カードローン審査で在籍確認後に否決される理由?モビットの場合

モビットでも、在籍確認後に否決ということはあります。

モビットの場合、電話連絡を行う形でカードローン審査が進んでいきます。ですが、一般的なカードローン審査と同じで、審査結果が良くない人では、カードローン契約を組むことができません。

なので、今回はモビットはどのような審査を行っているのか、一般的なカードローン審査となにが違うのかを、細かく案内させていただきます。

在籍確認後に否決!?モビットでもそのようなケースは存在する

モビットでも、在籍確認後に否決というケースは存在します。

モビットの場合、電話連絡という形で審査が進むので、在籍確認のみを行っていると勘違いしないように注意してください。似ているようで、在籍確認、電話連絡には、以下のような違いが存在します。
  • 在籍確認:勤め先に対して電話連絡を行う
  • 電話連絡:連絡先に対して電話連絡を行う

モビットでは、専門のスタッフが電話連絡先に対して電話連絡を行います。

つまり、在籍確認のように勤め先に対して電話がかかってくる形で、本人確認が行われるわけではありません。

このような仕組みになっているので、モビットのほうが他の業者より安心してカードローン審査を進められます。家の中で、ゆっくりとこれから契約する予定のローンについて聞けますし、周りに誰もいない状況で電話連絡を完了することも可能です。

ですが、在籍確認、電話連絡ともに「連絡が不十分」という場合は、カードローン審査に落ちることもあるので注意してください。

連絡が不十分というのは、以下のようなケースが該当します。

  • 電話連絡先に誤りがあり電話がつながらない
  • 何度も電話連絡を行ったが電話に出ない

モビットの電話連絡!どのような電話連絡で審査が進むのか?

意外と知られていない電話連絡ですが、基本的にカードローン審査に関することしか聞かれません。

そのため、時間にして10分以内で電話連絡が完了となるケースもあります。

また、在籍確認との違いは以下のとおりです。モビットの電話連絡が気になるという人は、良ければ以下についても参考にしてください。

モビットの電話連絡 他の業者の在籍確認
・電話のみで連絡が完了となる
・電話連絡を終えた後は審査が進む
・勤め先に対して電話がかかってくる
・勤め先に対しても質問を行う

モビット以外の業者で行っている在籍確認の場合、勤め先に対しても質問を行うという決まりが存在します。

例えば、「○○様(カードローンの申込者)は、在籍されておりますか?」、「○○様は、○年○月よりお勤めということで間違っていないでしょうか?」ということを聞かれます。

勤め先に対して電話がかかってきますので、初めてカードローンの在籍確認を受けるという人では、かなり緊張してしまうケースもあります。

なにより勤め先の上司、同僚にカードローンの申し込みを知られてしまう危険性があるので、最近ではモビットのような電話連絡を行う形で、カードローン審査が進んでいくサービスのほうが、人気が高まっている状況なのです。

モビットの電話連絡では、「○○様(カードローンの申込者)でしょうか?」、「借り入れの希望額は○○万円でお間違えないでしょうか?」という簡素な質問のみで、その他の細かい質問もなく電話連絡を終えられます。

在籍確認は必須!?意外と知られていないカードローンの基礎知識

モビット以外の業者で行っている在籍確認ですが、在籍確認は銀行、消費者金融で必須となっています。

モビットの場合は電話連絡という形で終えられるのですが、その他の業者では在籍確認を終えていないと、カードローン審査が進まない仕組みになっているのです。

それと、一般的なカードローンでは在籍確認後に否決されることがあるのか?についてですが、モビットと同様で申込者に問題が見られる場合は、カードローン審査に落ちる可能性が発生します。

また、以下のような対応を取られた場合も、カードローン審査に落ちることがあるので注意してください。

  • 在籍確認そのものを拒んだ
  • 記入の不備が多すぎる

在籍確認は必須となっておりますので、業者に対して「在籍確認は無しでお願いします」と言ってしまうと、カードローン審査で通りづらくなってしまいます。

業者のほうも気を利かせて、「在籍確認はすぐに終わります。必須となっておりますので、ご協力をお願いします」・・・と案内してくるので、カードローン審査を進めたい場合は、その案内に従って在籍確認を受けたほうが良いでしょう。

それと、カードローン審査の申込書に対して、記入の不備が多いという場合も審査に落ちてしまいます。記入の不備というのは、記入そのものが行われていない、誤った情報が記入されているというケースが該当します。

なので、以下のようなミスを起こしてしまわないように注意しましょう。

  • 年齢、年収は誤りがないように記入する
  • 勤め先、連絡先も誤りがないように記入する
  • 借入件数、借入額も空欄にせず記入する

審査は甘くない!銀行、消費者金融ともに審査が厳しいという現実

モビットでもそうですが、今では銀行、消費者金融ともにカードローン審査が厳しいです。

厳しいというのは、借り過ぎの相手に対して厳しくなっているという意味です。

そのため、以下のような人ではカードローン審査に落ちてしまうことが多いのです。

  • 複数の業者に対して同時に申し込みを行っている
  • ローン返済のために新しいローンを組もうとしている

モビットは電話連絡のみでカードローン審査が進むため、他の業者より審査が甘いのでは?と思われることがあります。

ですが、現在の申し込み状況を必ず確認しますので、複数の業者に対して同時に申し込みを行っている人では、カードローン審査に通りません。

電話連絡のみで、申込者の評価が決まるわけではないので、このような対応にも注意したほうが良いです。申し込みは、多くても1ヶ月以内で2件以内に抑えるようにしましょう。

また、ローン返済のためのローン申し込みは、以下のような特殊な金融商品に対して行ったほうが賢明です。

  • 借り換えローン
  • おまとめローン

借り換えローンは、1件のローン契約を別の業者に切り替えるローン、おまとめローンは、複数のローン契約を別の業者でまとめるローンとなっています。

このようなローンも存在しますので、どのような目的のローンであっても、カードローンでまとめることができる・・・と、勘違いしないように注意してください。

モビットの審査基準!審査基準を理解してから審査に申し込もう

モビットにも審査基準が存在しますので、審査基準を理解してから申し込みを行ったほうが良いです。

簡単に審査基準をまとめると、以下の条件を満たせる人物であれば、カードローン審査を行えるという内容になっています。

  • 年齢が20歳以上69歳以下の方
  • 安定継続した収入を得ている方
  • 返済上でトラブルを起こしていない方

カードローンといった金融商品は、20歳以上を対象として販売されています。インターネット上では、20歳以内も借入可能なローンが存在する・・・という情報も存在しますが、そのようなローンは存在しないと思ったほうが良いでしょう。

20歳以内でローン契約を組む場合、保証人が存在する状態でなければ、ローン審査が進まない仕組みになっています。

それと、パート、アルバイトであっても安定継続した収入を得ている方であれば、モビットではカードローン審査を行ってくれます。

ただし、返済上でトラブルを起こしている方では、カードローン審査に落ちてしまう可能性が高いです。このような情報も、今ではすぐに調べることが可能なので、嘘をついてカードローン審査の申し込みを行わないようにしてください。

モビットの柔軟な審査!こんな人もカードローン審査を申し込める

先ほど、パート、アルバイトであっても、モビットであればカードローン審査の申し込みが可能と案内しました。

つまり、パート、アルバイトで収入を得ている主婦も、モビットであれば審査対象者となるのです。

モビットは、10万円以内の融資にも対応していますし、融資前にプロのアドバイザーと相談することまで可能なのです。

主婦というと、以下のような理由もありカードローン審査に通らないのでは?と、思っている人も多いです。ですが、モビットでは多くの主婦が審査を受けていますし、審査に通っている人も数多く存在します。

  • 最近になって収入を得るようになった
  • 主婦という立場では審査を受けられない

銀行では、1年以上の勤務実績がないと審査を受けられないケースが存在します。ですが、モビットでは安定継続した収入を得ているかのチェックを行っているので、ある程度の勤務時間が存在する人であれば、主婦であっても審査可能となっているのです。

また、電話連絡時に勤務実績について聞かれるようになっているので、その際に短期間の勤務実績しかないことを伝えておきましょう。モビットは、数多くの相手に対して審査を行っているため、このようなケースでも審査に通る人がいるのです。

このような強みがあるため、今ではモビットの電話連絡、審査の柔軟さが評価されるようになってきました。そして、今ではパート、アルバイトだけでなく、主婦であっても安定継続した収入を得ているようであれば、審査を受けられる時代となっているのです。

電話連絡の前に!モビットに対してカードローンの相談を行っておく

モビットでは、カードローン審査の際に電話連絡を行い、その後に審査結果が通知されるという仕組みになっています。

ですが、カードローン審査を申し込むかどうかは、申込者の任意となっています。

そのため、申込前に以下のようなサービスを利用して、あらためて申し込みを行うか検討することも可能です。

  • モビットで相談を行う
  • 仮審査まで進める
仮審査とは

契約を前提とした審査のことを本審査と言います。

仮審査は、大まかな情報を業者に伝えている状況で、カードローン審査の大まかな結果を教えてもらうというサービスです。

モビットでは相談、仮審査を自由に行えるようになっています。好きなタイミングで電話による相談を行えますし、仮審査も自由なタイミングで申し込めるようになっているのです。

相談を行っておくと、多くの人はどの程度の借入希望額で審査を申し込んでいるのか、自分に合ったプランはどんなプランなのかを、プロのアドバイザーに教えてもらえるようになっています。

仮審査では、実際に自分の信用情報であれば、どの程度の借り入れが許可されるのかが大まかにわかります。入力する情報も、「年齢、年収、借入件数、借入額」程度なので、それほど多くの入力を求められるわけではありません。

信用情報とは

今までの金融の利用履歴に関する評価を、信用情報と言います。

人によっては、すでに多くのローン契約でローンの完済が見られるため、年収が少なくても信用情報が高く、そのため、ローン審査で通りやすくなっている人物も存在するのです。

審査で評価される印象!印象が悪い人物ではローン審査に落ちる?

電話連絡と印象の関係について案内させていただきます。

また、印象が低い場合は、電話連絡後に否決となるケースもあるので注意してください。

具体的には、以下のような印象の悪さを持っている人では、金融機関の審査に落ちてしまいやすいです。

  • 借り入れを急いでいる
  • 審査に対して催促が目立つ
  • 嘘が多い

電話連絡というのは、お金を借りる人がどんな人なのか判断するために行っています。そのため、借り入れを急いでいる印象の人では審査に通りません。

「すぐに融資を行って欲しい」、「今日までに審査を終えて欲しい」という審査に対する催促が目立つ人も同じです。また、借り入れを急いでいるからといって、同じ業者に対して何度も同じローン申し込みを行っても、業者に対して迷惑をかけてしまうだけです。

社会人としてルールやマナーを意識し、カードローン審査の申し込みを行うようにしましょう。

最後に、電話連絡時も嘘を言っているかチェックされますので、嘘をついてしまわないように注意しましょう。現在の返済が厳しい際は、しっかりと返済が厳しい状況にあることを伝えたほうが良いです。

信用情報をチェックすると、今までの返済履歴もチェックできますので、「自分は返済で遅延をしたことがない」という嘘をついても、審査上ですぐに暴かれてしまいます。

このように印象1つで、電話連絡後に否決となるケースもあるので、このことを理解した上で、モビットに対してカードローン審査の申し込みを行うことも大事です。