カードローンはモビットがおすすめ!その理由を特徴から探ってみよう

最近はカードローンの利用者が増えていますが、大手銀行のカードローンと並んでおすすめなのが、消費者金融のモビットのカードローンです。モビットと言えばコマーシャル等で有名ですが、それに加えて利用したくなる特徴を持っています。

利用者にとって有り難い特徴として、モビットは審査が非常に早く、申込後10秒で簡易審査結果を知ることができますし、本審査も早ければ30分で終わり即日融資の利用も可能です。

またその他の特徴としては、Web完結という申込方法が用意されており、この場合申込みから利用までをすべてWeb上で行うことができます。カードローンの申込者に不評な在席確認も行われません。

モビットは審査が早い!申込後10秒で簡易審査結果を表示

モビットの申込みは24時間可能で、しかも簡易審査の結果は10秒で表示されます。もしいきなり申込むのは怖いという場合には予め通過の可能性を診断できますから、診断後申込みを考えればよいでしょう。

また急いでお金が必要ということであれば、申込後フリーコールでモビットに電話すれば、審査を優先して行ってもらえるので、審査に問題が無ければすぐに利用することも可能になります。

ただし、ローン契約機以外で申し込みを行った場合にはすぐにカードを受取るのは難しいため、通常は銀行振込による融資と言うことになります。

もしどうしてもATMでの融資を利用したい場合には、カードの受け取りだけをローン契約機で行うこともできます。

申込みから融資までの流れを理解する

モビットの特徴には審査が早く簡単に申し込めるという点が挙げられます。

そこでまず、その点を説明する前に、モビットの申込みから融資までの流れを理解しておきましょう。

モビットには次のような申込方法が用意されています。

  • インターネット経由(パソコン、スマートフォン、携帯電話)
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機(自動契約機)

ここでは最近申込者が多くなっているインターネット経由の申込みの内、パソコンあるいはスマートフォンを利用する申込方法を例に説明していきます。

このパソコンあるいはスマートフォンを利用した申込方法にはさらにカード申込みとWeb完結申込みの2種類が有りますが、Web完結申込みは後で触れるので、ここではカード申込みの場合で説明します。

申込み方法は次の手順で行います。

申込み情報送信

  ↓

簡易審査結果の確認(申込み後10秒)

  ↓

メールあるいは電話で審査結果連絡(内容確認)

  ↓

入会手続き

  ↓

カードの受取方法を決定(郵送あるいはローン申込機)

  ↓

モビットからの必要書類の送付を待ち必要事項記入の上モビットに返送

申込みから入会手続きまで最短で30分程度で終了します。もしパソコンなどの利用に馴れていない場合には、情報入力は必須事項のみにしてあとは電話で説明することも可能になっています。

この申込みへの対応は平日19:00までの申込みの場合ですが、モビットでは申し込みの受け付けは24時間行っており、19:00以降の申込みになってしまった場合には翌営業日の対応と言うことになります。

予め審査通過の可能性を診断することもできる

もし審査を通過できるかどうか心配という場合には、正式な申し込みの前にモビットのホームページから診断してみること可能です。

審査が心配ならば利用してみましょう。この診断はお借入診断と言うもので、リンクを開いて生年月日と税込年収額、他社からの借り入れ状況を入力して行います。

氏名や住所、電話番号などは必要ありませんし、診断したからと言って必ず申込まなければならないということも有りません。

もちろん予め承知しておかなければなりませんが、こういった診断結果と、実際の審査結果が食い違うことは絶対に無いとは言えません。例えば年収は問題が無かったとしても、信用的な問題が有れば審査は通らないでしょう。

即日利用を行いたい場合

通常でもモビットの審査は迅速ですが、もし即日利用を希望している場合には、申込みを行った段階で、モビットが用意したフリーコールに電話して、急ぎということを説明すればすぐに審査を開始してくれます。

審査が可決されて入会手続きが済めば、カードが届いていない場合でも、銀行振込による融資は受けられることになりますから、急ぎの時には銀行振込を利用しましょう。

もしどうしてもATMを利用して即日融資を利用したいのであれば、郵送では無理ですから、カードの受け取り方法をローン契約機で行うことにして、モビットのローン契約機に行けば即日でもカードの受け取りが可能でATMが利用できます。

モビットは自前のATMが無い
モビットは自前のATM網を持っていません。したがって利用出来るATMというのはすべて提携ATMということになります。これにはモビットのグループ企業である三井住友銀行のATMを始め多数の金融機関のATMが含まれます。

ただし注意が必要なのは三井住友銀行のATM以外のATMを利用した場合には利用手数料が掛ることになる点です。つまり融資を利用する度に108円あるいは216円が必要になる訳です。

この利用手数料は非常に少額に見えますが、実は低金利時代の現在では、融資の利用方法によっても違いますが、利息に匹敵する金額なのです。場合によっては利息以上に利用手数料を払っていたということも有り得ます。

従ってモビットを利用してATMから融資を引き出す場合には、できれば三井住友銀行のATMを利用する事を勧めます。もし自分の行動範囲に無ければ、利用方法を工夫して、利用手数料が大きくならないようにしましょう。

審査が比較的緩い!女性の利用にもおすすめできる

モビットの審査は比較的緩いと言われ、パートやアルバイトでも多くの場合審査に通るので利用できます。ただし、審査には相性も有るので必ず通るという保証が有る訳ではないため、安易に考えるのはよしましょう。

他のカードローンを考えた場合、家事の傍ら仕事をしているような女性の場合、収入の安定性に欠けると判断され断られるか、一般向けではなく利用限度額の低いレディスローンなどになりますが、モビットではそのようなことは有りません。

ただし、残念ながら年金受給者には申し込み資格が無いとされているため、年金しか収入が無い場合には利用することができません。年金受給者で借り入れを考えている場合には今のところ別を探すしかありません。

モビットは審査が緩めでパートやアルバイトでも利用出来る

カードローンには申込条件と言うものが決められており、それを満たさなければ申込んだとしても、審査に通して貰えません。これには年齢制限などもがありますが、勤務形態によっても申込めない場合が有ります。

カードローンは最も利用者が多いと考えられる会社員に合わせて申込条件を決めている場合が多く、このため自営業者やパート、アルバイトといった職種や勤務形態の人にとっては申込みが難しくなるわけです。

ここで最も割を食うのが家事の傍ら、家計を支えるためにパートを行っているような女性で、パートの場合最初から申込めなくなっている場合も有れば、収入の安定性などの面で評価が低く実質的に利用が難しい場合も有ります。

収入が少ないため敬遠されがちな女性でも借入可能

このように女性の場合にはカードローンを利用したくても、なかなか借入れできるところが見つからないという問題を抱えているわけです。

しかし、近年になって銀行がカードローンに参入してきたことから、利用者が銀行側に流れて、消費者金融はなかなか利用者を増やすことができなくなってしまい、目を付けたのが女性です。減った分の利用者を女性で埋め合わせたいわけです。

そこで従来の一般向けの女性には利用しにくいカードローンとは別に利用限度額を低くして、利用条件を緩和したレディスローンなどを用意して女性の利用者を確保しようというところもあります。

ところが、モビットの場合には特にそういった特別扱いをしなくても申込条件にパートやアルバイトでも申込めると明記されています。

実際多少年収が低く、月々の収入にバラつきが有っても審査に通っている人が多いため、この点で審査は緩めになっていると考えられ、女性にも安心して申し込めるカードローンという特徴を持っています。

専業主婦への融資
貸金業者の融資には法的な上限が設けられており、これは年収の3分の1とされています。しかし、収入が無い専業主婦の場合にはこの規定が厳格に適用されてしまうと借り入れが出来なくなってしまうため、これには例外規定が有ります。

専業主婦の場合、配偶者の了解が有れば配偶者の借り入れ分と合計して配偶者の年収の3分の1までは融資しても良いと規定されており、融資の道を残しています。

しかし実際の運用では、貸したとしても配偶者の了解が前提で最大50万円までしか融資しないとなっていたり、専業主婦を特別視しないで特に規定を設けておらず事実上収入が無いということで融資しないとしている場合が少なくありません。

モビットの場合も後者にあたり、専業主婦が申込んでも安定収入が無いということで、審査通過はできません。

ただし年金だけでは申込めない

ところがこのように多くの人に利用してもらいたいという姿勢が感じられるモビットなのですが、申込条件には1つ問題点が有ります。

それは年金受給者を排除している点です。

申込みは69歳まで可能になっているので、ある程度の高齢者まで利用はできるのですが、多くの高齢者の収入源である年金収入だけでは、安定収入とは認めておらず定年後の利用は難しくなっています。

年金は受給額が徐々に下がられていったり、支給年齢の引き上げが議論されたりしていますが、決して不安定なものではありません。今後の高齢化社会を考えれば、この制限はうなずけないものが有ります。

Web完結で在籍確認無し?職場にばれる可能性はゼロ!

カードローンを申し込む際に、申込者が二の足を踏んでしまうのが在籍確認と言う実際に職場に電話で在席を確認するというものです。これは本人確認の一環で金融機関もなかなか無くせずにいました。

しかしモビットではWeb完結と言う申込方法を用意してこれを利用した申込みに限って在籍確認を無くし、これがモビットの大きな特徴になりました。これまで在籍確認が有るためにカードローンの申込みを躊躇していた人には朗報でしょう。

ただしこのWeb完結と言うのはカードローンと言う括りではありますが、実際にはカードの発行はされません。Web完結の名前の通り、申込みから借り入れまですべてWeb上で行いATMでの利用は想定されていないのです。

在席確認は避けたい人が多い

現在ではカードローンの申込みを店舗の窓口で行うことは殆ど無くなっていますし、モビットはそもそも店舗が有りません。このため本人確認書類の写真と本人を突き合わせて確認することができません。

そこで本人確認の一環で行われるのが在籍確認で、実際に勤務先にいるのかどうかを電話により確認しています。しかし、申込者にとっては借金をしているというような事は職場の周囲には知られたくないため、大変嫌われています。

しかし金融機関のほうは、重要な確認として位置づけており、そう簡単に無くすこともできず、嫌われていることは分かっていても、これまでずっと続けられてきていて、ほとんどの業者は今も行っています。

モビットのWeb完結なら在籍確認無し

ところがモビットの場合には、先ほど触れたもう一つのインターネット上からの申込み方法であるWeb完結という方法では、在籍確認のための電話がありません。Web上だけで完結するのです。

ただしWeb完結を利用するには次の条件を満たしている必要が有ります。

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること
  • 社会保険証かあるいは組合保険証を持っていること

この条件を満たさない場合にはWeb完結の申込みはできず、カード申込みを利用することになり、在籍確認は避けては通れません。

Web完結と言うのは申込みから融資までのすべてをWeb上で完結させるという意味を持っており、パソコンあるいはスマートフォン以外からの申込みはできません。

在籍確認の無いカードローン
モビットの他にも在籍確認が行われないカードローンは何件かあります。またモビットに倣ってWeb完結と言う申込方法を提供する消費者金融も少しづつ現れてきています。

もしどうしても在籍確認が嫌と言う場合にはこういったカードローンを利用すれば、避けることができる可能性はあります。しかし金融機関側が必要と判断んすれば、在籍確認を行うことになっているので楽観はできません。

ただし在籍確認の有無でカードローンを選ぶのはあまりお勧めできることではありません。説明したように在籍確認の無いカードローンは何件かありますが、全体から見ればごく少数です。

カードローンは自分の希望する利用方法になるべく沿った利用ができるものを選ぶことが重要です。選択肢はなるべく多い方が使い勝手が良いものが選べるのです。在籍確認の有無だけを基準に選んでは使い勝手は保証されません。

カードは発行されないので要注意

注意が必要なのは融資までWeb上で行うという点です。カードローンと言えば本来の意味からすればカードを使ってATMから融資を引き出すという形になります。

しかし最近ではカードローンはもう一つの融資の方法として銀行振込を提供しているのが普通で、必ずしもカードローンと言ってもATMを利用するとは限らないものに変貌してきています。

Web完結で申込んだ場合には、融資の利用はWeb上から振込を依頼し、銀行振込を利用して、自分の口座に振り込んでもらう融資方法のみが利用できます。要するにATMでの融資の利用には対応していないということです。

このため、カードローンとは言ってもATMを利用するためのカードの発行も有りません。

こうなるともはやカードローンと言う名前すらおかしなものになってしまいますね。

本当におすすめなのは自分の使い勝手の良いもの!必ず比較は行おう

このようにモビットには様々な特徴が有り、大変おすすめできるカードローンになっていますが、使い勝手が良いか悪いかは人それぞれです。使い勝手の感じ方は人によって違うため、モビットを選ぶかどうかは自分で決める必要が有ります。

そのためにまず必要になるのが自分がカードローンに何を要求するかということです。申込みの前には自分の要求をできるだけ具体的に考えてみる必要が有ります。

そしてその要求に従って、カードローンを評価し、自分に合っているかどうかを調べてみてください。その結果モビットがもっとも自分の要求を満たしているのであれば、自分にとってモビットがお勧めということになります。

使い勝手の感じ方は人それぞれ違う

何かを利用するときのことを考えてみましょう。自分が大変使い勝手が良くて他の人に勧めても、ライフスタイルに有っていなかったとしたら、その人にはあまり使いやすいものではないでしょう。

逆に口コミ情報などを参考にして何かを選んで利用したとしても、実は自分の使い方には合わず、使いにくかったというような経験は誰にでも有るのではないでしょうか。

これは単に何か物を買うという場合だけの話ではありません。何らかのサービスを利用する場合も同じですし、カードローンでも全く同じことが言えます。つまり使い勝手の感じ方と言うのは人によって違うということに注意が必要なのです。

モビットの場合も、様々な特徴が有り、利用者の評価も高いものが有るにしても、それが自分にも当てはまるかどうかは全く話が違い、実は使い勝手が悪く感じられる可能性も無いとは言えません。

口コミ情報には注意
インターネット上には様々な物やサービスについての利用者の体験談が上げられています。これ等を口コミ情報と呼び参考にしている人も大勢いるはずです。しかしこれ等の情報を利用するには問題も有るのです。

これ等の情報は最初は本当に利用者が上げているものでしたが、参考にする人が増えてくると、それを利用して、商売につなげることを考える人が出てくるようになったのです。つまり虚偽の情報も含まれるようになったわけです。

ですから、もしこういった口コミ情報を利用するとすれば、全体的な傾向を読み取るとか、全く別な方向からその情報を確認するというような事が必要になって来ます。決して口コミ情報だけで決断をするようなことが有ってはいけません。

自分の要求をはっきりさせよう

そこでカードローンを選ぶ場合には、自分の基準で選ぶことが重要になります。このために必要になるのが自分がカードローンに何を要求しているかを明確にすることです。

まず自分がカードローンを利用している場面を想像してみてください。どういった時に利用するのか、どのように融資を受けるのか、どのように返済して行くか、ATMはどこで利用するのかなどを考えてみましょう。

たとえばATMの利用手数料を節約したい場合、自分の行動範囲の中に利用手数料なしで借りられるATMが有ることという要求事項が必要になります。

要求事項を検討する場合には、最初は漠然としたものでも構いませんが、徐々に具体的にしていき、カードローンを選ぶ際には判断に迷わない程度になっていなければなりません。

他のカードローンと比較して判断しよう

要求事項が挙げられたら、カードローンをこの要求事項で評価していきましょう。事前に自分が利用できそうなカードローンの情報を集めておけばスムースに評価することが可能になります。

もちろんモビットもお勧めのカードローンですから、評価するカードローンとして利用候補として挙げておきましょう。

モビットの評価が高くなるかどうかは分かりませんが、最も評価の高いカードローンが自分の使い勝手を最も満たすカードローンと言うことになります。

この評価の時点で要求事項にあやふやな点が残っていた場合、評価もあやふやになるので結果は必ずしも自分の要求を満たしているとは言えなくなってしまいます。要求事項の検討はそれだけ重要なのです。

ここでモビットの特徴について纏めておきます。

  • モビットの申込みは簡単で審査も迅速に処理される
  • モビットはパートやアルバイトでも申込みができ利用実績も多い
  • Web完結と言う申込方法を利用すれば在席確認が無い
  • モビットはお勧めだがカードローンを選ぶ場合には自分の評価基準で選ぶ必要が有る

モビットは大変申込み易くお勧めのカードローンですが、借入れ前に返済までの利用方法を検討することも忘れない様にしましょう。