モビットのインターネット申込でエラーになるのはどんな時?

モビットにカードローンの申込みをしたけれど、インターネット申込みでエラーになってしまった。エラーの内容はいろいろあると思いますが、モビットの申込みでエラーになるのはどのようなときなのでしょうか。

こちらでは申込時にエラー表示が出た場合の対応はどうすれば良いのか、エラーにならない為にはどのようにすべきなのかなどをお話ししています。考えられるエラーのこと、そして審査を無事クリアする為のポイントなどもお話ししていますよ。

モビットのインターネット申込WEB完結とは?

モビットでは迅速な審査を行っています。申込方法のうちインターネットでの申込を検討している人が多いと思いますが、インターネットの申込でエラーになってしまう場合、どのような不備が考えられるのでしょうか。

エラーについてお話しする前にまずインターネットの申込とWEB完結の申込についてどのような違いがあるのか、その特長などもふまえてお話ししてみたいと思います。

インターネットでの申込にはカード申込とWEB完結申込があります。

二つの申込はどのように違うのでしょうか。相違点を挙げてみましょう。

カード申込…20歳~69歳以下の安定収入のある人ならアルバイト、パート、派遣社員や自営業の人も申込可能
WEB完結…三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座を持つ、正規社員、公務員などに限って申込可能

それぞれホームページの申込ボタンを選んで入力して行くことになりますが、その時同意すべき事柄や、申込条件について確認のページがあります。すべてしっかりと確認した上で申し込むようにして下さい。

入力完了したらまず10秒簡易審査の結果表示があります。

ユーザーIDも発行されるので、そのユーザーIDを忘れないように保管して下さい。

このID忘れなどが後々エラーの原因にもなりますよ。

ネットでの申込は便利な分注意が必要

インターネットで簡単に入力でき、すぐに審査が行われる。これは本当に便利な事です。ただ便利だからこそ、入力には充分な注意が必要なのです。これも肝心な時にエラーになってしまう原因にもなり兼ねないからです。

モビット申込時にエラーになるのは何故?

それでは実際にモビットのカードローンに申込む時に考えられるエラーについてお話ししていきたいと思います。インターネットでの申込を例に注意すべき点を挙げていきますね。

  • アルバイトなのにWEB完結での申込
  • 指定銀行の口座を持っていないのにWEB完結に申込んだ
  • ユーザーIDを間違えたり忘れてしまった
  • カード発行のローン申込機でのエラー
  • 午後7時以降に申込んだ

エラー表示がどのようなものかにより、状況は変わりますが、例えばWEB完結での申込には三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の普通口座に登録しているという条件があります。それを見落としてしまった場合はエラーになりますよね。

同様にWEB完結の場合は社会保険証か組合保険証が必要なのです。これは正規社員か公務員などに勤務形態が限られるということです。アルバイトの場合はカード申込での申込となります。

入力完了後にユーザーIDが発行されるのですが、このIDを間違えてしまうとやはりエラーになってしまいます。

審査状況によってはカード発行が郵送のみの場合もあります。ローン申込機ではエラーになってしまいます。

エラーではないが時間帯により審査結果の連絡が来ない

モビットは迅速な審査に定評がありますが、時間帯や曜日によっては最短の審査結果連絡とならないのです。

平日でも午後7時以降の申込分や土日の場合は、翌営業日の連絡となる事を知っておいて下さい。

ホームページでしっかりと内容を確認した上で申し込むようにすると、エラーになることも少ないです。

確認しながら入力するようにして下さいね。

エラーなくモビットの審査に受かる為にすべき事

エラーというのとは違うかも分かりませんが、ほんの少し注意をするだけで、スムーズに審査も進み、その日の内に融資が受けられるというモビットならではの迅速な対応で借入れが出来るのです。

それではモビットの審査をスムーズにクリアする為に必要な事、注意すべき事を挙げてみましょう。

  • 申込条件はしっかりと確認する
  • 申込時入力ミスや嘘の申告はしない
  • 必要書類はあらかじめ用意しておく

申込条件は一律でない場合もあります。

モビットの場合は通常のカード申込とWEB完結での申込では条件がまったく違います。

こういった所を見逃さないようにして下さい。

申告内容には間違いのないように、ましてこのくらいはわからないだろうと、嘘の申告などは絶対にやめて下さい。大勢の顧客を審査してきた業者には、嘘の申告などは通用しないですよ。かえって他の申告事項も疑われる事態を招いてしまいます。

本人確認書類だけで他のものは必要ないと勝手に思い込んでいたら、収入証明書が必要だった。などと慌てることのないように、これもしっかりと内容を把握して、書類もあらかじめ用意しておく必要があります。

ついうっかりという気持ちも信用を落とすもととなる

ユーザーIDは大切に保管する旨の案内があるのにもかかわらず、ついうっかり保管していなかった。ついうっかり申込条件を見落としてしまっていた。このようなついうっかりが遅延や延滞に繋がってしまうこともあります。

直接審査とは関係ないように思えますが、そういった小さな事が審査の可否を決める時の決め手となることもあるのです。ただカードローンに申込むだけといっても、自分の信用情報や自分自身の生活を審査されるのですから、真面目に真剣に臨む必要があるのではないでしょうか。

借入時のATMのエラー表示はどうして出るの?

エラーについてお話ししてきましたが、申込時のみでなく、ATMでの借入時にエラー表示がされることがあります。これは何故なのでしょうか。その表示にもよりますが、返済期日を忘れて遅延している場合など、ATMでの借入は出来なくなっていますよ。

そういった場合のエラーのほかにも、総量規制の為に今まで利用出来ていたカードの利用可能額が0となってしまった場合もあります。理由はそれぞれなので、問合せ窓口に問い合わせてみるのが一番良いでしょう。

返済期日を守れなかったためのエラーや、総量規制施行後、収入証明書の提出を求められていたのに、ついうっかり手続きをしていなかったためのエラーです。どの場合も少し気を付ければ避けることが出来たエラーですよね。

申込でエラーを出さない事は審査を迅速にクリアする事につながる

お話ししてきたように、しっかりと申込事項を確認して、間違いなく不備なく申込すればエラーになる事は少ないのです。そしてエラーを出さないということは審査の迅速さや、即日融資につながっているのです。

ここでもう一度審査をスムーズにクリアする為のポイントを考えてみましょう。このポイントを押さえていれば審査を恐れることもないし、慌てて申込エラーとなることもないでしょう。どのようなポイントがあるのか挙げてみましょう。

  • 他社との取引状況と総量規制に注意する
  • 過去に金融事故履歴などが無いことを確認する
  • 勤続年数は最低でも1年以上が望ましい

モビットは総量規制対象なので、他社との取引状況には充分な注意が必要です。クレジットカードのキャッシング枠も合わせて年収の3分の1以上の借入枠となっていないか、確認しましょう。総量規制の為に審査不可となる場合もあります。

他社取引に遅延や延滞があったり、過去に金融事故の履歴がある場合はまず審査には通りません。気がつかないうちに長期延滞などの履歴が残ってしまっていたということもありますよ。心配な時には個人信用情報の開示請求をして確認して下さい。

属性は得点で評価されますが、その中で勤続年数は自分でコントロールできる項目です。長ければ長い程高得点となります。せめて1年以上の勤続年数がたってから申込むことが望ましいです。

モビットでエラーの無いゆとりある暮らしを楽しむために

モビットのカードローンについてお話ししてきましたが、エラーの無い申込が、迅速な審査とスムーズな融資につながるということはわかって頂けたことと思います。

ゆとりある暮らしを楽しむために、エラーを出す事のないよう充分確認した上で、モビットのカードローンの申込を行うように心掛けて下さいね。