モビットとクレジットカードのメリット・デメリットを徹底検証!

モビットもクレジットカードもどちらも、“即お金を借りるための金融ツール!”としては広く自信をもってオススメできます。

他方で、「お金を借りるならきちんとモビットやクレジットカードのメリット・デメリットを比較検討してしっかり選びたい!」と考える人が多いのではないでしょうか。

そこで今回のレビューは、キャッシングする上でのモビットとクレジットカードの各々の強味や弱味に関して徹底検証します。

モビットを選ぶか?あるいはクレジットカードで借りるか?の有用な判断材料になると思います。

モビットの魅力!クレジットカードの魅力!

「モビットでキャッシングするのがいいのか?」あるいは「クレジットカードでキャッシングした方がいいのか?」…

これからお金を借りようと考えている人では、こんな悩みを抱えている人も少なくないと思います。

結論から言えば、モビットにはモビットの魅力があり、クレジットカードにはクレジットカードならではの魅力があり、クレジットカードはラインアップが多彩なので各々に魅力があると言ってよいのです。

モビットの魅力は内緒で借りれる【WEB完結申込】

モビットにはいろいろな魅力やメリットがあります。

たとえば、安定した収入があればアルバイトやパートでも申し込める、“申し込み窓口の広さ”はモビットの魅力と言えます。

また、申し込み曜日や申し込みの時間帯によっては翌日以降の融資となることもありますが、原則として申し込んだ当日中に融資が受けられる即日融資にも対応してくれます。

そんなモビットの魅力の中で、特に推したいのが【WEB完結申込】です。

なぜなら、【WEB完結申込】なら会社や自宅への電話連絡無しに加えて、自宅に届く郵送物も一切無しでOKとなるからです。

だから家族や他の人に内緒でキャッシングしたい人には魅力たっぷりの【WEB完結申込】と言ってよいのです。

モビット以外のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やアコム、アイフルなどの消費者金融カードローンでは、最初から電話連絡無し&郵送物一切無し”で融資が受けられるカードローンはありません。

そのことから“内緒で借りたい方はモビットを利用している!”と言っても過言ではありません。

そして、完全にネット上で融資まですべての手続きを完結できるカードレスのネットキャッシングなので来店不要で手間や面倒が少ないとも言えます。

つまり、モビット【WEB完結申込】ってお金を借りたい人の立場にしっかり寄り添ったキャッシング方法!と言ってよいのです。

ただし、モビットの【WEB完結申込】を利用するには以下の条件に該当する方となります。

  • 三井住友銀行OR三菱東京UFJ銀行に口座ある人
  • 社会保険OR組合保険の加入者
  • 会社での在籍証明できる人

会社の在籍証明に関しては、社員証・給与明細書・在籍証明書の提出ができればOKです。

クレジットカードの魅力は“生活シーンでの利便性の高さ!”

クレジットカードの魅力について言えば、日頃の買い物や特別なショッピングでとても頼りになる点はもちろん、ちょっとしたお金のニーズにもすぐに対応できるキャッシングにも対応可となる、あらゆる生活シーンでマルチパーパスに使える点にあります。

モビットについてはショッピングには利用できません!

モビットはキャッシングに特化した“スペシャルな存在”と言ってよいでしょう。一方、クレジットカードは、いろいろな生活シーンで活躍できる“万能型の存在”と言ってよいのです。

それゆえ、“使い道の広さ”はモビットに無い魅力となります。

そして、クレジットカードは種類が豊富なので、各々に個性に基づく魅力が異なる点も、ある意味でクレジットカードの魅力となります。

では以下に主なお勧めのクレジットカードをいくつか紹介します。

クレジットカード 年会費 利用限度額(ショッピング+キャッシング)
JCBカード ・初年度:無料
・2年目以降:1250円
非公開
ACマスターカード ・初年度:無料
・2年目以降:無料
10~300万円まで
オリコカード THE POINT ・初年度:無料
・2年目以降:無料
10~300万円まで
三菱東京UFJニコスVIASOカード ・初年度:無料
・2年目以降:無料
100万円まで
楽天カード ・初年度:無料
・2年目以降:無料
300万円まで
ライフカード ・初年度:無料
・2年目以降:無料
10~200万円まで

クレジットカードの利用限度額に関しては、100万円以上となることから、かなり限度額が高めと言ってよく、余裕ある限度額なのであらゆる生活シーンで便利に利用できること請け合いです。

そして、そのような生活で使える高い便利さこそがモビットのようなカードローンには絶対にない“魅力”と言って間違いありません。

モビットとクレジットカードのメリット徹底検証!

さて、ここでは「モビットとクレジットカードのどちらがお勧めになるのか?」との疑問について、特に「キャッシング利用」の観点から各々のメリットについてどちらが勝っているのか、優れているのかをしっかり比較検証していきます。

「低金利メリット」で選ぶとすればどちらがベスト?

カードローンやクレジットカードでお金を借りる際には、どのような借り方でも共通して気になる点、留意したい点は、“金利水準”です。

なぜなら、金利水準によってお金を借りた後の返済負担の度合いが大きく変わってしまうからです。

また、金利が高いところでお金を借りるのはなによりも無駄が大きいと言ってよいでしょう。

さらに、キャッシングする時にできるだけ低金利メリットが大きいところを選んで利用することは大前提と言ってよく、低金利メリットはお金を借りる上でなによりも勝るメリットとなります。

ではモビットとクレジットカードの金利を比較するとどうなのでしょうか?

モビットORクレジットカード 金利
モビット 年3.0~18.0%
楽天カード 年18.00%
JCB一般カード 年15.00~18.00%
エポスカード 年18.00%
ライフカード 年15.00~18.00%
セディナカード 年18.00%
イオンカード セレクト 年7.8~18.00%
三井住友VISAクラッシックカード 年18.00%

モビットとクレジットカードとの金利水準の比較では、モビットの最低金利の年3.0%といった低金利メリットは断トツの魅力と言って間違いありません。

すべてのクレジットカードでは実現できない低金利メリットと言って過言ではありません。

他方で、最高金利については、モビットもクレジットカードも、ともに年18.00%となって低金利メリットでは互角となります。

一方で、単なる名目上の金利比較ではなく、実際にお金を借りた場合にはどうなるでしょうか?

たとえば、10万円借りた場合には、モビットでも他のクレジットカードでも、適用される金利はともに最高金利となる年18.00%になると考えてよいでしょう。

が、借入額が大きくなればなるほど、金利は低くなって低金利メリットが大きくなるので、年3.0%のモビットの低金利メリットは他のクレジットカードの金利にない魅力と言えます。

それゆえ、100万円までのキャッシングだとモビットでもクレジットカードでも金利メリットが変わりませんが、100万円超の借り入れならモビットの方が低金利メリットがあります。

「融資限度額」ならどちらにメリットあるか?

キャッシングする際には、「どれくらいまでお金を借りられるのか?」といった点もとても重要になると言ってよいでしょう。

「どれだけ借りれるのか?」については、各カードローンやクレジットカードでの限度額が大きくなればなるほど必然的にたくさん借りることが可能になります。

そして、限度額が大きいカードローンやクレジットカードは、それだけで信頼感が高く頼もしく感じられて頼りがいのある存在と感じるかもしれません。

ではモビットとクレジットカードの最大融資限度額の比較を見ておきましょう。

モビットORクレジットカード 最大限度額
(※ キャッシングのみ)
モビット 800万円
楽天カード 1~90万円
JCB一般カード 各利用者の収入状況によって異なる
エポスカード 1~50万円
ライフカード 0~200万円
セディナカード 1~200万円
イオンカード セレクト 1~300万円
三井住友VISAクラッシックカード 0~100万円

モビットの最大融資額800万円と同じ、あるいは凌ぐクレジットカードのキャッシング枠はありません。

それゆえ、モビットの最大融資額はメリットが大きいと言えます。

一方、クレジットカードについて言えば、最大融資限度額はかなりバラつきがあると言ってよいでしょう。

最大融資限度額が50万円とかなり低めなものから、最大融資額300万円といったように、あくまでも付随的なキャッシング枠とのイメージではなく、キャッシング専用のカードローンにも匹敵する堂々たる最大融資限度額となるところもあります。

そして、最大融資限度額めいっぱい融資を受けられる人はきわめてまれといってよいので、100万円くらいまでの融資限度額となっていれば、一般的なキャッシングでは「限度額が低くて使えない!」といった事態にはならないと思われます。

その点を鑑みると、クレジットカードについては限度額が大きくても「金利は一律」となるところがほとんど、あるいは「金利幅が小さくてあまりうま味が無い」とのケースが多いのです。

モビットに比べると大型融資限度額と低金利との兼ね合いではメリットが小さいと言って良いかもしれません。

「即お金借りたい!」ならモビットに軍配上がる!?

「1分1秒でも早くお金が借りたい!」といった即日融資のニーズもキャッシングする多くの方の希望になっていると思われます。

では、モビットとクレジットカードでは、どちらの方が即座にお金を借りることができるのでしょうか?

それには2つのパターンに分けて考えらると思います。

1つ目は、新規に申し込みをしてキャッシングする場合です。

新規申し込みでの即日キャッシングに関しては、モビットの方がかなり有利になると言って間違いないでしょう。

なぜなら、モビットは原則として審査時間が30分となるスピード審査だからです。

審査が早く終われば終わるほど、即日融資に充てられる時間的余裕は大きくなるので、即日キャッシングの可能性も高くなります。

ただし、申込曜日あるいは申し込みの時間帯によっては審査結果が翌日以降の通知となって30分審査とはならないことがあります。

また、即日キャッシングに関しては、先に触れたすべての融資手続きがネット上で完結できて、カードレスのネットキャッシングとなる【WEB完結申込】でも即お金が借りられる可能性はすごく高いと言ってよいでしょう。

一方、新規申込みのクレジットカードの場合は、申込書に必要事項を記入して郵送してからの審査となるので、通常は1週間程度の時間を要すると考えてください。

以下に主なクレジットカード会社での審査も含めた最短発行の期間を示しておきます。

クレジットカード 最短発行期間
ライフカード 最短7営業日
楽天カード 1週間程度
オリコカード 最短3営業日程度
三井住友VISAクラシックカード 最短1週間程度
JCB一般カード 最短1週間程度
セゾンカード インターナショナル 最短即日
上記のクレジットカードの中では『セゾンカード インターナショナル』については最短即日のカード発行が可能となるようです。

ショッピング枠のみなら最短即日となる可能性が高いようですが、キャッシング枠を附帯させる場合には収入証明書の提出が必要となる審査が加わるので最短即日が無理なケースも少なくないようです。

モビットとクレジットカードのデメリット比較だとこうなる!

上記では、主にメリット面から「モビットとクレジットカードの利用するならどちらの方がお勧めになるのか?」を検証してきました。

ここでは“デメリット面”からモビットとクレジットカードの比較検証を深めてみたいと思います。

メリットだけでなく、デメリット面についてもしっかり理解しておいて、自分の借入ニーズと各々のメリット・デメリットとを比較検証して、自分の借り入れにとって一番のメリットが大きくなってデメリットが小さくなるものを利用するのが賢いキャッシング方法になります。

申込方法・審査難易度などから考える使いやすさでは?

申し込み方法については、モビットではインターネットを利用してパソコンやスマホから24時間365日いつでも誰にも知られずに借りたい時に即申し込みできる「ネット申込」が利用可となります。

一方、クレジットカードの申し込み方法については、原則として「郵送申込」となるのがほとんどです。

申し込みのみに関しては、インターネットでのネット申込に対応しているところはあります。

が、クレジットカード利用代金の引き落とし口座の確認では「口座提出書類」などの提出が郵送で必要になるケースが多くなります。

そのことからモビットのようにすべての申し込み手続きをネット上だけで完結するものではないと考えてよいのです。

他方、審査の難易度に関しては、モビットも、また各クレジットカード会社でも審査内容や審査の難易度は正式の公表していません。

それゆえ、確かな比較はできません。が、いろいろな口コミ情報から考えると、キャッシングに特化したモビットの方がトータルな観点から言って、審査は厳しめになると言ってよいでしょう。

なぜなら、「未成年だと申し込み不可で審査通過できない!」からです。

一方で、キャッシング枠附帯のクレジットカードとした場合でも、収入さえあればモビットの審査のような収入の高い安定度や勤続年数等の条件は軽めになるクレジットカードが多いと言ってよいと思います。

未成年NGのモビットはデメリット大!クレジットカードならOK!

キャッシングしたい人の中には、成人した学生の方や未成年の学生もいるでしょう。

そして、“学生でお金を借りたい!”人にとっては「学生の利用NG」や「未成年学生はキャッシング不可」となることは大きなデメリットとなってしまいます。

モビットについて言えば、未成年の学生の利用はNGです。

が、満20歳以上の学生については安定収入があれば利用は可能です。

一方、クレジットカードに関しては、申し込みのみについては「18歳以上なら可」となるところが多いのです。

そして、ショッピング枠のみの利用なら18歳以上の未成年学生でも利用可となるところは多くなります。

しかし、未成年学生のキャッシング枠利用については、すべてのクレジットカードで認めている訳ではありません。

が、未成年学生でもキャッシング枠がもらえるクレジットカードはあります。それは『学生専用クレジットカード』といわれているものです。

学生専用クレジットカード キャッシング利用限度額 未成年の利用可否
学生専用ライフカード 5~30万円 18歳以上25歳以下の大学生など
(※ 高校生NG)
セディナカード ファースト 10~50万円 18歳以上25歳以下
(※ 電話連絡が可能な人)
ジャックスカード アクルクス 入会時の審査で決定 18歳以上29歳以下の学生
(※ 高校生はNG)
JCBカード EXTAGE 審査後に決める 18歳以上29歳以下
(※ 配偶者に継続した安定収入ある人あるいは学生)
楽天カード 審査によって決定 18歳以上で日本在住の方
三井住友VISAデビュープラスカード 10~80万円 18歳以上25歳以下の人
(※ 高校生NG。未成年は親権者の同意が必要)

以上のように、「学生専用クレジットカード」なら、安定した収入ある18歳以上の大学生、専門学校生、大学院生で審査通過できれば「キャッシング枠」をもらってお金を借りることは可能です。

ただし、未成年学生の場合には利用条件の中に明記されていなくても親権者や後見人の同意や承認が必要となるケースが多いと考えてください。

モビットもクレジットカードも強味・弱味はケースバイケース!

モビットでキャッシングする場合も、またクレジットカードを利用してキャッシングする場合においても、各々に強みや弱みがあることは否めない事実です。

そして、その強み、弱みは実際にキャッシングする人の借入れ条件や利用目的などによって微妙に感じ方が異なってしまうと言えます。

そのことから本考察で指摘したモビットとクレジットカードでのメリット、デメリットに関する比較結果は、あくまでも参考として考えていただき、各利用者が実際にキャッシングする上で「どちらのメリットが自分に大きくて、どちらのデメリットの影響が少ないのか…」といった観点で活用していただければ幸いと考えています。