モビットのご利用可能額を見て落胆?利用限度額を変更して貰う方法

モビットの利用限度額の上限は消費者金融としては高額の800万円になっていますが、もちろん誰でもこんなに借入れできるわけではなく、特に最初は信用評価が低いため、利用限度額は極めて少額の設定になります。

ただし利用限度額と言うのは利用しているうちにお付き合いが長くなり、適正な利用が評価されれば、増額に応じてもらうことができます。ただし増額を希望する場合には再度審査を受ける必要が有ります。

またモビットの場合には消費者金融ということで貸金業法が適用されるため、利用限度額は年収により上限が決まることになり、大きな金額の借入希望を持っていたとしても、この上限のために希望通りにいかない場合も有ります。

モビットの利用限度額は800万円まで!誰でも借りられる訳ではない

モビットに限らずカードローンの利用限度額と金利は審査で申込者の信用を評価して決められます。信用が高いほど利用限度額は高く、低い金利での借り入れが可能になっていきます。

しかし申込者は自分は社会的信用が高く、利用限度額は大きいはずだとか、上限ではないにしても、半分程度までは融資してもらえると考えているものです。しかし世の中それほど甘いものではありません。

初めて申込んで、例えばモビットと初めてお付き合いを始めるという場合、モビットのほうはそれほど申込者のことを信用してくれません。したがって、設定される利用限度額は極少額の設定になるのが普通なのです。

利用限度額と金利は審査で申込者の信用によって決定される

カードローンの審査の目的は融資を利用してもらうかどうかを決めることですが、もう一つの目的は申込者に適用する利用限度額と金利を決めるというものが有ります。

この利用限度額と金利は申込者の信用評価の結果で決まることになり、この2つは連動していることになります。例えば利用限度額が大きくなれば金利は小さく、利用限度額が少なくなれば金利は高くなります。

では審査ではどのようなことが行われているのかを調べておきましょう。審査では次の3点が確認されています。

  • 本人の確認
  • 返済の可能性の確認
  • 過去の金融取引状況の確認

本人以外が申込めば最悪手が後ろに回りますから注意してください。返済の可能性は次の2点で判断されています。

  • 一定以上の年収があるか
  • 安定した月収があるか

また過去の金融取引状況については金融機関で共有している信用情報というものに記載されているのでそれが確認されることになります。

これ等の点と金融機関とのお付き合い状況を総合的に判断して申込者の信用を評価し、適用する利用限度額と金利を決めているわけです。

信用情報
信用情報にはローンの返済状況や電気料金等の支払い状況、債務整理の履歴などが格納されています。これ等の情報は各金融機関がそれぞれの利用者の情報を格納して、共有しているものです。

もしこの中にローンや各種支払いの滞納の情報や債務整理を行ったというような情報の記載が有れば、どこの金融機関にっても審査には落とされてしまいます。この状態をブラックと呼んでいます。

これ等の情報にはそれぞれ格納される期間が決まっており、その期間が経過すると情報は削除されます。このため、一度ブラックになってしまったとしても、情報が削除されればまたお金を借りられるようになります。

自分は利用限度額は高い筈だという思い込み

利用者によっては自分は収入も多く、信用もされている人間だから、審査での信用評価は非常に高い筈だと勝手に思い込んでいる人がいて、審査結果を見てそれほど高くない利用限度額と高い金利を見て落胆する場合が有ります。

しかしこういう人は一つ思い違いをしています。金融機関は実際にお付き合いをしてみなければ、その人を信用したりしません。申込者がどんなに社会的に立派な人であっても、これまで付き合いが無ければ信用はしてくれないのです。

したがって、申込み直後というのは金融機関にとっては利用者を見極めるお試し期間と言っても良いもので、どのように利用するのかを観察されていると考えたほうが良いかもしれません。

最初の利用限度額は極少額の設定なるのが普通

したがって、返済能力によって申込者に適用される利用限度額と金利にはそれぞれ違いが有りますが、申込者としては残念なことに、希望するほどの金額にはなりませんし、それに合わせて金利は高くなってしまいます。

それで腹を立ててしまう人もいたり、予定借入金額に満たないため他の借り入れを考えたりする場合も有ります。しかしこれはお試し期間だということを忘れてはいけません。

与えられた条件の下で、カードローンを適正に利用すれば金融機関の見る目は少しづつ違ってくるのです。最初は信用評価はゼロだったものが、上手に利用していれば徐々に上がって行って、この利用者は信用できるということになるわけです。

ですから利用限度額が少ないからと言って、悲観してはいけません、そここそが我慢のしどころということになるのです。

利用限度額は見直して貰える!利用限度額の増額とは

このように最初は少額に設定される利用限度額ですが、信用が大きくなってくると、増額してもらうことができます。ただし増額するためには増額の申込みをして再度審査を受けなおさなければなりません。

増額審査で信用評価が上がっている場合には、利用限度額は上がり、金利は下げて貰うことができます。ただし一気に上がるのではなく、この増額審査を繰り返すことによって利用限度額は徐々に上がっていくことになります。

では増額のための審査は徐々に厳しくなっていくのかと言うとそういうものではありません。申込時と基本的には変わりません。同じ審査を行って信用の評価が徐々に上がっていくという形になる訳です。

増額するには増額の申込みをして再度審査を受けなければならない

モビットなどの金融機関は最初はなかなか信用はしてくれませんが、これ等の業者はお金を貸さなければ利息を取ることができず、結果として利益を上げることができません。ですから本来はたくさんお金を借りて欲しいわけです。

そこで最初は少額の利用限度額を設定した訳ですが、信用ができる人と分かれば増額してもらえる方法が提供されています。

ただし、この利用限度額の増額の申込みは、最初の申込みほど多くの方法は提供されていません。モビットの場合ではフリーコールで電話をする必要が有ります。

また申込めばそのまま増額されるというものではありません。増額されるためには再度審査を受ける必要が有り、その審査で信用評価が上がっていることが条件になります。

ただしこの増額の申込みは信用が上がっていなければ申込んでも無意味ですから、概ね半年程度は堅実な利用を続けた後でなければ、評価は変わりません。堅実な利用と言うのは借りては返すということを適正に続けることです。

借入れ件数が少なすぎても評価されませんし、借り過ぎているように見えても良い評価はしてもらえません。増額を希望するのであれば、そういった点を十分注意しなければなりません。

増額審査に通れば利用限度額は上がり金利は下がる

この増額審査に通過すれば、利用者の利用限度額は増額され、それにともなって金利も下げられます。この意味で自分は増額は必要ないと考えている人でも、増額できるのであれば増額して金利を下げてもらったほうが有利な利用ができます。

ただし、増額と言っても例えばモビットで最初10万円の利用限度額を設定されていた人がいきなり利用限度額の上限である800万円になるというようなことは有りません。

信用と言うものは徐々に大きくなっていくもので、いきなり大きくなるというものではありません。ですから増額も少しづつ行っていくものだという認識を持ってください。

一度増額したら、またしばらくの間その枠内で利用して、さらに大きな信用を得たうえで、再度また増額の申込みをするというようなプロセスを踏んで徐々に大きな利用限度額にしていくことになります。

貸出限度額
利用限度額の上限のことを貸出限度額ということが有ります。この貸出限度額はカードローンごとに決まっていて、各利用者の利用限度額はこの範囲内で決定されることになります。

ただし、この貸出限度額は変わらないのかと言うとそうでもありません。頻繁に見直されるということは有りませんが、何年かに一回は見直され、例えば当初は500万円だったものが800万円になるといったことがあります。

ですからモビットも現在貸出限度額は800万円となっていますが、数年後には1000万円まで増額されるかもしれません。

実際にみずほ銀行や横浜銀行のカードローンは数年前まで貸出限度額は800万円でしたが、現在は1000万円に増額されています。

増額審査は申込時の審査と基本的に変わらない

では増額審査ではどのようなことが行われているのでしょうか。徐々に信用評価を厳しくしていくのだから審査基準もさぞきびしくなっていくのだろうと考えるのが普通でしょう。

しかし拍子抜けするかもしれませんが、審査基準と言うのは基本的には申し込みの時に行う審査と同じです。もちろん本人の確認などは改めて行う必要はありませんが、その他は同じなのです。

要するに同じ審査を行って、同じ基準で判断して、信用が上がっているかどうかを見るわけです。そして信用が上がっていると判断されれば、それに見合う利用限度額と金利が設定されるわけです。

審査を受けるのはあまり良い気分ではありませんが、金融取引と言うのはこのように信用というものによって動いている為、金融機関とお付き合いをしていく上では、あらゆる面でこの信用を評価するための審査は避けて通れません。

増額審査で増額されるとは限らない!正確に言えば増額ではなく変更

ただし、増額審査とは言っても実際には再度審査を受けるということです。信用の評価が上がる保証はありません。利用者の状況によっては信用の評価は上がるどころか下がることも考えられます。

もし信用の評価が下がっていた場合どうなってしまうのでしょうか。利用限度額と金利は信用によって変わってくると説明しましたが、信用評価が下がれば利用限度額は下がり、金利は上がってしまうことになってしまいます。

信用を下げる要因は様々なものが有りますが、モビットなど多くの金融機関の信用の評価を下げるものに、他社の利用が有ります。モビットを利用中他社からも借り入れをしていたら、増額の申込みは勧められません。

審査で信用の評価が上がっているとは限らない

この利用限度額の増額ということには1つの落とし穴が有ります。それはこの審査は増額審査とは言っていますが、金融機関的に見れば再審査を行っているに過ぎないということです。

審査と言うのは自分の思い通りに行くという保証はありません。つまり再審査で信用評価が上がるという前提で申込んだとしても、実際の信用評価は変わっていなかったり、逆に下がっている可能性も有るわけです。

モビットがどのような審査基準を使っているのかはわかりませんが、自分では信用が上がっていると考えていても、モビットの審査基準での評価ではどう評価されるのかは分らないわけで、上がっている保証はありません。

増額審査のスピード
カードローンは申込時には即日融資などと言って審査のスピードも極めて速くなっており、利用者に取ってはたいへん便利になってきていますが、それでは、増額審査のスピードも早いと考えてよいのでしょうか。

実は増額審査はそれほど迅速には行われないのが普通です。モビットの場合も申込時の審査は最短30分と宣伝していますが、増額時の審査では数日かかると言われており、即日増額が必要というような場合には間に合いません。

またカードローンによっては、この増額審査の間、利用限度額が一時的にゼロになる場合が有るので、カードローンを利用しようと思ったらATMから引き出せうず、慌ててしまったという人もいるようです。

信用の評価が下がっていれば利用限度額は減額されてしまう

もし信用の評価が下がってしまっていた場合には、どうなるのでしょうか。しばらくの間それまでと同じ利用限度額と金利で使い続けるしかないだろうという考えは甘い考えです。

先程増額審査とはいっても金融機関は再審査を行っているということを説明しましたが、信用の評価が下がってしまっていれば、再審査の結果が利用限度額と金利に反映されます。

つまり、新たな信用評価にしたがって新たな利用限度額と金利が設定されます。つまり利用限度額は減額されてしまう可能性が有るのです。金利はそれまで最高になっていれば変わりませんが、なっていなければ高くなる可能性が有ります。

この話にはまだ先が有ります。信用評価が極端に下がってしまった場合はどうなるでしょう。つまりモビットでお金を融資するにはリスクが高くなりすぎていると判断された場合です。

そういう場合には契約は打ち切られる可能性も有るのです。これは申込時に審査が否決されるのと同じことで、ある程度以上のリスクを抱え込むことはできないということです。

したがってもし増額できる程度の期間利用したとしても、自分の信用を考えた時に不安が有るのであれば、増額審査は申込まないほうが良いということも有るのです。

モビットが評価を下げる理由

では利用者が何気なく行ったことでモビットが大きく信用評価を下げる理由になるのはどのようなことなのでしょうか。それはモビットの利用開始後に他社からも借入した場合です。

最近ネット上を見ると、簡単に大きなお金を借りる方法として、別の金融機関のカードローンを申込んで両方から借りれば良いというような記事を見掛けます。しかもそういった記事には申込みページへのリンクまで貼られています。

こういったページはそのリンク先に利用者を誘導するための記事と考えるのが妥当です。確かの両方から借入れできれば大きなお金を借りることができるかもしれませんが、返済能力が2分されるという大きな問題を孕んでいます。

このためモビットを借りた後、利用限度額に不満が有り、他社からも借り入れをしているというような人の場合、モビットを申し込んだ時点の返済能力の評価は、これによって大きく減少することになります。

そういった時に増額を申込んだら、評価は激減してしまい、そのために利用限度額は減額される可能性が高くなります。

こういった複数利用はこういった問題だけではなく、返済も複数になる事から、家計への負担が大きくなるという問題も有り、絶対にしてはいけない借り方と言えるでしょう。

利用限度額には法的制限が有る!モビットは消費者金融

もう一つ注意しなければならないのは、モビットは消費者金融であるため、貸金業法が適用されることです。貸金業法は近年の改正で総量規制が設けられて、融資額と年収がリンクされたため、法的な上限ができることになりました。

この上限で行けば例えば利用限度額を800万円にするには、年収は2400万円無ければならないことになります。したがって大きな利用限度額が欲しい場合には信用を大きくするのと同時に年収を増やす必要が有るのです。

ですから利用者は利用限度額を上限にするということを目指すのではなく、自分の返済能力に合わせて着実に利用して、利用限度額を増やしていくことが大切です。そもそももし大きな年収ができれば借りる必要性も無くなるはずなのです。

消費者金融には貸金業法が適用され総量規制が有る

ここまでの説明では信用と利用限度額を関連付けるためにその他の要素は除外して説明して来ましたが、実際にはモビットのような消費者金融の場合利用限度額を決める要素と言うのはこれだけではありません。

もう一つの要素と言うのは法的な規制です。消費者金融には貸金業法と言う法律が適用されます。この法律には直近に行われた改正で総量規制と言う規制が盛り込まれました。

この総量規制と言うのは融資できる金額と利用者の年収を関連付けたもので、この規定では少額借入時や専業主婦についての例外規定はあるものの、融資できるのは年収の3分の1までと決められています。

したがって例えば100万円の利用限度額が欲しい場合には、それに見合う信用の他に、この3倍の300万円の年収が無ければ、モビットは利用者の希望に沿うことができないということになります。

何年も使ってもう十分信用はできている筈だと考えていても、肝心の年収が足りなかったとすれば、利用限度額の増額はなかなか進みません。

利用限度額の増額を考えるよりも自分の年収を増やすことを考える必要が有るのです。

銀行には総量規制は適用されない
この総量規制というのは本文で説明した通り貸金業法の規定で、銀行には銀行法が適用されますから、この総量規制は銀行には適用になりません。したがって法的に言えば銀行は自身の判断次第で融資額を決めてよいことになります。

ただ銀行も返済のことを考えれば、無制限に融資するというような事は無く、やはり多くの銀行が内部規定で年収にリンクさせた利用限度額の上限を設けているとされています。そしてその多くは概ね年収の半分程度と言われています。

もちろん、銀行も消費者金融と同じで、そう簡単に利用者を信用してはくれませんので、やはり最初に設定される利用限度額は少額で金利は高くなっており、徐々に増額していくという形は変わりません。

利用限度額を800万円にするには年収2400万円が必要

ところでモビットの利用限度額の上限は800万円ですから、総量規制を考えた場合、800万円の利用限度額を設定してもらえるのは、年収2400万円以上無ければ無理だということになります。

この金額と言うのは普通にサラリーマンをやっていてもそうそう得られる年収ではありません。副業などで収入でも得ているなら可能性はありますが、そうでもなければほんの一握りの人ということになるでしょう。

そもそもそういう人が消費者金融を利用してお金を借りるのかということも大きな疑問です。ですから、モビットを申込む時点で利用限度額を800万円にするというような願望を抱くのは止めておいた方が良いのではないでしょうか。

着実に増やしていくことを考えよう

必要な考え方としては、自分の実情に合わせて着実に利用限度額を増やしていけばよいということです。そもそも総量規制が設けられたのは、返済能力も備わっていない人でも消費者金融が融資していたことが理由になっています。

以前は資産状況などが良好なら、無収入でも融資していたのです。例えば不動産が有れば、収入が無くても借り入れできました。しかし不動産は簡単には現金になりませんから返済にはすぐに行き詰るわけです。

こういうことが起きないようにするために設けられたのが総量規制で消費者金融の経営に影響を与えたと言われています。

要するに自分の無理のない範囲で借入するという条件を法律で決めたわけです。

したがって、借り入れする方も大きな利用限度額が欲しいのであれば、着実に信用を積み、年収を増やしていくことが重要になります。

ここでモビットで利用限度額を変更してもらうことについて纏めておきます。

  • モビットの利用限度額は審査で決まり誰でも利用限度額の上限の800万円まで借りられる訳ではない
  • 最初は少額に利用限度額でも信用を積んで再度審査を受ければ見直して貰える
  • 信用の評価次第では増額のつもりが減額になる場合も有る
  • 法的に年収の3分の1までしか借りられないため大きな利用限度額が欲しい場合には大きな年収が必要になる

法的には年収の3分の1になっていますが、自分の収支によってはこれでも返済が難しい場合が有るので、たとえ大きな利用限度額になっても、良く計算して利用額が返済能力を超えないようにして下さい。