返済シミレーション活用してる?返済額や利息についても把握しよう!

申込もスピーディですが、モビットは借入も約3秒で振込キャッシングが完了します。(ただし、営業時間内の場合)あらかじめ口座登録をしておけば、会員専用の「myモビ」を利用して指定口座への振込手続きを行うことができます。

必要なとき、すぐに借入できるということがキャッシングではとても大切です。

会員サービスが充実している

モビットでは会員専用サービス「myモビ」があります。

「myモビ」は振込キャッシングができるだけではなく、利用状況紹介、取引状況紹介、登録内容変更、返済シュミレーション、電子領収書のダウンロードを行うこともできます。

このような充実したサービスは大手消費者金融が得意とするところですね。

返済について把握しよう!モビットの返済は無理なくできる

モビットの基本情報や特徴などについてご理解していただけたかと思いますが、次に把握したいのは返済に関することです。前述の通り、キャッシングでは申込や審査ばかりではなく、返済について深く知っておくことがとても大事です。

毎月の返済日や返済金額、返済方法を理解しないまま借入をすれば返済が遅れたり、計画通りの返済ができなくなります。その結果、返済に行き詰まって信用情報に傷をつけてしまったり、繰り返し借入をして多重債務に陥るなどしてしまいます。

とりあえず借りることさえできれば、返済はどうにかなるなどという軽い気持ちでキャッシングをしないようにすることが大事です。

まずはモビットの返済方法についてみていきましょう。モビットの返済方法は利用者の都合に応じて選ぶことができます。

お近くの提携ATMで返済

銀行やコンビニなど全国の提携ATMを利用して返済ができます。

全国に提携ATMは約130,000台あります。利用可能額や営業時間、手数料などは利用するATMによって異なります。

主な提携ATMは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、イーネットやローソンATMなどがあります。

お近くのATMをHPから調べることができますので便利です。また上記の提携ATMは貸金業法に基づいた領収書がその場で発行されます。提携ATMの中には後日領収書が郵送されるものもあります。

返済は口座振替で

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの場合、口座振替にて返済することも可能です。預金口座から自動引き落としとなりますので、返済日を忘れる心配もありません。

ただし、自動振替は上記の金融機関以外の口座を利用することはできません。

その他にもモビットの指定する銀行に振込による返済を行うこともできます。

毎月の返済日は?

モビットの返済日は毎月一回5日、15日、25日、末日のいずれかを選ぶことができます。前回の返済日からその月の返済日までの間に返済されたものは翌返済日に繰りのべさせます。

毎月の返済額を把握してしっかり返済計画を立てよう

キャッシングを利用する際にはしっかり返済計画を立てることが大事ですが、そのためにはどのように返済額が決定されているか知る必要があります。モビットの返済方式は残高スライド元利定額返済方式となっていますが、一体これはどのような返済方式なのでしょうか。

返済は残高スライド元利定額返済方式

事前に必ず確認したいのは返済方式です。キャッシングの返済は借入額プラス利息を支払わなければいけないことをおわかりだと思いますが、返済額がどのような割合で利息と元金に充てられているのかというのは返済方式によって異なります。

モビットが採用している残高スライド元利定額返済方式は多くのキャッシング会社が採用している返済方式でもあります。

残高スライド元利定額返済方式とは借りているお金の残高に応じて毎月の返済額が決まる仕組みになっています。

残高スライド元利定額返済方式の特徴は借入残高が減るに従って、返済額が元金と利息に充てられる割合が変わっていくということです。借入残高が多いうちは利息に充てられる分が多いですが、残高が減るに従って元金に充てられる分が多くなります。

残高スライド元利定額返済方式のメリットは毎月の返済が最少額で済むので経済的に厳しい状況であっても負担が少ないという点です。一方で、返済期間が長引き、なかなか元金が減らないというデメリットもあります。

残高スライド元利定額返済方式のデメリットを回避し、できるだけ早く完済するためには余裕のある時には積極的に繰上返済を行うことです。モビットは繰上返済の手数料は無料です。

毎月の返済額はいくら?

具体的にモビットの毎月の返済額を見ていきましょう。下記の表を参考にします。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4000円
10万円超過、 20万円以下 8000円
20万円超過、 30万円以下 11000円
30万円超過、 40万円以下 11000円
40万円超過、 50万円以下 13000円
50万円超過、 60万円以下 16000円
60万円超過、 70万円以下 18000円
70万円超過、 80万円以下 21000円
80万円超過、 90万円以下 24000円
90万円超過、 100万円以下 26000円