モビット会員はぜひ活用するべき!千円からのコンビニATM追加返済

モビット会員の方で、現在も返済を続けている方にはぜひ知って頂きたいお話です。

「以前は必要に迫られキャッシングをしたけれど、今は少し余裕がでてきた。」

「毎月決められた金額をしっかり返済できているけど、残りを全額返済する余裕はない。」

「でも、なるべく早く完済したい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?そんな時は、モビットの「追加返済」を活用すれば、ATMで¥1000から返済でき、払う利息も返済期間もご自分で調節できます。それでは「無理なく賢く借金が完済できる」とても便利な方法をご紹介していきます。

モビットの返済方式とは?

モビットの返済方式は、リボ払いの一種で「借入後残高スライド元利定額返済方式」といいます。(各社によって同じ返済方式であっても名称を変えている場合が多いです)これは、借入残高に応じて毎月の返済額が決められており、その返済金額には利息分と元金分が含まれています。

これは何を意味するのでしょうか?

もし追加で借入を繰り返した場合は、まず借入残高が増えます。しかし、毎月の返済額は固定で決まっています。そのため1回あたりの返済金額のうち、利息分の割合が増え、元金返済分の割合が減ってしまいます。

つまり、毎月しっかり返済しても、元金を少ししか返済できない状態が続くので、借入残高も少しずつしか減りません。そのため返済期間が長くなり、払う利息も大きくなっていく現象に陥ります。これが、リボ払いをする上で、気をつけなければならない非常に重要な点です。

下記は、モビットであらかじめ決められている返済金額です。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円
100万円超過 借入後残高が20万円増すごとに
返済額が4,000円追加


借入金額が大きくなれば、それに比例して一回あたりの返済金額も高くなるような仕組みです。しかし、借入金額が¥10,000と¥100,000では毎月の返済額は同じ¥4,000で変わりません。

これは、利用者側からすると、返済方法に少々柔軟性が欠けると言えるでしょう。

モビットの返済方法と返済日

さきほどは、返済方法に柔軟性が欠ける部分があると申し上げました。しかしその部分を補うように、一般的な金融機関では「繰越返済」という返済方法を用意している場合が多いです。

モビットではそれを「追加返済」と呼びます。

返済方法は2種類

モビットの返済日は、毎月決められた日に払う「約定返済」と、ご自身の判断で追加で返済ができる「追加返済」の2種類あります。通常は返済日というと約定返済日のことを指しますが、今回はこの「追加返済」を活用することが重要なポイントになります。

「約定返済」は、毎月5日、15日、25日、末日のいずれか、ATM・口座振替・銀行振込から選べ、毎月決まった金額を返済します。口座振替での返済は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の銀行口座のみ指定できます。返済方法は契約時に選ぶことができますが、途中でATM返済から口座振替に変更する場合は、切り替えるのに1~2週間かかるので注意が必要です。

「追加返済」は、ATMから¥1,000単位、銀行振込では1円単位でいつでも都合の良いときに返済できます。もし、契約時に返済方法をATMに選択していた場合、追加返済をするとその月の約定返済は翌月に繰り越されます。口座振替を選択していた場合は追加返済したとしても、その月の約定返済は繰り越しされず銀行口座から引落しされます。

返済方法で比較

さて、では次に約定返済で決められた金額だけ返済し続ける方法と、追加返済を利用して決められた金額以上に返済する場合では、どれだけ利息と返済期間に違いがでてくるのか、検証してみたいと思います。(あくまでシミュレーションです)

【毎月¥4,000の約定返済を続けた場合】
返済方法:ATMで約定返済日前に返済
借入金額:¥100,000 金利:18%
一ヶ月:常に31日とする
利息計算方法:毎月の利息=最終残高×金利18%÷365日×31日

返済回数 返済額 利息分 元金分 元金の割合 最終残高
1回目 ¥4,000 ¥1,529 ¥2,471 61.78% ¥97,529
2回目 ¥4,000 ¥1,491 ¥2,509 62.73% ¥95,020
途中省略
32回目 ¥4,000 ¥104 ¥3,896 97.39% ¥2,926
33回目 ¥4,000 ¥45 ¥3,955 98.88% -¥1,029
合計 ¥128,000 ¥26,971 ¥101,029

【毎月¥8,000の追加返済を続けた場合】
返済方法:ATMで約定返済日の前に返済
借入金額:¥100,000 金利:18% 
一ヶ月:常に31日とする
利息計算方法:毎月の利息=最終残高×金利18%÷365日×31日
※最終返済月のマイナス分は、後日返金されるとする

返済回数 返済額 利息分 元金分 元金の割合 最終残高
1回目 ¥8,000 ¥1,529 ¥6,471 80.89% ¥93,529
2回目 ¥8,000 ¥1,430 ¥6,570 82.13% ¥86,959
途中省略
14回目 ¥8,000 ¥237 ¥7,763 97.04% ¥7,708
15回目 ¥8,000 ¥118 ¥7,882 98.53% -¥174
合計 ¥112,000 ¥11,826 ¥100,174 ー

¥100,000借入して、毎月の返済額を¥4,000にするのと¥8,000にするのでは、支払う利息の合計は¥26,971と¥11,826、返済回数は33回と15回、どちらも倍以上違ってきます。

この結果は当然のように思われるかもしれませんが、注目していただきたいのは、毎回の「元金の割合」です。

返済の当初、毎月の返済額が¥8,000の場合の内訳は、元金は約80%で利息が約20%ですが、毎月の返済額が¥4,000の場合の内訳は、元金が約60%しか返済されておらず、利息が約40%もかかっています。

これが「返済はしているけど、なかなか終わらない」原因となる部分です。

つまり、約定返済にだけ頼り返済を続けていると、肝心の元金の部分を返済していくペースが非常に遅く、余分に利息を支払うことにもなってしまうんですね。さらに、途中追加で借入を繰り返すとその差はより顕著になり、元金分と利息分の割合が逆転してしまうこともあります。

このリボ払いの仕組みと追加返済のメリットは、利用者が気づかなければ誰も教えてくれません。

上記の追加返済のシミュレーションでは、毎月¥8,000をATMから返済していく方法に限定していますが、もちろん最低返済金額¥4,000以上であればいくらでも構いませんし、銀行振込でも大丈夫です。

借入・返済にかかる手数料

モビットでは借入・返済の際に、手数料がかかる場合があります。余計な手数料がかかってしまっては、いくら返済方法を工夫したとしても意味がありません。モビットの借入・返済方法の種類と、それぞれにかかる手数料を表にまとめます。

借入と返済にかかる手数料

借入方法 受付 手数料
振込 WEB:「Myモビ」にログインし操作
電話:オペレーターに依頼
無料
ATM 提携ATMで手続 提携ATM一覧表参照
返済方法 受付 手数料
口座振替 自動引落:三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみ 無料
銀行振込 銀行のインターネットバンキングなどで手続 所定の銀行手数料
ATM 提携ATMで手続 提携ATM一覧表参照

 

提携ATM一覧表

手数料「あり」の場合にかかる、手数料は以下の通りです。
·取引金額1万円以下 入金/出金:108円
·取引金額1万円超 入金/出金:216円

金融機関 出金 入金 手数料
都市銀行 三井住友銀行 無料
その他銀行 三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行 あり
地方銀行 第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行 あり
地方銀行 群馬銀行、武蔵野銀行、第四銀行、スルガ銀行、南都銀行、紀陽銀行、もみじ銀行、宮崎銀行 × あり
コンビニ イーネット、ローソンATM、セブン銀行 あり
コンビニ Famiポート、Loppi × あり
信用金庫 全国の信用金庫(一部を除く) × あり
PatSat、 あり
VIEW ALTTE × あり
その他 プロミス、セゾンカード あり


ATMを使うのであれば、三井住友銀行ATMは借入も返済も手数料無料です。

また、借入はWEBまたは電話で指定した銀行口座に振込してもらえば手数料はかかりません。返済のときも口座振替であれば手数料無料ですし、銀行振込も銀行の条件次第で、振込手数料が無料の場合もありますので活用しましょう。

返済は自分自身でコントロール可能です

いかがでしたでしょうか?

借入も返済も、方法次第ではお得になります。ご自分の今の借入残高と返済状況を今一度見直してみましょう。では、今回のポイントを以下にまとめてみます。

  • あらかじめ決められた約定返済だけでは、利息も多いし返済期間も長い
  • 追加返済を活用すれば、払う利息も返済期間も自分で調節ができる
  • 追加返済は毎月の最低返済額+余裕がある分だけプラスアルファがベスト
  • ムダな手数料はなるべく払わない