一つですね。もちろん限度額は少額となる場合も多いですが、アルバイト、パート社員も安定した収入があれば申込み可能ですよ。

ウェブ完結なら電話連絡も無しで口座への振込

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている場合は、ウェブ完結での申込が可能です。

ウェブ完結なら、すべてネットでの手続きで、スムーズに借入することが出来るので、自宅にいながら申込みから融資までがすべて完了するという手軽さが嬉しいですね。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座があれば審査後、結果はメールのみでの連絡、電話連絡はありません。入会完了すれば振込融資可能です。ローンカードの郵送もないので、キャッシュカードでの引き出しとなり、便利です。

モビットは審査時間最短30分即日融資に対応!

前の項目で少し触れましたが、モビットの審査は最短30分です。もちろん申込み時間や曜日によっては審査結果連絡が翌日になる可能性もありますが、スピーディーな審査には違いありません。

審査をよりスムーズに終わらせるためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。また審査をクリアする為に必要なことはどのようなことなのでしょうか。

  • あらかじめ10秒簡易審査で融資の可否を確認する
  • 申込事項に間違いや不備のないように気を付ける
  • 同時に複数社への申込みはしない

モビットに申込む場合、10秒簡易審査でまず自分が借入れできるかどうか、簡単入力で確認することが一番です。この時点で無理となると、やはり借入は難しいです。諦めて半年間は信用実績を積む努力をして下さい。

審査時間を短くする為には、申告事項に間違いのないようする事が第一に挙げられます。せっかく早い時間に申込んでも不備があってやり直しなどということになったのでは、最短審査は無理ですよね。それに、嘘の申告をしたと思われたのでは、信用問題にかかわります。充分気を付けて下さいね。

同時に複数社へ申し込むことは多重申込みといわれ、モビットだけでなく、どのカードローン会社も快く思わない行為となりますよ。信用情報に問題ありと見なされ、よほどお金に困っていると考えられる恐れがあるのです。このような誤解を招く行為は極力控えるべきなのです。

続いて審査をクリアする為に、押さえなくてはいけないポイントを挙げてみましょう。

  • 日頃から信用実績を積む努力をすること
  • 勤続年数は最低でも6ヵ月以上できれば1年以上が好ましい
  • 最初から高額での申込をしない
  • 他社との借入枠総額を確認しよう

何といっても審査の要は信用です。日頃から信用実績を積むように心掛ける必要があります。

公共料金の支払、クレジットカードの支払など遅延や延滞のない生活を心掛けるのです。

ついつい後回しにしてしまう、ネット通販などでの支払ですが、それも支払期日をきちんと守ることです。1日くらいいいか…などと考えてしまうと、遅延を何とも思わない体質になってしまいます。必ず期日を守る、という気持ちが信用の実績に繋がりますよ。

同じ信用ということでは、他社での借入状況も問題となりますが、実はクレジットカードなどのキャッシング枠も審査に大きくかかわってきます。これは貸金業法の総量規制の為に年収の3分の1以上の貸付が規制されているからです。

総量規制は他社カードのキャッシング枠との合計が対象

クレジットカードを複数枚持っている場合、そのキャッシング枠は利用していない場合でも総量規制の対象となるのです。

3枚カードを持っていて、それぞれに30万円のキャッシング限度枠があるとすれば、合計90万円の総限度枠となりますよね。

もしも年収300万円なら、すでに3分の1近くを他社カードの枠で使ってしまっています。こんな場合はモビットでの借入はあきらめざるをえません。

属性は得点制!勤続年数で高得点を狙おう!

その他属性で気を付けたいのは、勤続年数です。属性は各項目を得点評価し、総合点で審査の可否が決まりますが、勤続年数だけは自分でコントロールできますよね。6ヵ月に満たない場合は6ヵ月以上経ってから申込む、あと2ヵ月で3年なら2ヵ月待って申込む事です。

審査をらくらくクリアする為のポイントをしっかり押さえておけば、より迅速な審査が期待でき、自信を持って審査に臨めますね。

モビットのカードローン申込みから融資までの流れ

続いてモビットのカードローンの申込み方法と、融資までの流れを確認していきましょう。まず大まかな流れは次のようになります。

1申込み→2審査→3審査結果連絡→4カード発行→5書類返送→6手続き完了
ウェブ完結…申込み→審査結果(メール確認入会手続き)→手続き完了利用可

選べる申込方法

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • ローン申込機

郵送での申込は日にちがかかってもゆっくりと申込書を確認し、申込したい人には良いですね。カード発行はローン申込機か郵送を選べるので都合に合わせて選んで下さい。

郵送以外の申込み方法は、申込みの曜日や時間を選べば即日融資対応となります。急いで借入したい場合には申込の曜日などを確認して申し込むようにして下さいね。

ここがポイント!モビットで即日融資を受ける為に!

申込方法やおおまかな融資までの流れについてはおわかり頂けたでしょうか。それではモビットで即日融資を受ける場合、どのような所に気を付けるべきか、ポイントを挙げてお話ししていきましょう。

  • 即日希望は申込機でカード発行
  • 必要書類に不備のないよう気を付ける
  • 平日の14時までには申込みを完了する

まず必要なのは申込み方法と契約、カード発行の方法です。

通常のカード申込みの場合は、インターネット、電話での申込であっても即日希望の場合はローン申込機でのカード発行が必要となります。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座がある場合、カード発行は無しで、振込み融資となる「ウェブ完結」を選べます。この場合はネットのみで振込融資が即可能となるので、口座を持っている場合は利用しましょう。

申込時に必要な書類はカード申込み、ウェブ完結によっても違いますし、限度額によっても違う場合があります。しっかりと確認して必要書類を予め用意する必要があります。不備があれば即日融資とならない可能性もありますよ。

ゆとりを持って申込むことも必要

モビットの迅速な審査や手続きについてお話ししてきましたが、もちろん即日融資となる為には、不備のないしっかりとした準備が必要です。時間帯や曜日によっては翌日や翌週の借入となる可能性もあります。

申込むときには、ある程度のゆとりを持って申込まれるようにすると慌てずにすみますよ。ゆとりを持つ事で申告内容や必要書類も不備なく準備できますよね。